バイク旅2020 Go To 北海道 Annex 信濃川蛇行風景

Go To 北海道の締めくくりは 新潟から自宅に戻る途中に寄り道した信濃川の風景です

昨日 小樽港を出港した新日本海フェリーの「あざれあ」は 定時の9時15分に新潟港に到着しました
往きは海上が時化模様で結構揺れましたが 帰りは極めて穏やかで 
海上にいることを忘れさせてくれるくらい平穏でした

本州に再上陸し 帰途についたところですが まだ時間的に余裕があるので
かねてから気になっている場所に寄って見ることにしました
その場所とは 「おぢやクラインガルテンふれあいの里」という所です
名前を聞いただけでは 何を意味するのか さっぱり分かりませんが いわゆる長期滞在型農園とのことです
簡単に言うと 貸別荘の周りに畑があって 貸別荘に滞在しつつ農作物を育て 田舎暮らしを楽しむ
といった趣旨のようで 詳しくは小千谷市の広報動画を見てください

そのような生活も悪く無いなと思いつつ 今回はそれが目的ではなく
そこからの景色を見たくて 立ち寄ってみました
観光施設ではないので 特にアミューズメントな施設はありませんが
きれいに整えられた芝生広場とそこから眺める信濃川の風景がなかなか素敵です

このマイナーな場所に なぜ興味を持ったのかということですが
ここは ある映画に登場する場所で ここから眼下の信濃川を眺めるシーンがとても印象的で
ここはどこだ と興味が湧き 地形や周りの風景など地図と比較して見ながら ようやく探し当てました
いわゆる聖地巡礼的なやつですね 

1 平穏な日本海 間もなく新潟港に到着


2 おぢやクラインガルテンふれあいの里


3


4


5 日本一の大河信濃川の蛇行風景


6 上流側


7 下流側


8


バイク旅2020 Go To 北海道シリーズは以上です
なかなか夏休みの計画が定まらない中で 半ば思い付きで敢行したツーリングでしたが
ほぼ予定どおり行動することができました
今回は温泉やグルメといった楽しみは無く またコロナ禍によるいろいろな制約はありましたが
もともと賑やかな場所や人混みが苦手な自分にとっては むしろどこに行っても空いていて
またGoToキャンペーンを利用することができてラッキーでした

さて今回のバイク旅は
総走行距離=2,279㎞
消費燃料=68.85リットル
∴燃費=33.1㎞/リットル
という結果になりました

昨年 東北地方を旅した時の走行距離が 約2,100㎞で 燃費が約34Km/リットルでしたので
若干 走行距離は長く 燃費は低下といった感じでした
燃費の差は誤差の範囲だとは思いますが 走っている最中も意外と伸びないというか
アクセルを開けた時に走行抵抗を感じる場面があったので 荷物の重さが原因かと思っていましたが
帰って来てから タイヤの空気圧を見たら 規定値より若干低かったので それが影響したのかもしれません

北海道在住中にあちこち走り回って行き尽した感はありますが また行きたくなるのが北海道の魅力ですね
来年も行きたい気もしますが 西の方にも行きたいところが多々あり 悩みが深まりそうです 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バイク旅2020 Go To 北海道 神威岬 小樽

北海道4日目 最終日です
夜中に雨が少し降りましたが 朝から良いお天気です
17時のフェリーまで時間があるので 積丹半島先端の神威岬まで行くことにしました

1 コンテナハウス
  小樽で宿泊したホテルです
  コンテナを組み合わせて造られています
  各部屋はちょうどコンテナ1個分の広さになります
  広くはありませんが バス トイレなど一通りの設備は備わっていて不便はありません
  さらに各部屋に洗濯機が備えられていて長期滞在にも便利です
  チェックイン チェックアウトは 入口の端末機で行います
  小樽在住中には見たことが無かったので最近できたのだと思います


