スピリチュアルな体験談

自分で体験した事を書いていきます。不思議な出来事など。
軽口だけれど自然に対しては敬虔な気持ちでいます。

おしまい。

2009年12月23日 | インチョの酒
おわり。
コメント (5)

へ~

2009年12月20日 | インチョの酒
うちのワンコが

おなかがすくと 自分の好きなエサの空き袋をくわえてくる。

好きなエサと嫌いなエサを混ぜておいても
嫌いなエサだけ「プッ」と吐き出しよりわける。周囲に散乱。

大好きなおやつのありかを知っている。欲しいとその前からテコでも動かない。

おやつのササミジャーキーをもらうと、一目散に私の前から隠そうとする。

コーラをなめさせるとシュワシュワに「ウェ~」と舌を出す。でも、またなめる。

水が無いと 水入れをくわえてくるか、こちらが気づかないとカシャカシャしたり
水飲みの飲み口のボールペンのようになっている玉をわざと大きな音で
カチャカチャする。

ほしいものがあると、目でそのものとこちらを交互に見て
「キューン」と鳴く。

納得いかないと くちをまげてへそ曲げる。

こちらに叱られると、人形を持ってきてご機嫌取りをする。

人間みたい。

テレビで動物がでてきて 鳴き声が聞こえると
ウ= シャッシャッっと威嚇するので
「テレビの中に動物いないよ」と何回言ってもわからないようなので

やっぱり いぬだ。
コメント

2009年12月19日 | スピリチュアル
道を歩いていると、
未来の高速道路のように右と左に大きくカーブした
新幹線の様な乗り物の道が上空にあった。

東北方面と、関西方面に行くんだねと誰かが説明してくれた。

暇なので、関西方面への列車に一駅分乗ってみようとチケットを買い
電車のようなボックス席に座ると、周囲は中年から老人ばかりの
お座敷列車のような感じになっていた。

酒を酌み交わしながら楽しげに列車は出発。

ふと見ると、隣に ニコニコしたおじいさんが居たのだけれど
ずっと私の右手をつないでいるので、少し不愉快になり
「友達にも触らせないのに。ずっと握ってるのは嫌だ」と振り払った。

周囲の老人たちも、「セクハラだ」とかなんとか言ってたが
酔っ払っているので たいしたことにはならなかった。

窓の外を見ると、一駅と思っていたら結構すぎていて、
「次は 子宝」というので 観てみると
参道のような賑わいが楽しそう。

赤ちゃんのガラガラや昔のおもちゃやさんのような店がたくさんあり、
面白そうなので 降りることにした。

駅の改札は 昔の国鉄時代のような木で出来ているカウンターで
中に中年の駅員さんが居る。

何故か 何枚か綴りのチケットを持っていて、
駅員さんに差し出すと  2枚ちぎって、それ以外を
木の棒でくるくる巻いて返してくれた。

別の駅員さんがやってきて、ふたりで東北弁のような言葉で話ししていた。
何言っているか よくわからないw。

「前に来た中年のオバチャンにねじこまれたけど、あれは無理だったな」
@そうだな。あれは無理だったな@ と
クレームをつけたオバチャンのことについて話をしているようだった。

そこで目が覚めた。

記録として残しておく。
コメント

準備

2009年12月19日 | スピリチュアル
リュックに
水と、消毒関係、麻酔のカートリッジなどの簡易救急セット、
ビスケットやビタミン剤 缶詰 刃物セット、
犬のえさ タオルなど

避難セット作りました。

何かあったときのために。
ないのを祈りつつ。
コメント

地震

2009年12月19日 | スピリチュアル
地震多いですね;;;;

11月初めの頃に行かされた
香取神宮と鹿島神宮。 両方とも 日本の地震を起こす大なまずの頭と尻尾を
抑えているという要石というものが祭ってあって、

これは、地震がらみで何かくるのかな。と思っていたところ、

ここのところの地震のオンパレード。大安売り。

変な 妙にくっきりとした夢ばかりみるし。

とある神宮のお札(というのかな。木の札)を観ていたところ、
白いから、神格化されたくらいの存在なのだけれど、
目がつりあがって、威嚇する色を発していた。

ものすごく怒っている目つきと色。

紫式部とかの時代くらいの古い女性が出てきていて、

この人がかなりプライドが高いというか、高慢で
周囲の女性(同じく十二単を着ているような人)を攻撃しまくり。
いじめてる。

そして、特に二人の女性に対して、
一人は「姿かたちだけで頭の良くない女。」とバカにし、
一人は「顔も頭もいいけど、小憎らしい女」と敵意むき出し。

頭がいいほうの女性とはライバルとなってそれなりに仲良くしたらしいのだけれど
姿かたちだけの女性へは、容赦ない攻撃で ドロップアウトさせていた。

げにおそろしきはおんなの癪なり。

その人がギローンと札についていたので

「あなたは姿かたちも頭も良い人なのに、なんでそんなに意地悪するの?」と
問いかけてみた。
やはり 寂しい状態だったらしく、さめざめ泣いていた。
宮中の戦いに神経すり減らしていたと。

