ちねんの部屋

劇団鳥獣戯画主宰 知念正文の日記

1月29日

2020年01月29日 | Weblog
演劇(だけでなく、絵画や音楽など)は、懐が肥えたり、腹が満ちたりはしないけれど、心や考えや感性が強く深く豊かになる。そして、人間の多様性を知り、自分自身の独自性を知っていく契機になっていく。経済重視の生き方に流れがちな日本のあり方に、棹さす使命をボクたちは担っている。
コメント

1月26日

2020年01月26日 | Weblog
マイクチェック・暗転稽古を終えたのち、ダメをひとつづつクリアしていく。そして、
「カリフォルニア・ドリーミン」志摩可児アリーナ公演
余裕を持つまではいかなかったが、大きな失敗もなく終了。
お客様の反応は良かったようだ。
コメント

1月23日

2020年01月23日 | Weblog
昨日今日と仕込み、稽古、バラシ、積み込みの2連チャンだった。広い場所が連続して取れないので、旅公演のような状態になった。けれど、メンバーたちがよく働いてくれて、気持ちよくできた。
明日から、いよいよ、伊勢志摩公園へ。
コメント

1月19日

2020年01月19日 | Weblog
市民ミュージカルの稽古。昨日のキャスティング発表に則って、細かい役割決めと、集団の動きを決めていった。
コメント

1月18日

2020年01月19日 | Weblog
ひしさぶりの雪。
「市民ミュージカル」
いつも、強いプレッシャーを感じるキャスティング。キャスティングで作品のかなりの部分が決まってしまう。また、俳優さんたちの気持ちを考えると絶対にいい加減にできない。このチームで、ベストの作品作りが出来る配置を考える。
「柿山伏 ぶす」福島の演劇鑑賞会公演
まだ、ちゃんと報告は受けていないのだが、良い反応だったらしい。
「グエルム 漢江の怪物」
面白かったあ。怪物にさらわれた娘を取り返すべく奮闘する家族のそれぞれも楽しめた。
コメント