ちねんの部屋

劇団鳥獣戯画主宰 知念正文の日記

6月14日

2008年06月15日 | Weblog
お気に入りの「CSIマイアミ」のDVDと、ピーター・ジャクソン監督「キングコング」を見た。
ピーター・ジャクソンは、あの「ロード・オブ・ザ・リング」の監督。一見グロテスクだけれど、スーパーリアルなキャラクターの創造。キャラクターの生き生きとした動きには感嘆する。ブロードウエイの劇場で見せ物にされ暴走したキングコングが、愛する人間の女性に出会い、警察や軍に追われている最中にセントラルパークの凍った池の上でスケート遊びするシーンなどは美しくてユーモラスだ。
コメント

6月13日

2008年06月14日 | Weblog
ヘンリー5世

ヘンリーはフランスに進軍する。ところが、病が蔓延し兵1万にも満たないほどに減少。ヘンリーは6万のフランス軍に自ら切り込んでゆき、奇跡的な勝利をおさめる。そして、フランス王の娘キャサリンに求婚。イギリスとフランスのふたつの王国を手に入れる。
「少数であるとはいえ、われわれ幸せな少数は兄弟の一団だ」
コメント

6月12日

2008年06月14日 | Weblog
ヘンリー4世
ホットスパーらはヘンリー王を討つため兵を挙げる。王の息子ハルは、悪友のフォルスタッフらと自由気ままな生活を送っていたが、王の嘆きに改心し、反乱軍を倒し、反乱軍をす。ヘンリー王はハルに王冠を譲る。ヘンリー5世の誕生である。
「王冠を頂く頭には、安らぎが訪れることはない」
コメント

6月11日

2008年06月14日 | Weblog
ジョン王

ジョン王は、フランス王から王位をアーサーに譲るよう要求される。ジョン王は拒み闘う。フランス軍は敗れ、アーサーは捕虜となり、城壁から飛び降り死んでしまう。ジョン王の臣下たちはアーサーの死に失望し、王のもとを去る。王は孤立するが、私生児フィリップの活躍。やがて、フランス側についていた臣下たちも戻ってくる。しかし、王は修道士に毒を盛られ命を落としてしまう。
「人間は悪事を行う道具を目にすると、悪事を行いたくなるのだ」
コメント

6月10日

2008年06月11日 | Weblog
朝、人間ドックへ。あまり丁寧に調べられたりすると、少々不安になったりした。けれど、たった一つの光明。なんと、体重がベストに戻っていた。若かりし頃の溌溂に動いていた体重に。でも、腰痛がとれないから、溌溂と出来ない。
夜は、ボクを囲んでのセミナー。月に一回、面白そうな人間から話しを聞く、余裕のある方々の集まり。演劇で生きているちょっと変わった人間の話しを聞こうという会だった。けれど、パーティに集まった方々におつき合いしている演劇人は、やはり、食えなくて大変だということだった。
コメント