えぞ地(北海道)の身近な風景

北海道内の身近な自然の風景。

あいろーど厚田前の海岸段丘

2022-06-28 15:19:59 | パワースポット

あいろーど厚田前の海岸段丘

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

北海道喜茂別町相川ビューポイントパーキングからの羊蹄山ドローン上空からの風景

2022-06-25 17:58:44 | ドライブ写真

北海道喜茂別町相川ビューポイントパーキングからの羊蹄山ドローン上空からの風景

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

羊蹄山:6月22日2022

2022-06-24 08:18:02 | ドライブ写真

倶知安まで行ってきましたが、苫小牧方面からは

通常は国道276号を支笏湖経由で行きますが

美笛峠ががけ崩れで、まだ通行止めのため

白老から色彩街道(道道86号)を大滝まで

抜けて、喜茂別に抜ける迂回路になっています。

そのため、色彩街道の強烈な山岳コースを

大型トレーラー・バス・トラックがびゅんびゅん

走っていて、すれ違うのが怖いくらいでした。

天候はいつもこの季節はそうなのですが、

色彩街道の峠を越えるまでは雲がかかり

気温も低いのですが、峠を越えると急に

晴れ間が出て、気温も上昇の状況でした。

羊蹄山は水蒸気で幾分けぶっていて、ぼんやりでしたが

俱知安側からは太陽光線が順光の位置になり

比較的きれいに見えていました。

(カメラ:OM-D E-M1X+TamronSP AF28-75mm f2.8)※クリックで写真は’拡大します。

 

倶知安町高砂地区から。

まだ残雪の筋が見えますね。

 

帰り、喜茂別町相川地区、ビューポイントから。

テーブル、いすが設置されていました。

 

ここからは太陽光線が逆光の位置になり

白っぽく見えています。

 

帰り、家の近所の道端、空き地が一面花畑でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

苫小牧漁港、苫小牧港:6月18日2022

2022-06-19 07:39:16 | Buellビューエル・ツーリング

苫小牧に行った帰りに港に寄ってみました。

砂浜の原野だった場所を広大に掘り込んで

できた、掘り込み港である苫小牧港ですが

やはり港は気持ちがいいものです。

(カメラ:OM-D E-M1X+TamronSP AF28-75mm f2.8)※クリックで写真は’拡大します。

 

今日はビューエルで。

やはり1200㏄2気筒の大トルクは気持ちいい。

瞬時に加速します。

 

有名なマルトマ食堂のすぐ横が苫小牧漁港です。

 

貨物船が出港して行きました。

 

魚網を引き揚げる機械。

 

かなりの数の漁船が停泊しています。

 

防波堤先端には小さな白い灯台。

 

場所を移動して、漁港から1キロほどの距離にある

西埠頭に来ました。

フェリーターミナルには さんふらわあ が停泊していました。

 

こちらは、近海郵船の大型貨物船。.

 

かわいい形のボラードが並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

札幌月寒にあるタニタカフェ:6月14日2022

2022-06-14 20:33:41 | 日記

体温計や計測器で有名なタニタで

やっっている札幌月寒ゼビオの

となりにあるタニタカフェで

コーヒーを飲んで来ました。

実は居心地が良くよく行きます。

(カメラ:OM-D E-M1X+TamronSP AF28-75mm f2.8)※クリックで写真は’拡大します。

 

以前あった産業共進会場の跡地にできた

モール内にあります。

 

店内はこんな感じ。

 

注文したのはなぜか五稜郭と名のついた

ヨーロッパコーヒーとチーズケーキ。

 

窓越しのゼビオ側の光景。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

苫小牧西港フェリーターミナル:6月11日2022

2022-06-12 08:01:06 | ドライブ写真

雨の中(行く途中は豪雨、着いた時は小雨)、苫小牧西港フェリーターミナルを

散策して来ました。飛行機と違ってのんびりして感じが良いですね。

(カメラ:OM-D E-M1X+TamronSP AF28-75mm f2.8)※クリックで写真は’拡大します。

 

入口入ったところはこんな感じ。

自衛隊さんも仕事の移動で使うのですね。

 

次の出航は18:05とか書いてあったので

人はまばらです。

 

いしかり、という船が入港していました。

写真左の丸みを帯びたものは、顔入れて

記念撮影するための、記念撮影ボードです。

 

ボーディングブリッジはこんな感じ。

 

友人とターミナル内のカフェレストランで

コーヒーを飲んでいたら、さんふらわあ(苫小牧⇔大洗)が

霧雨のぼんやりした海の中を入港して来ました。

 

