BLUE HEAVEN

秋の大島ツアーレポスタート!




5/10記念撮影

2015-05-31 18:42:29 | 日記

2015/05/10


港に着いたら、この日アロー号に乗船したゲスト陣全員と一緒に。
とても快適な一日で、この位の人数だとボートも楽チンで便利ですね。





三重城港は空港に近く、綺麗な港なので雰囲気が良し。
港で精算して、メッシュバッグとそのままホテルを送ってもらいました。



コメント

前島の手前で

2015-05-31 18:21:06 | 日記

2015/05/10


3日間9ダイブを完結してシャワーをあびて着替え、アロー号は前島にてゆったりと。
女性陣から男性陣の着替えが終わりまでは徐行運転、ボート2階にて極上の風景を楽しみました。







真夏の暑さではないので、ずっと2階に居たので物凄く日焼けです!


コメント

3日目3本目「ウチザン礁」での36分

2015-05-31 13:07:17 | ダイブログ

2015/05/10


儀志布島・座間味島・渡嘉敷島と3箇所を回って、最後は自津留の先端を通過しウチザン礁へ。
ポイントに着くと他ボートの姿はなし、豪快にバックでEN場所へ寄せて一斉に入ります。
水中は台風の影響でウネリが入って潜り難い場所がいくつか、メインの根に辿り着くとユラユラ状態。
いきなりホワイトチップシャークが登場、僕らの存在に気づいて逃げ去ってしまいます。
まずは魚影の一番濃い場所から楽しみ撮影、イスズミの数がいつもより多い様に感じました。
相変らず大きなアカヒメジ達が群れ群れで、ノコギリダイ群れも1尾1尾がとてもデカいぞ。
テングハギモドキ群れは小ぶりながら豪快に、バラフエダイが単体でこちらを睨んでいます。
メイン部分の一番下岩穴をにはホワイトチップシャークが4尾ほど、覗くと慌ただしく入り乱れ回遊。
お目当てのロウニンアジは水面方面に2尾のみ、時間をかけて接近を試みると1尾は別方面へ。
何とか撮れる距離まで1尾に近寄ることに、ウネリが強い悪条件だったのでこれが精一杯。
後半はひたすら流れに乗りながらの移動で気持ちイイ、マンタを探しまくるも姿は見られず。
ピタッとちょうど良い時間帯に流れが止まり浮上へ、さすがウチザン、まさに充実の1ダイブでした。














撮影:DBH




撮影:ヒロシー


No 14:1714:53 潜水時間36分 最大水深26.8
M  水温23℃ 気温28℃ 透明30M

ロウニンアジ2尾
ホワイトチップシャーク5尾
テングハギモドキ群れ
イスズミ群れ
バラフエダイ
オグロクロユリハゼ
アカヒメジ群れ
ノコギリダイ群れ
アカモンガラ群れ
カスミチョウチョウウオ群れ
ニシキヤッコ
クマザサハナムロ群れ
ウメイロモドキ群れ
ロクセンヤッコ
バラハタ
キンギョハナダイ群れ
ハナゴイ群れ
ハタタテハゼ
モンガラカワハギ
タテジマキンチャクダイ
サザナミヤッコ
シチセンチョウチョウウオ
コメント

とかしくブルーにて

2015-05-31 08:36:09 | 日記

2015/05/10


ラストダイブはウチザン礁に決定!
その前に、体験ダイバーが未だカメに遭遇出来てないので体験3本目をタマルルにて。
それならばファンダイバーはウミガメを見ながらスキンタイムに、水温が23℃なので冷たくて気持ちイイ~








渡嘉敷島らしい優しいブルーに癒されながらのひと時、なんて贅沢なのでしょう。


コメント

おにぎり・各種デニッシュパン&ゆで卵

2015-05-31 08:18:21 | グルメなショップランチ


2015/05/10


ランチタイムは美しいトウマ浜の上で、天気最高潮なので気持ち良し。
この日もランチはオプションなので、3日連続でホテルのおにぎり&パンで賄います。
沖縄県大里村の農家で作られた、ほんのり塩味の効いた半熟ゆで卵がメチャウマです!






コメント