いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

生きてることの意味

2005-05-30 06:08:18 | Weblog
うまれてから死ぬまでの間に、人間の生きてることのいみずけ、
生まれてから死ぬまでの間に一体何があるというのだろう。
おかしなうごきをしていても使用がないので生きてるばかばかしさに果たして人間の面白さ、
わからないひとのこころ、
わからないときのながれ、
解らない時代の流れ、わからない生き様
わからない、いきかた、
どうり、みちすじ、いきざま
うまれながらにしてのそんざい
いきかたとしての方法論
いいてだてはないものか、
これでいいのだろうか疑問符

わかりません
疑問符
命がけ、言葉だけの命がけ
人のための命がけ
生きてる事の命がけ
いんぱくと、おめでとう。
かって何ぼの人生競争、
生きて何ぼの人生行路

あたらしいいでんしのために、
おめでとう、おめでとう。これからもおめでとう。
皆皆おめでとう
がんばってください、とにかくいのちがけ、
みんなでがんばりましょう。いのちがけ。