小さな旅、大きな旅の写真物語(Virtual trips/travels)

京都や東京を本拠地として、自然の中や町を歩きながら、撮った写真をどんどん掲載します。いっしょに歩いているように。

自然教育園日記 その227 自然教育園の雪景色

2022-01-14 20:46:51 | 写真日記
自然教育園日記 その227 自然教育園の雪景色
2022-1-6
今日の雪は結構な勢いです。自然教育園の雪景色をタイミングよく撮影することは大変難しいのです。当方に用事があったり、休園日だったり。最近は雪が降る事自体が珍しく、雪景色は半日くらいしかもちませんから。今日は午前中から園の雪景色撮影に挑戦します。
どういう機材が適当か、よくわかりません。どこをどう撮ったらいいかこれもよくわかりません。
Fujifilm GFX100S に Fujifilm GF110mmとFujifilm GF45mm を選択しました。その結果、2つの感想があります。① 機材の選択が難しい時はズームレンズが頼りになる。ズームレンズ嫌いもいい加減にしないといけない。これとは全く相反するのですが ② 高画素のFujifilm GFX100SにGFレンズを使えばトリミング拡大で非常に広い範囲の写角をカバーできる。②はあくまでブログレベルの話で、全紙印刷ということになるとやはりズームに意味がある。


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF110mm


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF110mm


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF45mm


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF45mm


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF45mm


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF45mm


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF45mm

このイモリの沼にコサギがいたのです。これに気づかずに飛び上がってからGF45mmで撮影。なんとかトリミング拡大でブログ用写真を作りました。45mmで良くここまで拡大できるものだと感心すると同時に、ズームだったらもっと良く対応できたに違いないと思うのです。


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF45mm


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF45mm


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF45mm


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF45mm


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF45mm


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF45mm


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF110mm


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF110mm

雪の中のイイギリの実の赤は魅力的でしょ。


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF110mm


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF110mm

いましたよ、この雪の中でもヒヨドリはイイギリの実を食べてます。


Fujifilm GFX100S + Fujifilm GF110mm


2022-1-7

次の日は晴天。朝から園の雪景色を撮影。まずはFujifilm GFX50R + Fujifilm GF50mmの実力チェック。


Fujifilm GFX50R + Fujifilm GF50mm

木の枝からバサバサ雪が落ちます。


Fujifilm GFX50R + Fujifilm GF50mm


Fujifilm GFX50R + Fujifilm GF50mm


Fujifilm GFX50R + Fujifilm GF50mm

水生植物園は珍しい雪景色。


Fujifilm X-T3 + Fujifilm XF70-300mm

雪でも結構鳥が活動するので、Fujifilm X-T3 + Fujifilm XF70-300mmを持ち出します。


Fujifilm X-T3 + Fujifilm XF70-300mm

ヒョウタン池では何故かカルガモやマガモが大はしゃぎ。バシャバシャ暴れまわります。


Fujifilm X-T3 + Fujifilm XF70-300mm


Fujifilm X-T3 + Fujifilm XF70-300mm

この日と、この後の園の撮影から、分かりましたよ。静止画のFujifilm GFX100S と動き物のFujifilm X-T3 + Fujifilm XF70-300mmで分業してきましたが、Fujifilm GFX100S に対してFujifilm X-T3 + Fujifilm XF70-300mmの画質の差が大きすぎる。ようするに、画質が自分の持つクオリティー基準をクレア―できないと、撮ること自体に意味を見出せなくなる。これが最近の鳥撮影に興味を失う最大の原因に違いない。新しい機材を買う金をどう生み出すか??

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ対策 2022-1-8

2022-01-08 12:02:51 | 日記
コロナ対策 2022-1-8

これまでの情報を整理します。
1,オミクロン株は南アフリカで発生し、オミクロン株は南アフリカでは急拡大したが急激に減少した。
2,オミクロン株は感染スピードが速いが症状は軽い。肺炎になる確率が低い。

これからどうなるか、これからどうしたらいいか?