2 神威岬
  小樽在住中に何度も行った場所ですが 雄大な景色は 何度行っても見飽きることはありません
  ベストシーズンは エゾカンゾウが咲く初夏です
  ちょうどこの時期にウニ漁も解禁になりますので 積丹名物の生ウニを目当てに多くの観光客でにぎわいます
  9月になると 一気に訪れる人が減ってきます
  今回 ウニのシーズンは終わっているので せめて「シャコタンブルーソフト」(ソフトクリーム)だけでも
  と思っていましたが 駐車場のレストハウスには無情の貼り紙が…
  コロナの影響でしょうか?早々とシーズン終了のようです
  先端の灯台は神威岬灯台
  その先の尖った岩礁は神威岩です


3 岬の先端までは狭い遊歩道を30分ほど歩きます


4 逆から見るとこんな感じで 結構スリリングです


5 眼下にはシャコタンブルーの海が広がります


6 この絶景 何度来ても見ても飽きない場所です


7 小樽のソウルフード
  神威岬を午前中に回って お昼頃に小樽に戻り昼食です
  小樽での食事といえば北海道の海産物をふんだんに使ったお寿司が有名ですが
  地元のB級グルメとして定着しているのが 「AKY」=あんかけ焼きそば です
  小樽市内のいろいろな食事処で お店独自のAKYが食べられます
  自分のお気に入りは 新日本海フェリーターミナルのレストランシーガルのAKYです
  新日本海フェリーが経営するレストランなので 料理のクォリティーが高い割に値段はリーズナブル
  そして ここの売りは 何といっても 目の前に広がる小樽港と石狩湾の風景
  写真のように 穏やかなお天気も良いですが 冬の景色が最高です
  日本海から吹き付ける風雪と沖の防波堤に打ち上げる波しぶきを見ながら 熱々のAKYをいただく! 
  ちょっと他では味わえない体験ができます


8 小樽ミルク・プラント
  神威岬でシャコタンブルーソフトを食べ損ねたので こちらでソフトクリームを食べました
  駅や商店街から離れた 少し分かりづらい場所にありますが
  乳業メーカー直営の地元では人気のアイスクリーム店です
  ただし冬になると閉店してしまいます
 
 
9 手宮公園
  小樽港が一望できる丘の上の公園で 紅葉風景が美しい所です
  今回は9月中旬でしたので 紅葉にはまだ少し早かったようです


10 小樽フェリーターミナル
  昼食後小樽市内を回って再びフェリーターミナルに戻ってきました
  乗船するフェリーはレストランの写真にも写っている「あざれあ」です


11 さよなら北海道
  定刻どおり17時ちょうどに小樽港を出港しました
  カモメたちが名残惜しそうに見送ってくれています
  (ウソです 乗船客が食べているお菓子を狙っているのです)


12 夕日に染まる小樽の街が少しづつ小さくなっていきました
  さよなら北海道 いい旅をありがとう
  新潟着は翌日の9時15分です


4日間の北海道の旅は無事終了しました
北海道内での走行距離は約1,500㎞でした
当初計画どおり目的地に行けたことと 心配されたお天気もまずまずで 
暑くもなく 寒くもなく 最高のツーリングが楽しめました

Go To 北海道は以上ですが 新潟から自宅に戻る途中に寄り道していますので
次回 Go To北海道 Annex をアップして 締めくくりたいと思います

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バイク旅2020 Go To 北海道 天人峡 上富良野 小樽

北海道3日目は 網走を出発し 
途中 道央の天人峡と上富良野に立ち寄り 小樽へと向かいます
天気予報は あまりぱっとせず 特に午後になると小樽方面は
降水確率が高くなるようなので 早めに着いた方が良さそうです

1 天人峡
  網走を出て最初に立ち寄ったのは 大雪山系の麓に位置する天人峡です
  天人峡温泉にバイクを置いて 渓谷に沿って歩いて進みます
  北海道では珍しくありませんが こちらにも熊出没注意の看板が…


