詰将棋の街路樹

自作の詰将棋をはがきに描いて掲載しています。それから詰将棋鑑賞、日記。

藤井棋聖、王位奪取で最年少二冠・八段、渡辺明が新名人に。あとお盆の話題。

2020-08-30 11:05:22 | 詰将棋解答選手権
令和2年8月21日、藤井聡太棋聖が木村一基王位を4連勝で破り王位奪取した。藤井新王位は棋聖と合わせ二冠。史上最年少で二冠になるとともに、タイトル2期の昇段規定も満たし八段昇段を果たした。18歳1か月の藤井の二冠獲得・八段昇段は、羽生善治九段の持つ二冠獲得の最年少記録(21歳11か月)を28年ぶりに塗り替え、加藤一二三九段の持つ最年少八段昇段記録(18歳3か月)を62年ぶりに更新した。棋聖戦での史上最年少タイトルで日本を沸かせた僅か一か月後、王位奪取で史上最年少二冠だ。
棋聖戦で藤井に棋聖奪取を許した渡辺明二冠だが、直後の8月15日の名人戦第6局で豊島将之名人を破り名人奪取、初の名人位についている。竜王13期などタイトル25期の渡辺明が、ついに名人も獲った。
その渡辺明名人の持つ史上最年少九段昇段の記録を藤井二冠は更新出来るのか、さらには、谷川浩司九段の持つ史上最年少名人の記録も更新することが出来るのか。注目だ。
藤井二冠は、各紙のトップを飾ったが、王位戦主催の東京新聞と私の地元の神奈川新聞とサンスポの携帯写真を御覧あれ。



それにしても今年の夏は暑すぎる。お盆で同じ横浜の実家に妻と帰郷するのも暑くて重労働だった。私はスマホを持っていないのに父がスマホを持っていて、そのスマホに孫(昔遊んだ)の写真がありご満悦だった。コロナ禍でありながら幸運にも私が転職したことは話題になったが、土曜日仕事で詰将棋に割く時間を取るのが難しくなっている。だからトレーニンング不足を補おうと昼休みにサンスポ勝浦九段の詰将棋を解いている。土曜日は休みにくい職場なので転勤しないと詰将棋解答選手権一般戦参加は厳しい情勢。将来、詰将棋創作選手権なるものが出来れば、一般戦に選手として参加したい。

8月21日付東京新聞の記事には藤井聡太二冠について「特筆すべきは中終盤での読みの速さと正確さ。詰め将棋というアナログな手法で基礎力を培い、人工知能(AI)を用いた研究で磨き上げた。時にAIも瞬時には読み切れないような深淵な一手を放つ。」とある。
藤井二冠は詰将棋解答選手権で5連覇している。新型コロナウイルスの影響で次回の詰将棋解答選手権の開催がいつになるのか分からないが、6連覇なるかも注目なのだ。
新型コロナウイルスの影響や猛暑で人々が大変な日々の中、藤井二冠の熱い活躍は気持ちを涼しくするものだった。

では、今回のトレーニング。
<将棋世界・五段コース問題 第428回第4問>(ヒント)受けなしに追い込む
11銀。33玉と逃げたら52成桂か。


藤井聡太新棋聖誕生 最年少タイトルで「棋聖」の文字が一面飾る

2020-07-23 20:34:09 | 日記
歴史的な日が来た。令和2年7月16日、第91期棋聖戦第4局で藤井聡太七段が渡辺明棋聖を破り棋聖奪取、屋敷伸之九段がつくった18歳6か月のタイトル獲得最年少記録を30年ぶりに上回る17歳11か月でタイトル獲得、史上最年少タイトル獲得記録を更新した。渡辺は三冠から二冠になった。記録を確認すると羽生善治九段が竜王戦で初タイトルを獲得したのは19歳3か月(藤井、屋敷に次ぐ3位の年少記録)、渡辺明二冠が竜王戦で初タイトルを獲得したのは20歳8か月(4位の年少記録)、中原誠16世名人が棋聖戦で初タイトルを獲得したのは20歳10か月(5位の年少記録)、谷川浩司九段が名人戦で初タイトルを獲得したのが21歳2か月(6位の年少記録)、と偉大な先輩棋士達と比較しても凄い記録だ。