ふ~ん。。そうか。。。

このお札。どうしようかな。


そして、そのお札をしげしげみていると、別の存在から
「寺とか神社とかさ、それ以上でもそれ以下でもないよ。必要以上に
神格化するなよ」と言われた。

天と地と、サンドイッチになるような感じで神社仏閣の存在があると。
それは時に 天と地を分けてしまうものになるって感じ。

気分が下がっているときには アゲるために使ってもいいけど
それ以上でもそれ以下でもないよ~ってことを重々に。

所詮人間の作り出したものなんだよね。こういうのって。








コメント

けいさつけん きなこ

2009年12月19日 | リスペクト
けいさつけん きなこ。

癒し系で、いいじゃん。もう♪

http://www.marugamedog.com/kinakonews/profile.gif
http://www.marugamedog.com/kinakonews/profile_anime.gif

かわいすぎ。
コメント

今日

2009年12月15日 | 憂国
どうなるのだろう。

どうなるのかな。

手つけちゃいけないところに手出した。

としか、聞こえない。
コメント (2)

2009年12月13日 | スピリチュアル
土曜日の朝、
ワイドスクリーンで見るようなはっきりとした画像つきの夢をみた。

巨大な屋外テントのような場所にオクトーバーフェストの様に
テーブルと椅子が並び、たくさんの人々が黙々と食事をしていた。
テントの中央には通路がまっすぐに伸びて、
右と左に分かれていた。

左には日本人の団体。右には外国の団体。

通路のところでは少し交流があるものの、友好的ではない雰囲気をかもしだしていた。

そのテントから外に出ると、広大な校庭のような広場があり、
ちらほらと人がいるだけ。

空を見ると 上に口をあけているらせん状の白い雲が沢山発生し、
「珍しい雲だね」と話をしていると、
地平線の彼方から 竜巻がこちらへ向かってきた。
何本も、何本も。

それをよけつつ、建物に避難すると、

海の崖っぷちに建つ、大きなホテルの様な建物に変わった。
大きな窓ガラスはオーシャンビューで真正面に海原が広がっている。
そのフロアには診療所や、ボトルに入った水が置いてあり、
ひとつの建物に、小さい生活に必要な施設が沢山入っているような場所だった。
まるで街があるような。コンクリートとガラスの建物は
近代的でありつつも冷たい感じのするものだった。

つなぎ目のない大きなガラスの窓から海を眺めていると
またしても正面から大きな竜巻が水平線から2~3本やってきた。
こちらに向かってくる。 海鳥たちも一斉に逃げ惑っていた。

そして海鳥とともに竜巻が建物に直撃。
「ガラスが割れる!」と思った瞬間、 ガラスは割れず、
建物自体が土台から前のめりに海に落ちていった。

「強化、耐圧ガラスだから」と誰かが言った。

とりあえず浸水は無いようなので、近くにあった水のボトルを数本空にし、
近くにいた子供たちに リュックを背負わせ、中にボトルを入れた。
浮き輪代わりと、いざというときの空気(吸えるかは謎)

海にしずんでいく建物の内部では
すでに 荒れる人たちが悪さをし始め、
盗み、暴力、素行の悪さの限りをつくしていた。

そこと隔離するかのように、ゲートが出来て、
そのゲートでは虹彩による認証のICチップのようなものの登録作業をしていた。
長い列を行くと、黒人の女性が 空港の入国審査のように
「ここ見て」と言って 小さなカメラのようなレンズを向けた。
光があたり、登録終了・

ゲートを通ると さっきの場所よりは平和な感じの街になっていた。
そこでは 変わった形の水晶が沢山陳列されていて、
値札のようなものがついていたのだけれど、
変わった字だったので、読むことはできなかった。


ものすごくはっきりとした夢だったので、
起きた直後でも絵に描けるほどだった。

暗に何かを説明していたようなのだけれど、
あのような事態にならないように 祈る。






コメント

健さん

2009年12月04日 | リスペクト
大林宣彦監督のハウスを再発見してから
昭和邦画の引き出しが ボコボコ開き始めました。

幸せの黄色いハンカチ の  健さん。
カワユスギ。

賠償さんに、「おくさんですか?」「いいえ」「失礼しました」のくだり。
ギュっとします。

昔の彼が、九州男児で
「お客さんからもらった。」って 健さんの写真集見てました。

こういうストイックな感じの俳優さんて
これから出てくるのでしょうか・・
コメント

いただきもの

2009年12月03日 | インチョの酒
患者さんから

中華くらげ 1kg と ふぐ焼き。いただきました!

