いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

めんくさ

2011-09-30 19:11:15 | Weblog
めんくさ
こめこ
こむぎこ
かち
ひょうろう
なくば
おろおろ
さむさのなつ
みのり
すくなければ
いきもの
しぜんとうた
くり
どんぐり
おおければ
えさ
ほしょく
ねずみ
もうきんるい
はんしょく
されど
えさなくば
おやまのたいしょう
じゃくにく
えさほほいのほい
しぜんとうた
いか
たこ
むすうのたまご
さいぼうぶんれつ
せいし
らんし
ふしぎと
ほしのかず
おくぶんの
ひとつ
いのち
はらへらば
なんとして
いきのびんや
しせるもの
いけるもの
たがわず
ちがわず
ものからもの
きどあいらく
ふしぎ
ふしぎ
きせつ
かわりゆかば
ことのは
いろ
いろ
ちりぬれば
てん
てん
てん