当方の仮説
1、オミクロン株は肺まで入らずに喉を感染の主戦場とすることで、ワクチンが誘導する液性免疫に抵抗性を得た。感染から短期間に発症し(喉でウイルスが大きく数を増やし)、しかし、その後誘導される細胞性免疫には抵抗性が高くない。よって、早く他人に伝染するが、大元のウイルスは早めに死滅する。
2,たまたま南アフリカでオミクロン株は発生したが、それが顕在化したのはワクチン接種が進んだアメリカやヨーロッパであった。南アフリカではオミクロン株の感染速度が速いために一時的に拡大したが、オミクロン株は細胞性免疫に弱く長生きしないので、ワクチン接種率が低い南アフリカでは他の新型コロナウイルスにはかなわず消滅する。咽頭は常に外敵にさらされる為に免疫の立ち上がりが肺より早いとすると説明がつく。
3,つまりウイルス変異の方向性はワクチンが握っている。ワクチンに対抗するためにウイルスは肺入り込む手数を省いて感染速度を増大させることにより、どんどん感染速度をはやめることで生き残る方向を選択した。

ではどう対抗するか?
1,このウイルスの方向は人にとって具合がいい。感染速度は速くてもかまわない、症状が軽くなる方向は歓迎である。つまりもっともっとワクチンを打つことがこの方を助長する。
次なる変異はさらに症状が軽くなり、飲み薬が浸透すれば新型コロナはインフルエンザなみのウイルスになる。
2,ワクチンをもっと打たねばならない。3回目の接種ばかりでなく、2回目までの接種率も9割を超えるまでやり続ける必要がある。なぜなら、低年齢の人がワクチンを打たないとウイルス変異の逃げ道がどんどん低年齢に向かう。小さい子供が狙われる。
3,しかしながら、ウイルスの変異の方向は全ての方向に向かう可能性がある。オミクロン株と正反対に人により深く入り込むウイルスが生まれてもおかしくない。さらに重症なウイルスである。つまり飲み薬耐性株ということだ。感染後すぐに飲まなければなければならない飲み薬に対抗するには、すぐに症状を出さずに深く潜航し、突然重症になればいい。症状が出ないときでもウイルスを放出して感染者をどんどん増やしてゆけばウイルスは生き残れる。これに対抗するにはワクチンの作り方を変えるしかない。これは可能である。
4,人間の科学は対抗手段を得た。しかし早く終息させるためには、一気にウイルスをつぶしにかかる必要があるのだ。岸田政権になって先手先手となったと言われており、それを否定するつもりはないが、問題はそのバックにいる専門家集団である。
専門家集団が先手先手でない。大胆に仮説をだし、即対策を実行し、間違っていたら即修正する。このサイクルがコロナの速い終息には必要である。感染症の専門家はどうも大胆な仮説を出す訓練が出来ていない。科学者・研究者というよりは政治家であり、失敗を恐れる出世指向の集団の傾向が強い。

5、日本人全体が仮説、実行(検証)、結果解析、修正のサイクルに慣れていない。よって岸田政権も失敗できない。失敗すると参院選が窮地に追い込まれる。出世指向の専門家集団と、失敗できない岸田政権は協調して<古い対策>を先手先手といって行っていることになる。

6,当方はウイルスの変異の方向を2つの仮説として提示した。このように専門家集団はいくつかのシナリオを予測し、政府はその予測に対して行動計画を立てておく、出来ることは準備しておく必要がある。現実に起こって事に対してはすでに立てている行動計画に従って素早く動く。状況が変われば素早く立てておいた別の行動計画にシフトする。このためにはいくつかの<予測>を立てておかねばならない。それは製薬会社なら海外の情報や専門家の意見を集めて常にやっていることである。政府は頭の古い感染症専門家ばかりを集めずに、民間を含め広く情報をあつめる戦略チームを結成するべきだ。
為政者の中にはやたらと新しい事ばかりに入れ込む人がいるが、実際の行動自体は慎重でよい。先見性と現実性のバランスが重要である。しかし、先見性がなければバランスもあったものじゃない。起きてから追っかけるばかりだ。

7,日本人全体が仮説、実行(検証)、結果解析、修正のサイクルに慣れていないのが現状では、予測に向かって先に手を打つことが出来ない。間違えると袋叩きにあい政治が混乱してしまう。現状ではカードは用意しておき、現実に合わせて即、適切なカードを切ってゆくのがベストだ。これを先手というしかない。

8,では結局は、我々はどうするか。現状の日本人の性癖では、結論は毎日newsショウで言われているように、マスクをして、1密をさけ、飲食を自制するしかない。加えるにワクチン接種の推進を大声で叫ぶしかない。

9,予測にたいして本当の先手を打つには、日本人全体が仮説、実行(検証)、結果解析、修正のサイクルに慣させるしかない。 そのためには、政府は少なくとも先見性に基づいた準備を先走らないぎりぎりまで積み重ね、カードの即出しを重ね、仮説、実行(検証)、結果解析、修正のサイクルの成功経験を日本人全体に浸透させてゆくしかない。これはコロナ対策に限らず、日本再生の最も重要なポイントなのである。


