ハワイ旅行記ブログ 行燈徒然日記

雑多に色々と・・・ 読んでもつまらんよ!


映画・オーシャンズを観てまいりました

2010-02-11 21:23:35 | 環境問題
映画・オーシャンズを観てまいりました。
いやぁ~海洋生物達の活き々々した生態が見事に描かれておりました。
まさに残酷で美しい海の命のドキュメンタリーでした。
不思議に思ったのは、荒波を飛ぶように進むイルカの群れ等、決して
画面のを揺らすことなく見事に撮影している映像の数々、う~ん素晴
らしい。

これは映画のためだけに用意された特殊な撮影機材のなせる業でした。
そしてなにより選りすぐりの水中カメラマンたちによる、ビューテフォ
ーな映像に引き込まれずにはいられません。さらに誇りに感じたのは、
映画を支えた水中カメラマンの一人が日本人だと知った事です。
しかし、海に暮らす生物達の体は、生きるため実に無駄なく創られて
おりました。そう言う意味では、やたら道具に頼る私達の方が生物と
して劣っているのではと、考えさせられましたね。まさに神が創造しえ
た究極の姿なのだなぁ~、なんて思ってしまう訳ですよ。

さらに映画は危機に瀕する世界の海や、人間のエゴによりヒレだけを切
断され海に捨てられるサメなど、大自然が人の手により急速に破壊され
る様も描き出しておりました。今まさに人類の一人々々が手をとり合い
、失われた地球環境を復元して行こうと言う、強いメッセージも含まれ
ているのです。しかしそうは言っても心無く愚かな人間は、今後も自然
破壊を続けて行くのだろうなと、反面思ってしまう悲しい自分がおりま
した。地球が誕生して46億年、これまでも様々な環境危機で自然のねじ
れが起きてきました。しかしその度にこの惑星のリセット機能が働き、
見事に復元してきたのです。だからいよいよとなれば、地球は自らの
自助作用により必ずや復元すると思います。ただしその時、我々人類は
地上から姿を消している事でしょうね。(悲)などと考えさせれる映画
でもありました。でも総体的には美しい海の大自然と驚異的な生物の営
みを、しっかり描いてある素晴らしい作品です。お勧めですよ~♪
コメント (2)

1988年のワイキキビーチ

2009-12-08 18:52:35 | 環境問題


1988年のワイキキビーチの写真す。古いアルバムから出てきました。
やぁ懐かしいですねぇ~♪しかし、この頃は今と違ってビーチにベンチ
やテーブルも設置されていたのですね、て言うか随分ビーチが広いですよね。

実は驚く事にワイキキビーチは毎年約30センチずつ狭くなってきている
そうです。某スジの見解では、「海岸の開発」が狭くなったの原因との
事です。ホントですかね(疑惑)なんでも海岸線の防波堤や、ビーチに
ある施設などを建設した際に砂が失われていったとの説明なのです。
でもなんか変でしょ!だって施設建設など殆ど無いカイルアビーチで
も最近どんどん砂浜が狭くなっているのです。私は「地球温暖化」による
海水面上昇が最も大きな原因だと思うのですがね。
某スジの見解は「温暖化」について、全くふれてなかったらしく、
実に怪しい気が致します。とは言えこのままじゃワイキキビーチが無
くなってしまいます。そこでハワイ州では沖合い800メートルの海底から砂
を掘り出し、ビーチに敷き詰める対策をとっているらしいのです。
きっと夜中に作業してるでしょうね、昼間ビーチから人を排除して行う
のは難しそうですから。とは言え、多くの人が地球環境を真剣に考える
ことが、世の美しいビーチを救うのだと、この古い写真を見て切実に
感じた今日でありました。

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ


アロハボイス☆ハワイ好きサイトの人気ランキング

コメント (8)

ウイルスの話

2007-03-12 08:32:03 | 環境問題
今年は桜が咲くのが早そうですね、いいですね春欄間桜の下
で一杯なんてたまりません。でもこれで良いのでしょうか?
この冬東京にはとうとう雪が降らなかったそうです。
地球全体が温暖化で極の氷は溶けつづけ、砂漠は年々拡大してい
るって言うじゃないですか。実はね私は密かに思っていること
がありまして、それは地球にとって人類はウイルスなんじゃない
かと・・・我々人間は暑さ寒さに冷暖房、動き廻れば乗り物に乗り、
飯を食えば電気ガス、さらには食材を得るため膨大なCo2を排出し
ております。なんかマジな話こう考えると心配でしょ!


しかもこのウイルス増殖が早いのです。実は世界人口は1分に150人、
1日で20万人、なんと1年では8千万人も増えているんだそうです。
ちょっとピンときませんが、凄いスピードなんですよ。
何故なら1802年に10億人だった世界の人口は、2006年には65億人になっ
てしまったのです。さらに驚く事には地球が人ウイルスに感染したのは
ごく最近なのです。なぜならば地球が誕生して46億年、この膨大な時間を
1年365日に置き換えると、人が地球上に出てきたのは12月31日午後
11時58分52秒だそうです。

つまりたった1分8秒で65億に増えちゃうんですから!逆に考えると
1分8秒でオゾンホールは破壊され、エルニ-ニョは頻発し、氷は溶ける
砂漠は増えると挙げるとキリがないのです。ね、もの凄い毒性でしょ!
こう考えると私達人間は鳥インフルエンザなんて問題外の、強烈なウイ
ルスだと思いませんか?
それでも尚、年々贅沢になりながら増殖を続けるです。今に強烈な処方箋
を地球から受ける気がしてなりません。
コメント

大丈夫かしらん。

2006-11-10 23:13:16 | 環境問題
すっかり世の中秋ですね。
空も秋なら、山も秋、秋刀魚に栗に松茸、バナナ
美味しいモノがめじろ押しです。(バナナはジョークよ)
四季のある国、日本の一番良い季節だと思います。
でもね、今年の秋は少し変だと思いませんか?
木枯らしの吹く頃、そろそろコートの恋しい季節なのに、
街では未だ半袖の人もいるくらいです。
そう、暖かいのですよ。気持ち悪いくらいに・・・
大丈夫なのでしょうかね、この世の中

北海道では大きな竜巻が発生して、被害が出てます。
これもこの暖かさが原因だと思うのは、私だけでしょうか?
そもそも竜巻は、激しい上昇気流が原因だと言われます。
大陸からの寒気と海からの暖かい空気がぶつかり合い、
上昇気流が生まれます。そして上昇気流は積乱雲を創ります。
それが激しくなるり、勢いを増すとトルネード(竜巻)になのです。
ね、やっぱり季節はずれの暖かさ、ヤバイと思うでしょ。

いやしかし、数年前まではこんな事はありませんでした。
本当に我々の世界は大丈夫なのでしょうか。
ある意味核武装した北朝鮮より、重大な問題だと思います。
もう一度言いますが、大丈夫なのでしょうかね、この世界。
気づいた時には手遅れになっているような、気がしてなりません。

コメント