いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

かなしみ

2012-05-31 19:21:25 | Weblog
かなしみ
みそか
ごがつのさいご
えがを
きえうせ
うんめいのころもがえ
いちから
にから
はじめから
きめられたうんめい
どこぞ
いそがば
いのと
そうそうながくは
ひゃくねん
どう
ころんでも
あがいても
ろうすい
ひつぜん
ならば
なにを
あせらず
あわてず
おぼしめし
うまかえさ
たのしきことのみ
てん
てん
てん










コメント