話は違うが、だいたい、ワクチンパスポートで実証実験するといった実験はどうなったのだ。オミクロンだから状況は違うといってうやむやにするのではなく、やった実験ははっきりと結果をオープンにするのが当然だ。その情報をもとにオミクロン対策を考えるのである。マスコミも日本人全体の性癖に合わせるしかないのでしょうがないが、先見性をもって、常にぎりぎりまでカードを用意しておく姿勢が必要だ。マスコミも先見性と<仮説、実行(検証)、結果解析、修正のサイクル>に慣れることが必要なのだ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

正月の風景2022 ~Fujifilm GFX50R+GF50mmを追う~

2022-01-07 21:39:49 | 写真日記
正月の風景2022 ~Fujifilm GFX50R+GF50mmを追う~
2022-1-2
人出の少なそうな所を狙って天王洲アイルに行く。都バスで15分も乗ればいいのでラクチンである。
今年はLifeSeq㈱の収入は見込めないので、新規カメラ機材の導入もままならない。売って買うしかしょうがないので、あまり使わない機材を手放すかを決めなければならない。
Fujifilm GFX50Rは予想とは異なって、あまり出番が無い。理由はFujifilm GFX100Sより軽くないから。
チマタではFujifilm GFX50Rの後続は無いという噂が立っているが、当方だったら、中判カメラで徹底的に軽くしたFujifilm GFX50RIIを出す。攻めの富士フィルムなら同じ考えだろう。Fujifilm GFX50Rの後続の噂が無いのは、軽量化に苦戦していると推測する。Fujifilm GFX50SIIで徹底的に軽くしてしまったから、それ以上軽くするのは容易でない。軽量化できなければFujifilm GFX50RIIの意味は無いのだから。

とにかく、Fujifilm GFX50Rをまだ持っているかを決めなくては。正月からFujifilm GFX50R+GF50mmを追う。


以下天王洲アイル。全くの無修正JPEG撮って出しの絵を載せる。





ライドのコタツテラスに入ってみる(ライドしか開いてなかった)。


入った時は空いていたが、次第に満席になった。


コタツテラスでイタリアンを食べる。ちゃんとしたイタリアンで結構でした。


結論としてライドはいいセンスでいい所だ。






室内以外に、コタツテラスはむろん、暖房つきバーベキューもあるし、個室バルーンもある。


Fujifilm GFX50R+GF50mmでも水面を切り出すことが出来た。これはこの機材の点数を大きく上げた。


2022-1-7
昨日の雪は結構つもった。Fujifilm GFX50R+GF50mmで自然教育園の雪景色を追う。


風で木から落ちる雪


水面に落ちる雪


今のところFujifilm GFX50R+GF50mmは善戦している。このままのスペックでいいから、小型化、軽量化が進めば十分商売になる。他のミラーレスとも共存できる。当方は無論買う。フジフィルムさん頑張ってください。

自然教育園の雪景色はまた後程アップします。ご期待ください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

年賀 2022-1-1

2022-01-01 17:55:10 | 日記
年賀 2022-1-1

明けましておめでとうございます。



今年の年賀状はシンプル。

今年はここに書いてあるように2つを追いかける事になりそうです。
今年の公募展用の陶絵画のアイデアは昨年末にずっと考えて、大体腹は決まりました。あとは技術的に思い通りの結果が得られるかが勝負の分かれ道。昨年末から年始にかけて陶絵画一本で動いています。昨年末にブログに書いたように、波の表現がその中心にあります。

トランスクリプトーム解析の自動化は昨年末にこれもいろいろ考えて、大体アイデアは決まりました。これは誰と組むかが勝負の分かれ道。昨年末から動き始めました。LifeSeq㈱は誰かに譲るつもりです。トランスクリプトーム解析の自動化を達成してLifeSeq㈱を運営してみる気のある方はご連絡ください。本気です。

陶絵画、トランスクリプトーム解析いずれも世間的にはなじみの薄い分野でしょう。<アリの一穴から世界を動かす>などと大それた考えはもっていません。心の声に従って淡々とやるだけです。

本年もよろしくお願い申し上げます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

波の表現 2021

2021-12-31 17:29:56 | 写真日記
波の表現 2021




この広い海には無限の波パターンが続いている。波パターンは絶え間なく形を変え続ける。


その一つ一つは素晴らしく魅力的。これが無数に続き、無限に変化し続ける。気の遠くなるような壮大さだ。








































































2021-11-25 城ヶ島にて  Fujifilm GFX100S +Fujifilm GF110mm

この波を陶絵画にどう表現するかの戦いが待っている。

では皆さん良いお年をお迎えください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする