スピリチュアルな体験談

自分で体験した事を書いていきます。不思議な出来事など。
軽口だけれど自然に対しては敬虔な気持ちでいます。

前世の関係者(忍者編③

2010年09月11日 | スピリチュアル
自分がクノイチであった頃。
(18禁)
女性は女性としての武器を使う仕事に就かされることがあった。
そして私もその一人だった。

忍者の村は集団で助け合いの世界なので 技術を持つものが仕事で稼ぎ、
それをサポートするものたちもそこから生活を成り立っている小さい世界。
だからこそ、信頼や裏切りに対する厳格なルールが存在した。
しかも 忠義、忠誠心を子供の頃から刷り込まれるので一種洗脳のような状態。
アメとムチで出来ているコミュニティーであった。

私は飯屋を営んでいつつ、世間との接触を続けていたところ
カブキ者と出会い、
お互いに@理解されにくい変わり者という共通点から親密になっていた。

しかし、私は正体を明かすことができない。彼には はぐらかすこと、
仕事となれば 沢山の男性の元に行かなければ行けないこと。
それを理解してもらえるわけも無く、カブキ者は不信感だけが募っていった。
オトコの間をフラフラしている女。そういうイメージ。

どうして 自分だけを見てくれないのだ?との彼の心の叫びも
抜けるわけにはいかない掟の前にはどうすることもできなかった。

嘘を重ね、カブキ者を傷つける事もあった。
幼馴染は同じ村なのでそのあたりの事情も
やり方も全て把握しているので 納得はできずとも それが仕事だということは
理解してくれていた。

今世、カブキ者には「絶対に誠実にしなくてはいけない」との命により
デリケートに扱ったつもりであったのだけれど、
やはり、「前世から引きずる傷」を ぶり返して私への不信感が再びよみがえってきて

「愛してるけれど、辛すぎる」との言葉。「でも一生忘れられない」と
激しく反応され、私はそれには応じられないということで 終了。

これは今世だけで起きた問題から発している彼の言葉ではなく、
私との過去からの関係性での上の 恨みつらみ、納得できなかった気持ちが全て
凝縮されて 彼自身なんでこんなに嫌なのか理解できないほど反応が強くでてしまっている
と わかった。

私も当時カブキ者と一緒にいたかった。でも仕事で関わらなければ生きていけない事が
多すぎて、それも彼には正直に伝える事すらできなかった。
彼は私を ビッチだと思ったまま 終焉を迎える。

幼馴染とは仕事上のパートナーとして沢山の仕事をこなした。
しかし村では 忍同士の結婚は許されていなかった。

家族を持つと 弱みができるから。

男性の忍は 飯炊き女を相手にすることは許されている。
もしそこで子供ができたときには村全体で育てる事になっていた。
しかし、忍同士では夫婦になれない。
飯炊き女と クノイチも 役割が違うのでそれぞれの生き方が違う。
もし自分が飯炊き女だったら。。。と何度も悩んだことがあったが
幼馴染との阿吽の呼吸でのパートナーに替えられる充実感とは違っていた。

いくらお互いに認め合っていたとしても 一緒になることは出来ない。
お互いに大切なヒトと思いあっても、
男女としての関係を築くことはできなかった。


仕方が無い。カブキ者にそれを理解してともいえない。。。実際は事情があったとしても。

今世では当時の女性を使い仕事をすることに対しての嫌悪感から 自立できる仕事を
選んできた。辱めを受けずに 生きていけるように。そして 叶えてもらえている。
前世ではその技術を使って 花魁のような事もしていた事もあった。
しかし、やはり そこでも開き直れなかった自分がいるのに
生きていくために無理やり納得し続けていた。魂の記憶に刻まれている。

子供の頃は 女性として振舞うことへの嫌悪感から トイボーイと呼ばれるくらい
男の子っぽい格好やら性的なことを感じさせないような髪型など
自分自身でも 女性性と男性性のバランスが取れていなかった。
30を越して、元夫と出会い、女性として生きていいんだと強く感じたときから
その呪縛はすこしづつ回復している。


起承転結。

前世で 起承が起きている状態で解決していなかったものが、
今世で 転結している。

以前は私も「どうしてこうジャッジメントのような審判ばかり、物語の最後ばかり
経験させられるのだろう」と 悩んでいた。

しかし、そうではなく、以前に自分が作ったストーリーの最終章をみているだけなんだと
言うことがわかり、
前世を見ることが出来るというのも、忘れ去ってしまっている 起承の部分を
ダイジェストで見て理解させてもらっているのだという
あちら側の配慮が あったのだと 納得した。

私は現世で関わった人たちにどんな仕打ちをされても
100%の怒りや恨みなどを持つことができない。
皆 事情がある。いくら激しく非難されたとして、見えない部分では
その原因は自分にあるかもしれないからだ。

ただ、接触を断つ。それだけ。それ以上のことをもしされたとなれば
一転 とことん 受けて立つが、そこまでの根性を見せるヒトも殆ど居ない。

幼馴染との前世の出来事も 詳細がわかり、
人間の 心の闇のようなもの、そういうものが 思わぬ行動や不信感に繋がるのだと
思い知らされた エピソード。

いつか 気が向いたら。。。

赤いはなおのゲタに 現世のカブキ者が 衝撃を受けて「この子だ」と思ったと言った時
昔の自分の姿が  重なった。
コメント   この記事についてブログを書く
« 人生の手綱 | トップ | 前世の関係者(忍者編④ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スピリチュアル」カテゴリの最新記事