棋聖獲得の翌日、スポーツ紙の一面を藤井新棋聖誕生の記事が躍り出た。スポーツ紙を全部買えなかったが、王将戦を主催するスポニチ、女流名人戦の棋譜が載っているスポーツ報知、勝浦九段の詰将棋が載っているサンスポ、中田章道七段の詰将棋が載っている東京中日スポーツは買うことが出来た。将棋の八大タイトルの一つ「棋聖」の文字が一面を飾りまくったのは偉業だった。※デジカメ画像はデジカメが復調したらアップします。


一般紙でも、ことごとく一面を飾ったが主催社の産経新聞と私の地元の神奈川新聞を御覧あれ。


普段から頑張っていたのは藤井棋聖の地元ゆかりの東京中日スポーツで、棋聖戦第3局で藤井棋聖(その時はまだ七段)が敗れても一面に持ってきた。


今も余韻で「藤井」の文字を通勤時に売店でスポーツ紙の一面に見かけたりする。
とにもかくにも藤井聡太の初タイトルは「棋聖」だった。

では、トレーニング。
(将棋世界2020年7月号 第427回五段コース問題より)
第4問<ヒント>詰めろ逃れの詰めろ:封じ手は26飛。76に利かせないと駄目か。


藤井七段 王位戦も挑戦

2020-06-28 15:42:05 | 日記
6月23日、第61期王位戦挑戦者決定戦で藤井聡太七段が永瀬拓矢二冠を破り、棋聖戦に続き王位戦でも挑戦者になった。第91期棋聖戦挑戦者決定戦に続き永瀬二冠を破っての挑戦となった。主催社の東京新聞で一面を飾り、トーチュウでも一面を飾った。王位戦で藤井七段に立ちはだかるのは、昨年の王位戦で史上最年長で初タイトル奪取した木村一基王位だ。藤井七段は史上最年長初タイトル奪取の木村王位を破って史上最年少初タイトル奪取となるのか、それとも第一局を制している棋聖戦で史上最年少タイトルを実現出来るのか、注目の夏を迎えている。
 東京新聞に木村王位の「受け師の道 百折不撓(ふとう)の棋士・木村一基」が発売との広告を見た(藤井七段の記事の下参照。)ので書店で確認しなくては。



藤井七段 棋聖戦で最年少挑戦者なる

2020-06-07 22:49:33 | 日記
平成元年(昭和64年度)のNHK杯将棋トーナメントで、当時18歳の羽生善治五段(現九段)が決勝トーナメントで大山、加藤、谷川、中原の名人経験者4名を立て続けに破り優勝したのは伝説になっているが、その決勝の羽生五段対中原誠NHK杯決勝を今日(令和2年6月7日)Eテレで見た。解説は大山康晴十五世名人だった。その平成元年の暮れに羽生(六段になっていたようだ)は竜王戦に挑戦・奪取し初タイトルを史上最年少で獲得した。この最年少タイトル獲得の記録を翌年、屋敷伸之五段(現九段)が棋聖奪取により更新した。屋敷五段はその半年前の棋聖挑戦(この時は奪取はならず)で既に最年少タイトル挑戦の記録を更新していた。
で、時は大分過ぎ、今日の3日前の令和2年6月4日の棋聖戦挑戦者決定戦で17歳の藤井聡太七段が永瀬拓矢二冠を破り、ついに屋敷が持っていた史上最年少タイトル挑戦の記録を4日上回る17歳10か月と20日で更新することになったのだ。緊急事態宣言は解除されているが、コロナウイルス蔓延の影響をかいくぐっての記録達成だ。主催者の産経新聞の一面のトップを飾り、スポーツ紙もトーチュウなどで一面を飾った。棋聖戦五番勝負は6月8日に開幕する。そして藤井挑戦者が勝てば最年少タイトルになるのだが、立ちはだかるのは三冠の渡辺明棋聖だ。果たして…




では、公開トレーニング。
(将棋世界2020年6月号 第426回五段コース問題より)
第4問「26銀まで ヒント:丁寧にしのぐ」
封じ手は61角。同玉は31飛でしのげるか。




