いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

疲労

2006-04-28 00:43:33 | Weblog
疲労のなかの快感に酔いしれて。それにしても人性のなかの楽しさとは何か。時代が進んごくろうさんごくろうさんでdごくろうさんごくろうさんででごくろうさんごくろうさんででごくろうさんごくろうさんdごくろうさんごくろうさんでごくろうさんごくろうさんで新しい世の中に。今日ホリエモンの仮釈放。人性なんかそんな門。

面白いことに、一日、一日、運命が変わっている
ふううっとため息ついてわたしの人性どうなっているのかそう思えば遠くに着たもんだ。
これからどこへ行くのだろう。生き方いのちがけ。
かなりきつくなってきているので、

とに角ご苦労さん、世の中の生き物たち
うまいものいっぱい食らわなければ
生き物いつパイ殺して食わなけりゃ
形のあるもの。形を壊して同化して血として、肉として。

もう、ノイローゼ。しばし永眠を。
疲労、疲労。
皆さんお疲れでございます。
三月が過ぎ。四月ももう五月になろうとしている。

くうふくをみたして、うんめいさえも、飲み干して、さあこれからのじんせいのたのしみを、いのちがけ、とに角いのちがけ
がんばれがんばれ、いのちがけ、いのちがけ。いのちがけ。