2016年06月16日 / イベント

6月のボノロンワークショップ開催情報です。

6月のワークショップはなんとランチ付き!

おなじみぐーぐーらいぶさんの工作はお皿みたいなプレートで
かんたんフリスビーをつくります。
外遊びにも使えるおもちゃです!

絵本と手づくりで遊んだあとは、
ソラZENONのカフェランチを親子でお楽しみいただけます!
心もおなかもまんぷくになるプログラムだよ♪

日時:6月30日(木)
10:00入場開始/10:30スタート/11:30ソラZENONランチ

場所:吉祥寺じぞうビル
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-9-9 

プログラム:
ボノロン大型絵本読み聞かせ
フリスビーづくりワークショップ 他

参加費:ランチ代¥1,500(親子1名ずつの場合)
※大人のみの場合は¥1,000、お子さま一人追加は¥500
※メニューは当日お選びください
定員:親子12組(0才~参加OK!)
ボノロングッズのおみやげつき

以下フォームよりご応募をお願い致します。
(定員となった場合は応募を締め切らせていただきます)

ご参加応募フォームはこちら!

お申込締切:6月28日(火)

 

ぐーぐーらいぶHP 

 

2016年06月15日 / エピソード

イラスト:いしだ未紗

 

『大好きだった絵本』

3歳の息子は、絵本が大好きです。
先日、幼稚園から1冊の絵本を借りて帰ってきました。
「その絵本がとっても気に行って、
借りて帰りたいって言ったんですよ。」
と、先生がおっしゃったその絵本は、
偶然にも、私が小さいころ大好きで
何度も何度も読んだ絵本でした。

誰かを思いやって我慢をすると、
その優しい涙で深い山奥に花が咲く…
というその絵本は、3歳の息子には
少し難しいかなと思いましたが、
昨年妹が生まれて、いろんなことを
がまんしてくれている息子は、私の膝の上で、
いっしょうけんめい物語を聞いていました。

大好きだった絵本を、こどもと一緒に読んで
こどもが、自分が感じたような思いを
絵本から感じてくれる…
こんな幸せな時間をくれたこの絵本に、
とても感謝したいと思います。

福岡県 ペンネーム ネネ 36才 

 

※あなただけの「読み聞かせエピソード」をお聞かせください!
ポラメル本誌、こちらのページでご紹介していきます。
くわしい応募方法はこちらをご覧ください。

2016年06月14日 / 大型絵本

ボノロンといっしょに自然環境のことを考えよう!

あらすじ

むかしむかし、遠い南の海にカメのような形をした
「かめのこ島」がありました。
ウミガメのター坊は、
ひさしぶりに大好きなふるさとの
「かめのこ島」に帰ってきました。

ところが、美しかった島は森がなくなり、
枯れた巨木がポツンと残っているだけ。
なぜなら、人間たちが森の木を全部切ってしまい、
土が海に流れ砂浜がドロでうまり、
森の生きものも海の生きものも
住めなくなってしまったのでした。

悲しくなったター坊は、
島をもとに戻そうとタネを植えはじめますが、
なかなかうまくいきません。
そこへオレンジ色の巨人ボノロンがあらわれて……。

2016年06月14日 / 単行本情報

ボノロンといっしょに、
自然環境のこと考えてみよう!

あらすじ

むかしむかし、遠い南の海にカメのような形をした
「かめのこ島」がありました。
ウミガメのター坊は、
ひさしぶりに大好きなふるさとの
「かめのこ島」に帰ってきました。


ところが、美しかった島は森がなくなり、
枯れた巨木がポツンと残っているだけ。
なぜなら、人間たちが森の木を全部切ってしまい、
土が海に流れ砂浜がドロでうまり、
森の生きものも海の生きものも
住めなくなってしまったのでした。

悲しくなったター坊は、
島をもとに戻そうとタネを植えはじめますが、
なかなかうまくいきません。
そこへオレンジ色の巨人ボノロンがあらわれて……。

発売中
文/北原星望 絵/永山ゴウ プロデュース/原哲夫
本体1200円+税


ご購入はこちらから!

ポラメル最新ニュース
ニュースカテゴリー

全国で大好評の絵物語!

原哲夫がプロデュース、セブン銀行が協賛する「森の戦士ボノロン」全国セブン-イレブンの店舗にて偶数月15日より無料配布開始!なお、一部地区で配布日が違う場合があります。限定100万部のため、お見逃しなく!

読み聞かせエピソード募集