新型コロナウイルス緊急事態宣言の中

2020-05-03 01:09:52 | 日記
新型コロナウイルスが経済と人心と文化に与える影響を想うと悲しい気持ちになる。伝統の将棋王将戦第7局が新潟県佐渡のホテルで開催されたことが遥か遠い昔のことに感じられる。それからの急速なウイルス感染の蔓延で緊急事態宣言が出され、東京都文京区のホテルで第1局が開催予定だった伝統の将棋名人戦は開幕延期になってしまった。詰将棋解答選手権も全ての会場で中止になった。将棋道場の打撃は大きい。中学生の時に巨人の原辰徳の1イニング2ホームランをレフトスタンドから観た横浜スタジアムはライトスタンドに続きレフトスタンドも増設されたばかりなのに、肝心の野球が開催出来ない。個人的には妻と行く予定だった横浜美術館の美術鑑賞と戸塚のさくらプラザでの音楽鑑賞に行けなくなってしまった。旅行会社に勤めている友人の不安は耳にした。私は今のところ大丈夫だが、あくまで今のところは、だ。解雇・倒産・DVのニュースをテレビでよく見る。学費を払えない大学生が多い。休校で子供の学習進度や精神面への影響が懸念される。医療従事者には感謝しかない。そして芸術や文化・スポーツの催しの舞台となる会場には人がいない。この状況がすぐ終わるとも思えない。

私は詰将棋作りで詰将棋界と将棋界から「入選」の文化的名誉をもらい、感謝の気持ちは言葉では言い表せない。将棋免状を取得した後、盤上で駒を動かして形作った詰将棋は入選していった。現在、免状の段位を上げる余力はないが、腕が鈍らないよう段位認定問題に挑み、伝統の詰将棋作りを伝えていくことが文化への恩返しか。
また、コロナウイルス感染の蔓延が終息したら、様々な文化的行事の舞台となる会場を訪れたいと切に思う。

将棋世界5月号 第425回五段コース問題
「第4問<ヒント>必死を掛ける」封じ手発表…昨日が締め切りだからもう発表しても大丈夫だ。31飛成。同玉には23銀成。


詰将棋総集編その0 初入選直前作特集(平成26年発表作より)

2020-05-02 03:33:08 | 詰将棋総集編
総集編も入選作中心に随時やっていきます。
総集編その0は詰パラ中級コーナーから2題。
2題とも初入選直後に詰パラ掲載された作品ですが、いずれも初入選図に未到達の頃に完成したもので初入選直前作といえます。
画像をコピーしてwordに貼り付けてから図として保存し、はがきサイズで印刷すればポストカードになります。
※手数は画像のすぐ下に、解答はまとめて、ずっと下のほうにあります。



A、詰将棋パラダイス平成26年4月号「ヤング・デ・詰将棋解付きコーナー」



15手詰





B、詰将棋パラダイス平成26年6月号「ヤング・デ・詰将棋解付きコーナー」



13手詰







<解答>
A、12歩、同玉、13歩、11玉、22歩成、同歩、23桂、同歩、12歩成、同玉、23銀成、11玉、12歩、21玉、32馬まで15手詰。詰上がり「0」になるように狙って作った訳ではない。(ブログ第三番に所収。)。

B、14香、同金、22金、13玉、23金、同玉、12角、同玉、32飛、23玉、22銀成、13玉、33飛成まで13手詰。9手目42飛は失敗。(ブログ第五番に所収。)。

総集編その1は夏に出来ればと思っています。


「名人と竜王」「散歩」

2020-04-12 19:18:28 | 詰将棋解答選手権
この一か月での新型コロナウイルス感染の加速度は凄まじく、収束がいつになるのか。
第17回詰将棋解答選手権はオンラインで初級戦・一般戦の問題の公開が行われ多くの解答が集まったようだ。一般戦問題では将棋プロ棋士の宮田七段と藤井七段の問題も提供されていたが、全国の会場で問題提供が出来なかったのは残念だった。将棋は名人戦と叡王戦の開幕が延期となっている。詰将棋、将棋だけでなく全国のイベントも中止が相次ぎ、多くの店が閉まっている。医療機関では患者と医療従事者の人達が戦っている。外を歩く人もまばらだ。全ての人のこれからにコロナが大きな影響を及ぼしている。