2


3 羽衣の滝
  散策路を歩くこと15分ほどで落差270mの羽衣の滝に到着しました
  三浦綾子さんの小説「自我の構図」の舞台になっているこの滝を
  一目見たいと思っていたのですが
  滝までの散策路が 2013年5月の土砂崩れで通行不能となってしまい
  北海道在住中に見ることができませんでした
  その散策路が2018年6月に5年ぶりにようやく復旧し今回念願が叶いました 


4 紅葉の季節になると滝の周りの木々が色づき一段と鮮やかになります  


5 上富良野日の出公園
  公園の名前はありふれていますが 景色が素晴らしく
  北海道在住中に何度か訪れたお気に入りの場所です
  初夏になると一面ラベンダー畑になります


6


7


8 小樽天狗山
  無事に小樽まで戻ってきました
  少し早めに着いたので 小樽市街地が一望できる天狗山に上がってみました
  標高が約500mありますが 小樽に住んでいた頃は 
  運動不足解消のため 休日になると よく歩いて上がっていました


9 天狗山ロープウェイ施設の屋上からの展望
  冬になると中国からの観光客が大勢訪れる人気スポットでしたが 
  今回はひっそりとしていました
  ちなみに冬の夜景の様子は→こちら


10 日和山灯台
  赤白塗色の灯台とニシン御殿がいかにも北海道らしい
  小樽で一番好きな場所です
  ちなみに灯台守の生涯を描いた映画「喜びも悲しみも幾歳月」の
  ラストシーンに登場します


北海道3日目の走行距離は約500㎞でした

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

彼岸花風景2020

Go To 北海道シリーズがまだ終わっていませんが
季節外れになってしまうので 最近撮り貯めたヒガンバナの様子を
一気にアップします

ヒガンバナの群生地として有名な埼玉県日高市の巾着田では
新型コロナの感染防止のため 今年はイベントを中止するとともに
ヒガンバナを開花前に刈り込んでしまうとホームページに書かれていました
毎年多くの人が訪れる有名地だけに 逆にそこまで徹底しないといけないのか…と
何ともやるせない気持ちになりました

とはいっても この時期 否が応でもヒガンバナの姿が目に飛び込んできます
あの独特の姿と存在感には 写欲を掻き立てられます
ということで そんなに有名地ではありませんが 
自宅周辺そこそこ名の知れた群生地を回ってきました


1 藤沢市小出川周辺


2


3


4


5 町田市薬師池公園


6


7


8


9 相模原市北公園


10


11


12


13 座間市かにが沢公園


14


15


16 大和市泉の森


17


18

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バイク旅2020 Go To 北海道 知床

北海道第2日目は 中標津を出発し 知床半島東岸の羅臼から知床峠を越え
知床五湖へと向かいます

1   天空への道
  中標津を早朝出発して羅臼に向かう途中に立ち寄ってみました
  画像では分かりづらいですが 約10㎞続く直線道路の先は根室海峡になります   


2   峯浜パーキング
  根室海峡の向こうに見える山並は国後島


3   知床峠
  知床横断道路の最高地点です
  お天気は曇りですが羅臼岳の眺めは良好でした
  7年前にも来ましたが その時は霧の中で視界ゼロでした
  オホーツク海と根室海峡を隔てる分水嶺なので
  この峠を挟んで 東側の羅臼と西側の宇登呂とでは お天気がコロッと変わります 


4   知床五湖
  知床五湖巡りは今回の旅のメインイベントです
  北海道在住の時には来られず 今回が初体験になります
  散策路は高架木道と地上遊歩道があり 五湖すべて巡るには
  地上遊歩道を歩いていく必要があります


5   フィールドハウス
  地上遊歩道へは 事前にフィールドハウスにて
  レクチャーを受けなければ入れません
  世界自然遺産の知床の環境保護に関することとヒグマに関する注意事項です
  北海道全体がそうですが 特に知床はヒグマが多数生息するエリアであるため
  遭遇しないためにどうするか もし遭遇してしまったらどうするか
  といったレクチャーを受けます
  ただし遭遇してしまったら絶対に安全な方法は無いそうです
  特にヒグマの活動期となる5月~7月の間は ガイドによる引率が必要になります


