ちねんの部屋

劇団鳥獣戯画主宰 知念正文の日記

2月10日

2012年06月16日 | Weblog
やっぱり、中心が若いと、芝居がわかっていない分、ドラマのテンポになっていかない。やっぱり教育が大切だな。
コメント

2月9日

2012年06月16日 | Weblog
夜食をとりながら、ドラマを見ていると撃沈して、起こされて歯を磨いて12時には寝るのだが、それからが寝付けない。一体どういうことなのだろう。長年の夜更かしのせいで、体が起きてしまうのだろうか。
ぐらぐらの奥歯がなくなったせいで、気分は楽になった。
歯医者に行ったら、驚異的な治癒力だと言われ、ちょっといい気持ち。
昼から、「お茶会」の稽古。初日だから、問題が色々出て来た。それがいいところ。
脚本をまとめ直して、劇場へ。
エンディングショーの稽古。通し稽古。
片岡昌さんの本を読み終わった。
夜食。やはり、テレビを見ながら撃沈。
コメント

2月8日

2012年06月16日 | Weblog
歯医者へ行ったら、ぐらぐらになった奥歯はすぐにも抜かなけりゃいけないと言われ、言われるまま抜かれた。ひりひりとするのだが少々。血がだらだら、頭ががんがんするということはないのだが、今日は大人しくしていることにした。
修正した脚本をプリントアウトして、劇場へ。残っていた振付けを片付ける。
「市民ミュージカル」は、昨日の場当たりの続き。
逆回しが、案の定、時間がかかった。フィナーレまで終えた。スケジュールオーバー。やることはまだまだあるのに。
昨日と同様、「モンク」の途中で撃沈。
コメント

2月7日

2012年06月16日 | Weblog
夜、市民会館へ。場当たり。
会館は大きくても床は大人数で埋まっている。その上の空間が埋まるかが、心配。
大劇場でありがちなこと。
コメント

2月6日

2012年06月16日 | Weblog
夜、「にこ茶」。ショーの衣装をチェックしながらの通し稽古。二人がダウン。ひょっとしたらおたふくかも。そうなったら、大激震だ。一週間を切った「市民ミュージカル」と「にこ茶ショー」。入れ替えて稽古をしなけりゃ成立しない。けれど、そんな余裕は、ない。
「ホワイトカラー」「モンク」
特にモンクは、トラウマの友人がらみのドラマで面白いのなんのって。
コメント