Mrs.ベリーのVeryな一日

☆ミセス・ベリーのSmileダイアリー☆エレガントな女性目指してセルフプロデュース中(^v^)

皆勤賞~☆

2005年10月31日 17時31分21秒 | ベリー・Happy(ヨカッタ探し)

天気  時々ちょびっと

10月も今日で終わり、ようやく寒くなってきました。
今月は、やっとブログUP皆勤できました。
うれし~っ。11月も頑張って皆勤目指すからね~。
皆様、よろしくおねがいしま~す。

コメント (6)

言霊・音霊

2005年10月30日 17時10分47秒 | きょうのベリー♪ (日記)

天気  昼までそれから

図書館に本を返しに行って、借りてきました。
ついでに、ファッション雑誌もチェックしてきました。
自分では買わないタイプの雑誌は、図書館でパラパラ見るだけで
勉強になります。

たとえば、ティーン向けのファッション雑誌なども出来るだけ目を通すように
しています。いや、もちろん実践しません(笑)、逆にどこまでやると、
外してしまうのかという、ボーダーラインの見極めの為に目を通します。
ティーン向けも、30代向けも、流行のアイテムってそれほど変わらないんですね。
微妙なラインが、シルエットが、アイテムのあわせ方が、その年齢層特有の
カタチになっているのです。


ところで、タイトルのお話ですが、このように何冊かのファッション雑誌を
パラパラしていると、【MORE:モア】に「言霊ガールになって幸せGet!」
言う感じの特集があって、ここでも江原さん がコメントしていたので熱心に
読んでみました。
言霊・音霊に注意して、話したり意思表明したりすると、不思議とその通りに
なるというものです。私もその効果は小さな事で実感していて
「そーそーぉ、その通り」と、効果確認的に読んでいたんですけどね
なんと、脚を細くしたければ、毎日をこめて「細くな~れっ細くなぁ~れ」
言葉にしながらマッサージをしましょうと、かいてあるではないですかっ!!!
精神的な面だけではなく、ボディーにも言霊・音霊効果があるなんて!
ビックリしました。

19歳からオデブちゃんになってしまって、以来お箸のように細い足
憧れている、私。
今夜から実行しますっ!目指せ「お箸脚」
そうそう、「お肌がきれいになるぅ~」という呪文?も効くそうなので
「ニコール・キットマンになる~~~~っ」ってのもありかもしれませんね。
ニコール・ベリーになれた暁には、どうどうブログで公開いたしますっ
みなさん、おたのしみにねぇ~っ!!



 

コメント (2)

九州国立博物館 あじっぱ

2005年10月29日 20時40分03秒 | きょうのベリー♪ (日記)

天気  肌寒くなってお相撲さんがやってきた

九州国立博物館へ、行きました。
九州国立博物館は、太宰府天満宮のお隣に開館した、
日本で4番目の国立博物館。
エントランスホールは4階まで吹き抜けの、広々とした空間ですが
その中に、あじっぱという体験型の展示があります。
そして、あじっぱ入場無料!!軽く半日遊べます。
先ず入場すると、クリアファイルと、紐を渡されて
         
                  
              吉祥結びというムズカシーィ、組みひも
              つくりに挑戦!!

 

そのほか、沢山のパズルやおもちゃが国別に、展示してありほとんどの
展示で、遊ぶことが出来ます

                

                  
              韓国の伝統の模様をあしらった、
              パズルに挑戦。二人で完成。

                 
         

                  
             オランダのパズルは、難問!!
             学芸員さんに、ちょっとだけヒントをもらって
             やっと、完成しました~。

              

                  
             そのほか、民族衣装を着せてくれるコーナーも。
             韓国のほかに、バリ・中国・オランダなども
              ありました。

あじっぱとは、アジア原っぱ の略だそうです。
床の上に座り込み、パズルを解いたり、おもちゃで遊んだり
ホントに、原っぱみたいで楽しかったです。
幼稚園から小学校の子ども達には、おススメスポットですっ!

しか~し、常設展示室は広すぎて、暗くって眠くなりました!!!
一緒に言った、Y武T斗くんもキャンディーも、私までも魔法にかかったように
眠くなり、15分ほどで出てきました。
今度は、タップリ眠った後に大人だけで、ゆっくり見て周りたいと思います。



 

コメント (2)

不思議の国のトットちゃん

2005年10月28日 22時17分08秒 | ベリーの感想文(本・映画)
不思議の国のトットちゃん

新潮社

このアイテムの詳細を見る

天気 のちのち

黒柳徹子 著 : 不思議の国のトットちゃん
を、読みました。

ベストセラー、窓際のトットちゃんシリーズ最新作です。
現在も、小説新潮で連載中の、『小さなときからかんがえていたこと』の
単行本化ということ。

著者が、体験した面白エピソードと、ユニセフ親善大使として
海外を訪問して感じたことが、交互に書かれています。
第三世界の子ども達の、悲惨な現実を読んで、辛くなってくると
作者のとんでもない体験談で、心が和むという計算されたかのような
絶妙なバランスで構成されていました。

近年になって、多くの学者が、学習障害児について、
その研究を発表し始め、その障害は、LDと呼ばれるようになりました。
著者は、その研究を知ったとき、「なるほど自分はLDだったのだ!!」と
いともあっけらかんと、公表しました。
増えつつあるという、LDの子ども達に希望を持って欲しいという
願いからだそうです。
著者の本は、いつも子どものような純真なまなざしで書かれているような
感じがするのですが、それはLDがくれた宝物?という気がしてなりません。
文章としては、大変素朴な感じがするのですが、自分の目で見て、
自分の言葉で書いてあるので、なにかひきつけられるものがあります。
そうでなければ、トットちゃんが数十カ国の国で、翻訳されたり、
教科書になったり、するはずがありません。

とはいえ、自分の苗字の【柳】の文字を、長年(つい最近まで)間違っていたり
ニューヨークの、オークションの殿堂サザビーズで、キャサリン・ヘップバーンの
指輪を競っていたとき、突然立ち上がって競っていた相手に
「お願い!!私どうしても欲しいんですっ!!」と、叫んだりと信じられないような
逸話を、それがあたかも世間一般で常識であるかのように、
披露しているあたりは、やはりトットちゃんワールド炸裂です。

母の胎内に反省という言葉を忘れて来たと、公言している著者の
純真で、天真爛漫なエッセイでした。

コメント (5)

すっきりしたぁ~

2005年10月27日 11時54分34秒 | ベリー・Happy(ヨカッタ探し)

天気  布団干せばよかった

洗車をして、車の中を掃除機かけると、オンボロのワゴンR
ピカピカになって、私までスッキリしました。

それにしても、主婦ってステキですね。
平日の午前に、のんびりと洗車してられる。
働いてると、晴れた日曜日にしか洗車出来ないわけですが、
でも、せっかくの日曜日に晴れていると、レジャーに行きたくなっちゃうので、
なかなかチャンスがありません
平日の晴れの日を、思う存分楽しめる。それが主婦の贅沢でしょうか?