6   知床五湖地上遊歩道
  五湖の周りの森の中の遊歩道を進みます
  遊歩道は一方通行です
  レクチャーでさんざんヒグマの話を聞かされたため 
  森の中でザワザワ音がすると ドキッとします
 

7   知床五湖地上遊歩道
  十分美しい景色ですが 残雪の頃か紅葉の頃なら更に美しいことでしょう


8 知床五湖地上遊歩道


9 知床五湖地上遊歩道


10 知床五湖高架木道
  地上遊歩道から高架木道へと上がりました
  高架木道はレクチャーを受ける必要は無く
  自由に散策できます


11 知床五湖高架木道


12 知床五湖高架木道


13 能取岬
  知床五湖巡りを終え第2日目の宿泊地網走へと向かいました
  時間があったので 能取岬に行ってみました


14 能取岬
  ここへは北海道在住中に2回来ていますので 今回が3回目となります


15 能取岬


16 大曲湖畔園地コスモス畑
  網走市内でコスモス畑が満開といった情報を知ったので
  宿に向かう途中で寄り道してみました


17 大曲湖畔園地コスモス畑


18 大曲湖畔園地コスモス畑


北海道第2日目は 中標津から知床経由で網走までの約260㎞でした
走行距離はそれほどではありませんが 中身の濃い一日でした

次回第3日目は 網走から小樽へと向かいます

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バイク旅2020 Go To 北海道 納沙布岬

前回の記事に記したように 毎年夏休み恒例のバイク旅として 
今年は懐かしの北海道を巡ってきました

暑い時期ですので 少しでも涼しい場所を求めて 思考は北へと向かいますが 
7月から再び感染が拡大し始めたコロナ禍の影響を考えると
首都圏からの来訪者は あまり歓迎されないだろうと いろいろと悩みました
当初は8月中に予定していた夏休みが 仕事の都合で9月にずれ込み
その間に 感染のピークが過ぎたことや 政府のGoToキャンペーンも始まったことなどから
旅行する雰囲気も上向きになり この際思い切って北海道まで遠征することとしました

それでも やはり遠いというか 海を越えて行く必要があるので
フェリーの予約など面倒な印象もあり 多少の勢いが必要です
と言っても誰も背中を押してくれないので 自分で押すしかないのですが
フェリー会社のサイトを見て 運航スケジュール等を見ていると 
だんだんその気になってきます

関東からだと 茨城県の大洗港から苫小牧港への商船三井フェリーが一般的だと思いますが
運航ダイヤを見ると夕方便と深夜便とがあり
夕方便は 大洗港19:45発→苫小牧港13:30着
深夜便は 大洗港01:45発→苫小牧港19:45着
となっています
いずれにしても船中泊となりますが 北海道に着いた日の活動時間が短く
深夜便については 船から降りて そのまま宿に向かう形になり これはもったいない

一方で新潟港と小樽港を結ぶ新日本海フェリーは
新潟港12:00発→小樽港04:30着
となっていて 新潟まで行かないといけないのと 若干小樽港着が早いですが 
着いた日が丸一日活動できるのは大変効率的です
新日本海フェリーは 以前 神戸から小樽に転勤になった際に舞鶴-小樽便を利用しており 
何となく馴染みもあり 今回はこちらを利用することとしました

フェリーは 往復とも個室を予約しました
感染リスクを考えて 大部屋での雑魚寝は避けたいという思いです
利用した部屋はツインですが 閑散期はシングルユースも可能ということで
1人分の料金で利用できます
料金はバイク込みで片道2.2万円ほどになりますが 若干手続きは面倒ながら
GoToが利用できるので そこから35%引きになり 片道約1.5万円とお得感満点です
新しいフェリーとあって居住空間は大変充実していて 今回のバイク旅の中で
一番快適に過ごせたのが 実はフェリーの個室だったような気がします

