2012年08月27日 / ニュース

ポラメル2012年8月号『パンノキの木登りの巻』に掲載した
「あそんで!ボノロン」のこたえ表記が誤っておりました。

「ヒトデ」のこたえは正しくはこちらになります。

 

読者の皆さまに混乱、ご迷惑をお掛けしたことを
深くお詫び申し上げるとともに、ここに訂正させて頂きます。

2012年08月27日 / エピソード

イラスト:たぶちあい

 

『ふたりからひとりへ』

娘は本は読んでもらうものだと決めていたようで、
いつも「これ読んで!」と持ってきていました。

小学一年生になった頃、台詞だけいっしょに読む、
親子共同の読み聞かせをはじめました。
声色を変えたり、感情を込めて読む娘はすっかり声優気分。
今までよりもお話を真剣に聞いて
登場人物の気持ちを考えているなと感じました。

そんな中、私のお腹に新しい命が宿りました。
兄弟を待ち望んでいた娘は、毎晩毎晩、
自分で選んだ絵本をお腹に向かってゆっくりと
優しい声で読み聞かせてくれました。

最初は短いお話でしたが、あっという間に
ボノロンのような長いお話もひとりで読めるようになりました。
お姉ちゃんの声は心地がいいのか、
赤ちゃんもお腹をけって反応していました。
読み聞かせの世代交代は嬉しいような、淋しいような気持ちです。

今では、長女は長編の物語もひとりで読めるようになり、
生まれたばかりの次女は読み聞かせをおとなしく聞いています。
これからも読み聞かせを通じて、親子、姉妹の
楽しい時間を過ごしていけたらいいなと思っています。

千葉県 恵梨彩 39才

 

※あなただけの「読み聞かせエピソード」をお聞かせください!
ポラメル本誌、こちらのページでご紹介していきます。
くわしい応募方法はこちらをご覧ください。

2012年08月15日 / ニュース

ポラメル8月号「パンノキの木登りの巻」が
本日8月15日より配布開始となりました!


全国のセブン-イレブン、デニーズ、ファミール、
芝のらーめん屋さん、セブン銀行出張所等にて
無料配布しております。
数量限定ですので、お近くの店舗へお急ぎください。
(※配送状況により、一部地域では遅れる場合がございます)

2012年08月10日 / ニュース

ボノロン単行本第9巻いよいよ発売です!!

マングローブの森にすむ、心やさしい少年がおこす
夏のきせきのストーリー 

あらすじ

マングローブの森に住む少年パナルは、
船ででかけたまま戻らないお父さんを待っていました。

ある日、大きなクジラが森に迷い込んで来ました。

マングローブの森がある海はとても浅いので、
潮が引いたら水がなくなりこのままではクジラは死んでしまいます。

パナルはクジラに海に戻るように言いますが、クジラはなぜかそこを動きません。

すると、ボノロンがあらわれ、願いをひとつかなえてくれると言います。

パナルはボノロンに、意外なお願いをします。
すると、心やさしいパナルの前にきせきがおこりました――――。

 

発売中
文/北原星望 絵/永山ゴウ プロデュース/原哲夫
本体1200円(税別)

 

セブンネットショッピングで購入すると、もれなく
初回限定特典『ボノロンゲーム&ぬりえブック』がついてきます!

※A5判、16ページ

ご購入はこちらから

 

ポラメル最新ニュース
ニュースカテゴリー

全国で大好評の絵物語!

原哲夫がプロデュース、セブン銀行が協賛する「森の戦士ボノロン」全国セブン-イレブンの店舗にて偶数月15日より無料配布開始!なお、一部地区で配布日が違う場合があります。限定100万部のため、お見逃しなく!

読み聞かせエピソード募集