前菜でのちょこりんとした中華くらげはたのみますが、
1kgはさすがに 迫力ありましたWW

「きゅうりと和えて食べると美味しいのよ~」と。

ダイエットにもなるし。

飲め!といわんばかりの アテ。

いや~・ ありがとうございます!!
うれしいっす!
コメント

ナンバーズ4

2009年12月03日 | インチョの酒
今日 遊びで 観てナンバーズ4買ってみました。

3148

結果としてははずれですが

見えた数字は間違えていなかった模様。

く~。 うまくはいかないもんです。
コメント

刑事物語

2009年12月03日 | リスペクト
昭和映画つながりで。

武田鉄矢「刑事物語」
http://www.youtube.com/watch?v=OnEP0mZOJRs&feature=related

この頃の邦画って、笑いあり涙ありで俗っぽくて大好き。
人間の日常を切り取ってる感じ。

ハンガーヌンチャクとか、ハイヤー!って掛け声。
主題歌「唇をかみしめて」は 携帯にダウンロードして持ってます。
http://www.youtube.com/watch?v=qMpdaZiYUW8&feature=related

TVで再放送すればいいのに。
こういう映画を見て、
ままならない事とか、人の気持ちとか、
言葉で教えるんじゃなくて  キュっと体感させてくれるような映画を見ると
もちっと やさしくなれそうな気がします。
コメント

トラック野郎

2009年12月03日 | リスペクト
昭和うまれなもので。

一番最初に買ったレコードは ひげダンス。
本気で覚えた歌は

「一番星ブルース」
http://www.youtube.com/watch?v=RefD3ORFXjM&feature=related

片平なぎさ(通称 手袋ギー)さんがマドンナで、
鉄砲水で流された。

あっという間に。

小学生の頃 親戚一同で正月に法師温泉に泊まりにいった時、
TVで「トラック野郎」が 始まり、
とっくみあいのバトルをしていたいとこ6人が
一斉に釘付け。

帰りの車では 「おとこの たびは~」と 大合唱。
みんな プチ桃さんでした。

そして 桃さんといいところまで行ったのに

鉄砲水でながされた なぎさ。

それ以来、鉄砲水はこわいものランキング上位です。

おばけやゆうれいは怖くないけど、
生きている人間と鉄砲水はこわいです。
コメント

あべ静江

2009年12月03日 | インチョの酒
あれは
思えば遠くへきたもんだ。(武田鉄矢)のマドンナ先生。だったかな。

ほとんどの記憶がうるおぼえで、しかもその後検証していなかったので
テキトウですが、

この頃のマドンナ先生って言ったらあべ静江さん。一位決定。

途中 なんだか 丸くなっていって、富士真奈美とわからなくなったのもご愛嬌。
ダイエットに成功され、またお綺麗になっていったのは凄いと思いました。

人の透明感ってどこでどうやってついたり消えたりするのだろう。
コメント

脂肪ようかい注射

2009年12月03日 | インチョの酒
何故か タイトルの溶解が ”溶ロ” になってしまうのでひらがなで。

溶解注射をして4日目。

今日の様子では前回の10日目あたりの腫れ具合。腫れが引いている。
日に日に小さくなっていくのがわかります。

1回目の時は 心配になるくらい腫れて、しかも引きが遅く
2週間くらいしたらやっとマスクをはずしても大丈夫かな?程度でしたが
4日目で 「マスクしなくてもいいかな?」と思うレベル。

目が慣れたのか、2回目の注射では2日目がピークで
今はだいぶ引いています。

触ると頬が硬くなっている部分はありますが、
やさしくほぐす様にマッサージをしています。

気になっていた顎下を重点的に打ってもらったのですが
初日 見事なくらいに二重顎。
今日は ほとんど顎下の膨らみは正面から目立たず
横顔のオトガイ下のあたりは術前よりもすっきりしてきました。

2回目は腫れが少ないというのは本当だったみたい。

1ヶ月後が楽しみです。
コメント