強い気持ちを持ってじっとしているのが最善手だ。
その気持ちを表すに相応しい自作の詩をブログバックナンバーに確認したので修正を加え題名を付けてみた。
「名人と竜王」「散歩」だ。
自作の詰将棋の図だけだとブログが持たないので、仕方なく文章を書いていたら出来た詩だ。


「名人と竜王」

名人か竜王でありたい。
免状に署名するのは名人と竜王だ。
会長も署名するが名人と竜王がアイデンティティー称号だ。
棋力を公にするなら目指す段位の免状を取る。
上質な和紙、作家の撰、格調高い書道の筆だ。


「散歩」

どんな道でも大丈夫だ。
詰将棋が作れるぐらいだから問題解決など眠っていても出来る。
歴史が証明している。じっとしているのが一番。
出来ないことにはチャレンジしないことが大事だ。
じゃ、散歩だ。



令和元年度、詰将棋は解答選手権チャンピオンが空位に、将棋は豊島竜王名人、渡辺三冠、折田新プロ

2020-03-29 18:39:47 | 詰将棋解答選手権
「継続は力なり」という諺がある。私も昨年の短編コンクール入選でかろうじて6年連続詰将棋入選を達成出来た。今後も地道に努力を継続していきたいと思う。ブログのほうは、もう少し安定感を増して継続していければと思う。
偉人達に関しては王貞治の13年連続ホームラン王、イチローの日米8年連続首位打者、将棋では大山康晴の13年連続名人、羽生善治の19年連続王座、渡辺明の9年連続竜王、等別次元での継続性をもって歴史が作られている。
詰将棋解答選手権チャンピオン戦も16年連続開催の歴史があるが、今年の3月29日(日)に開催予定だった第17回のチャンピオン戦はコロナウイルスの影響で中止になった。同一会場に多人数が集う解答選手権は、もろにコロナウイルスの影響を受けてしまった。4月11日(土)開催予定の初級戦・一般戦も大会場を中心に複数の会場で中止となっている(最新情報は詰将棋解答選手権速報ブログで。)。まあ昨年まで5連覇の将棋プロ棋士の藤井聡太七段が次回チャンピオン戦でも優勝すれば連覇といえるだろうが、とりあえず今年の詰将棋解答選手権チャンピオンの座は空位というところだ。とても残念だが、このコロナウイルスの蔓延の仕方の中では止むを得ない。そして、コロナウィルスが収束したら、また解答選手権の歴史が展開され連覇や復活、新チャンピオン誕生で盛り上がっていくだろう。

令和元年度の将棋界は
竜王 豊島将之
名人 豊島将之
叡王 永瀬拓矢
王位 木村一基
王座 永瀬拓矢
棋王 渡辺明
王将 渡辺明
棋聖 渡辺明

豊島将之が竜王名人の二大タイトルを制覇している。過去に竜王と名人を同時制覇したのは羽生善治九段、谷川浩司九段、森内俊之九段がいて豊島竜王・名人で4人目の偉業となる。
木村一基王位は最年長での初タイトル奪取だ。渡辺明が三冠、永瀬拓矢が二冠だ。

女流は
里見香奈が四冠、奨励会員の西山朋佳が三冠だ。
西山朋佳は今期、奨励会三段リーグ突破を目指したが次点で及ばず。
来期は順位3位での三段リーグだが果たして女性初の棋士四段となるか。

また、アマチュアで規定の成績を収め棋士編入試験受験資格を満たしていた折田翔吾アマが編入試験3勝1敗でプロ入りした。瀬川晶司六段、今泉健司四段に次ぐアマチュアからのプロ入り3人目となった。瀬川の時はビッグニュースだったが、今回はそれほどと感じない。これは編入試験が一つのルートであることの証か。

春の第78期将棋名人戦では、豊島将之名人にA級順位戦を9戦全勝で勝ち上がってきた渡辺明三冠が挑む。名人対三冠の頂上決戦は4月8・9日(水・木)に「ホテル椿山荘東京」で開幕だ。

<2020年4月7日追記>第17回詰将棋解答選手権については2020年3月29日(日)開催予定だったチャンピオン戦に続いて、4月11日(土)に全国30会場で開催予定だった初級戦・一般戦についても、30会場全て中止の発表がありました。代えて、インターネット経由で初級戦・一般戦の問題の公開と解答募集が行われる模様です。詳細は「詰将棋解答選手権 速報ブログ」でご確認下さい。

