Mrs.ベリーのVeryな一日

☆ミセス・ベリーのSmileダイアリー☆エレガントな女性目指してセルフプロデュース中(^v^)

流星の絆

2015年08月29日 21時38分20秒 | ベリーの感想文(本・映画)
流星の絆 (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社

東野圭吾 著 : 流星の絆
を、読みました。


横須賀の洋食屋夫婦殺人事件から始まる
残された三人兄弟のお話
幼くして、両親を突然奪われた兄弟は
絶対に犯人を見つけ出すと誓う
司令塔の長男
何にでも化ける次男
美貌が武器の末娘
彼らは、憎き犯人を見つけ出す事が出来るのか?


推理小説は滅多に読まないのですが
あさみちゃん(仮名)のオススメ作品だったので
読んでみましたが
読み慣れないせいか?
ドキドキハラハラして
もう読みたくないっ!という思いと
結末が知りたい!という思いが
ミルフィーユで大変でした(笑)


推理小説ファンってこんな感じを
楽しんでいるにでしょうか?
しかし、いつも思うんですが
トリックを考えついて
ストーリーに出来る小説家先生って
凄いですね~
頭の中どうなってんだ??




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 夏と秋の狭間ネイル | トップ | うきは Deli boy »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2015-08-31 02:49:12
俺も読みました~♪


分かります!分かります!ミルフィーユ(笑
辛すぎて「もうやめて~~」って気持ちと、でも先が結末が知りたい気持ち。
作家さんってホントすごいですよね。
Unknown (けんさんへ)
2015-08-31 13:28:25
もう、なんでしょうねっ!
あの悶絶する気持ち!(笑)
さすが人気作家だと
思いつつも、悶絶ミルフィーユでした(爆)

ベリーの感想文(本・映画)」カテゴリの最新記事