肝心のお天気ですが
12日土曜日に自宅を出る際は土砂降り状態で
幸先悪い出発となり 群馬県までは雨模様でしたが 関越トンネルを越え新潟県に入ると
そこは雪国ではなく 美しい青空が広がっていました

だがしかし
小樽港に着くと また雨模様
おまけに気温も低く 10℃そこそこと バイクには厳しい気象条件となりました 
周りの風景が変わり映えしない退屈な道東自動車道を延々と走り 
帯広まで来て ようやく雨があがりました
北海道でも幸先悪い出発となりましたが 振り返ってみると 
この旅行期間中で雨に降られたのは 自宅を出発した時と北海道に着いた時だけで 
あとは雨に当たることはなかったので まあまあお天気には恵まれた方だと思います

で 北海道第1日目は 北海道の最東端の納沙布岬に向かい 中標津で泊まります
約640㎞の行程になります


1 小樽から約5時間かかって厚岸に到着しました
      雨が上がって快適なツーリングになりました
   ここから霧多布方面に寄り道します

  
2 広大な霧多布湿原を両側に眺めながらの走りは爽快です


3 霧多布岬
   7年ぶりの再訪になります


5 湯沸岬灯台
   灯台の名称は霧多布岬の別名の湯沸岬の名前が使われています


6 霧多布岬


7 納沙布岬
   北海道の最東端まで来ました
   途中寄り道しましたが小樽から約9時間かかりました
      バイクで来るのは初めてです


8 納沙布岬灯台


9 納沙布岬

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Go To 北海道

8月に取る予定だった夏休みがようやく取れました

毎年バイクでロングツーリングに出かけていますが

今年はどこに行こうか悩んだ末に

暑さから逃れて北海道に行くことにしました

土曜日に新潟からフェリーに乗って今日小樽に着き

現在 北海道を巡っています

どこを巡っているか 詳しくは帰ってから報告します

 

1 新潟港のフェリーターミナル

2 乗船完了

3 関東は雨でしたが新潟の空は晴天

4 出港です 行ってきます

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

相模川河川敷のコスモス

昨年は10月に撮影に行った相模川河川敷のコスモスが見ごろとのことで
先週 慌てて行ってみました
随分早い気がしますが 種を蒔く時期がいつもと違ったのでしょうか?
コスモスといえば 秋風にゆらゆらのイメージですが 
日陰の無い河川敷で 秋風ならぬ炎天下の熱風に晒されて 
コスモスも撮影者もヘロヘロ気味でした 

1


2


3


4


5


6 ヒャクニチソウ
   コスモス畑の隣にはヒャクニチソウ畑が広がっていますが
   既に見ごろは過ぎていました


7


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夏の終わりの紅色

どこにも出かけない休日は 運動不足解消のため 歩いて片道30分ほどの公園まで
散歩するようにしています
猛暑の中での散歩は 厳しいのもがあり 連日の暑さにうんざりですが
とは言え もう8月も終わり
少しずつ日が傾くのが早くなり 夕方の日差しには秋の気配を感じます
そんな日差しに照らされて 赤みを増した紅色の花たちも 
往く夏を惜しんでいるかのようです

1 サルスベリ


2


3


4


5 スイフヨウ(酔芙蓉)


6


7 ミンミンゼミ
   そろそろツクツクボウシに主役が移りつつあります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夏富士風景

こう暑いとバイクに乗る気力も出ないところですが
涼しさを求めて 道志から富士山麓へと ショートツーリングしてきました
早朝の道志みちは 涼しいというより寒いくらいでしたが
日が上るにつれて ジリジリと暑くなり 富士山麓でも30℃超えという状況で
この猛暑から逃げ場がないことを実感しました

夏と言えば かつては毎年のように富士山に登っていましたが 
ここ最近 まったくご無沙汰しています
今年は新型コロナの影響で 登山道がすべて閉鎖され 山開きも無しということで
富士山にとっても 特別な夏になったようです


1 ツーリング途中で見つけた小さなヒマワリ畑
  

2


3


4 少しだけコスモスも咲いていました


5 巨大な富士山壁画


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