 <2020/04/11追記>4月8~9日に第一局を予定していた第78期将棋名人戦七番勝負の開幕延期の発表がありました。また4月12日に第一局を予定していた第5期将棋叡王戦七番勝負の開幕延期も発表されました。

詰将棋鑑賞その10

2020-03-15 22:26:33 | 詰将棋鑑賞
詰将棋鑑賞は、今年で、ようやく10番まで来た。自宅のWindowsも今年、ようやく10になった。
詰将棋解答選手権は昨年までで16回、開催された。しかしコロナウィルスの影響で令和2年のチャンピオン戦は中止になった(詰将棋解答選手権速報ブログより)。初級戦・一般戦は予定通り4月11日(土)に各地の会場で開催予定とのことだが、会場によっては中止を発表しているところもあるので速報ブログでの確認が必要だ。
私は今年は選手権参加予定なので(お手伝いで)、昨年の作品を復習してみることにした。「第16回詰将棋解答選手権 一般戦 第6問目」の妻木貴雄氏作だ。初形21に桂、11に香で盤面9枚の好形。難しい。解けない(結局解けたが。)。うなる好手が連続した後、鮮やかな収束。盤面一枚減らして13手でも十分。この作品は、一般戦の問題の中では群を抜いて正解率が低い難問だった。21の桂と11の香が、十分に働いていて濃厚な実践形だった。


<2020年3月25日追記>第17回詰将棋解答選手権については東京、大阪、横浜の3会場についても初級・一般戦の開催中止が新たに発表されました。最新の情報は「詰将棋解答選手権速報ブログ」にてご確認下さい。

<2020年4月7日追記>第17回詰将棋解答選手権については2020年3月29日(日)開催予定だったチャンピオン戦に続いて、4月11日(土)に全国30会場で開催予定だった初級戦・一般戦についても、30会場全て中止の発表がありました。代えて、インターネット経由で初級戦・一般戦の問題の公開と解答募集が行われる模様です。詳細は「詰将棋解答選手権 速報ブログ」でご確認下さい。

詰将棋第十七番 詰将棋パラダイス平成29年8月号・上級<解説>

2020-01-31 23:51:43 | 詰将棋
<解説>
31角、同玉、42馬、22玉、32馬、12玉、13歩、同玉、14飛、同玉、15香、24玉、33馬迄13手。

これは忘れた頃にポツンと高等学校コーナーに載った。週刊将棋の将棋段位認定問題を解くのが好きだった私にとって、自身の詰将棋が詰将棋パラダイスの詰将棋段位認定問題にあたる「詰将棋学校」に載ったことは光栄だった。

久しぶりに眺めると何で12に歩があるんだと一瞬思ってしまうが、これは初手33角以下を不詰にするためであることを思い出す。何をテーマにして作ったかは覚えていないが、32馬が自信の手だった。何度か逆王手を食らってから正解手順に辿り着いてもらえたら有難い。

私はダイレクトに投稿することをモットーにしているが、例外的に他の方(編集部除く)に余詰チェックをしてもらって投稿前修正したことがあり、それは第十番とこの第十七番である。将棋世界段位コース高段位に名を連ね詰将棋解答二段にあたる成績を出したことのある友人に予告入選ばりに、かっこつけて見せたのだが、「飛先飛香」と評価してくれた上で余詰を指摘され16に銀を置くことになった。でも、その銀は逆王手を見ているし香を限定打にしているし悪くない。高等学校に入選した際、その友人にお礼を言おうとしたら引っ越したせいか全く連絡がつかないし携帯番号も変わったようだ。んー。さらに、私が詰パラを紹介した、その人は今では解答から引退している模様だ。あー。もし、このブログを見ているなら、tsumeshouginogairojyu@yahoo.co.jpに連絡してくれ。そして解答復活や解答選手権参加の雄姿を見たい。

とにもかくにも、おかげで入選したよ。ありがとう。
2手目桂合で不詰と断じた図が将棋世界初入選作(第九番)となってしまったのは申し訳なかったけどね。
俺は、このブログが百番に到達したら(未発表交え何とか老齢年金までには)、解答・解説に専念することが目標なんだ。

(詰パラ入選8回。平成26年作。)