中国の極悪行動を忘れない

日々繰り返される中国の極悪行動を記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シー・シェパードが異臭放つ薬品ボール 調査捕鯨妨害、失明レーザーも

2010年01月11日 | Weblog
水産庁は8日、米環境団体「シー・シェパード」のアディ・ギル号などが南極海で、日本の調査捕鯨団の母船「日新丸」に対して、異臭のする薬品が入ったボールのようなものを発射したり、目に当たると失明の恐れがあるとされるレーザー光線を照射するなどの妨害行為を行ったと発表した。

水産庁によると、6日午前3時ごろ、同団体のボブ・バーカー号が現れ日新丸を追跡。その後、接近してきたアディ号が約2時間にわたって、薬品入りのボールを発射装置を使って発射したほか、レーザー光線の照射、ロープの投げ入れなどの妨害を行った。

薬品入りボールは日新丸の船体に接触したが、船体に損傷はなく乗組員にけがはないという。日新丸はアディ号が接近してくるのを防ぐため、放水を行うなどして警告を続けた。

昨年11月に日本を出港した今回の捕鯨団がシー・シェパードの妨害行為を受けるのは4回目。ボブ号は今回初めて確認され、水産庁が調査している。

南極海で日本の調査捕鯨団の監視船、第2昭南丸と米環境保護団体シー・シェパードの抗議船アディ・ギル号が衝突した問題で、シー・シェパードは8日、「海賊行為」の疑いで、第2昭南丸の乗組員をオランダ司法当局に告訴した。

オランダのメディアによると、シー・シェパードの弁護士はオランダで告訴した理由として、ギル号にオランダ人が乗っていたことや、シー・シェパードの母船スティーブ・アーウィン号がオランダ船籍であることを挙げ「オランダには昭南丸の乗組員を裁く権利がある」と主張している。


(産経新聞より引用)

こいつらも日本をなめているのか。傲りあがるのもいい加減にしろ
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
« ソウルからヨボセヨ “品格な... | トップ | 政治社会人..「朝日新聞が世... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事