このでかい船を簡単に接岸させる技術はたいしたものですね。

 

展望デッキに出てみると小雨で、対岸の石油タンク群も

ぼんやりとしか見えません。

大型貨物船が出港していきます。

自動車の運搬船が港にはよく入港しているのを見ます。

ここから北海道内の自動車販売店へ納品知るのですね。

 

ボーディングは前方にもあります。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宇宙人UFO関連「山の牧場」怪奇体験談の跡地、謎の1667年樽前山噴出物、苫小牧市錦岡円形砂防ダム⇒クチナシ沼方面林道

2022-06-02 16:58:45 | パワースポット

「山の牧場」怪奇体験談の跡地苫小牧市錦岡円形砂防ダム⇒クチナシ沼方面林道

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宇宙人UFO関連「山の牧場」怪奇体験談の跡地、謎の1667年樽前山噴出物、苫小牧市錦岡円形砂防ダム⇒クチナシ沼方面林道:5月30日2022

2022-05-31 12:48:31 | パワースポット

苫小牧市錦岡にある円形砂防ダムから

林道を支笏湖近くの苫小牧市丸山まで

走りました。

この砂防堰堤は人間外生命体グレイ地下基地関係の

「山の牧場」の恐怖物語の舞台になる場所の跡地に

建造されているようです。

以前撮影したタイムラプス動画

雲が消えて行く様子が見られました。

林道最後で火山灰の水無川につかまってしまい

エンジンがかからなくなり脱出に20~30分も

かかってしまいました。

(カメラ:Sigma DP1s  写真はクリックで拡大できます)

2年ほど前に来た時よりさらに木が伸びて

円形ダムがほとんど見えなくなってきている。

 

今まで来ていて、そばに屋根の付いた場所があるのは

気付いていましたが、工事の資材置き場だと思っていたら

樽前山火山噴出物の標本だったのです。藪をかき分けて

行ってみて、昨日わかりました。

年月が経ってすっかり色あせているが

1667年の樽前山噴火の噴出物と説明されています。

なんでわかるの?的で松前藩の記録古文書でも

あったのでしょうね。

入口はがっちりゲートで入れなくしておいて

こんな標本展示しているとは、まったく??ですね。

何か隠してる?ですか。

屋根も木造建築はまだしっかりしています。

実はレプティリアンの地下基地入口?

 

林道を支笏湖方面へ向けて20キロほど

上がってきて、突然現れた2年前にはなかった

火山灰の水無の川。

この段差は実際は40センチほどあり

そのまま下ろすのは無理に思われ

右側の段差がクルマのタイヤで崩れた

場所まで移動させる必要があったので

引いても火山灰で動かず一苦労。

このバイクはキック始動のみの昔のバイクなので

スタンド立てた状態で全体重をかけてキック

しなければエンジンかからないので

いきなり段差で止まった際に、エンジン切ったので

スタンド立てようにも地面が柔らかく、スタンドが

潜ってしまい、プラスチックのプレートをスタンド下に

入れて、数十回のキックでやっとエンジンかかり

汗だくになって、脱出しましがプレートは割れました。

 

でも周りの森林は大自然で最高の森林浴でした。

 

最後に走ってきた丸山林道。

ゲートのカギは写真撮影のための入山許可を

取っているので、開けて出ます。

 

大げさなヒグマ看板ですが実際には

バイクの音で逃げて行くのでめったに

会うことはありません。

一般の山菜取りの人には警告になって

良いですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旭川市永山町からの大雪山:5月24日2022

2022-05-25 11:51:39 | 自然写真

旭川まで用事で行ったら、また大雪山系が

よくきれいに見えていました。

今回は旭川市永山町の石狩川の架かる橋から

撮りましたが、前回の鷹栖神社からのほうが

よく見えますね。

この時期でもまだ残雪が多く残り

写真では伝わりませんが、クルマで

走っていて時々垣間見える大雪山は

やはり迫力の風景で見事です。

残雪は見事です。

旭岳周辺だと思われます。

 

ニセイカウシュッペ山でしょうか。

 

市街地の後ろに聳え立つ大雪山系。

 

石狩川河川敷の土手。

 

石狩川は旭川市内はかなり上流域になりますが

かなりの広さ、川幅があり、中洲もできています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大地震の爪痕林道:5月21日2022

2022-05-23 14:20:24 | オフロードツーリング(HONDA XLX250R)

道道59号厚真町宇隆から道道235幌内に

抜けることができる林道を走って来ました。

 

田んぼには水が張られています。

 

地震で破損し、修理された浄水場タンク

 

39年ほど前のヘルメットを

引っ張り出してきました。

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする