中国激変次々刻々~アジア・東京~日中観光文化研究所&観光文化ツーリズム㈱代表・秋澤文芳 訪日&地方創生も!      

観光文化ツーリズム㈱、アジアリソースインテグラ㈱代表 北京第二外大旅游管学部研究生、孔子学院旅講座等、東京都日中副理事長

祝う日中 10/11錦秋の夕べ開催 日中が更に未来に向け皆で祝う

2018年10月11日 22時29分28秒 | 日中、中日交流

 

次々

天天~本日10月11日夕刻:毎年10月開催高齢の

「錦秋の夕べ」@中国大使館。大使他。都知事・区長

・都議区議他多くの議員そして日中関係者が集いこの

日を祝った。

 

この日、このの秋以降も日中・中日の交流が更に深まる

ことを緑に囲まれながら皆で祝いそして友好を誓った。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、花、スーツ、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、群衆、木、夜、空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
画像に含まれている可能性があるもの:3人、、秋澤 文芳さん、永野 剛さんなど、、スマイル
コメント

なんと中国共産党副主席王震氏との添乗随行だった、当時の私の仕事30年前に

2018年07月14日 12時40分54秒 | 日中、中日交流

 

次々刻々 激動時代:訪日の話題もう一つ。

今だから話せる・・Now Open!

約30年前、中国からの超VIP代表団がやって来た。

中國共産党王震副主席や孫平化中日友協会長他党・政府

関係22名の訪日団:当時無我夢中で全国東京~九州

各地を社代表で「添乗随行」。(警備と歓迎が凄かっ

た事だけは鮮明に覚えている)。

当時は日本側の日中好協会や 、そして中国共産党の組織

や仕組み、だれがどういう役割かなどは全く分からないまま

、当時はそのような奥の奥の~背景もよく理解している間も

なく、ただただひたすら本来の業務である添乗と案内に徹す。

業界JATAを退任し、即、北京へそのまま留学。2010年

であった。

 

本格的に中国の何かを研究する中、中国各地の農村や地方自治体

、中国では地方政府、市町村の人民政府等を訪れる機会も増えた。

 

そのようななか、各地の市町村党委員会や地区の書記等の看板や

文書があちこちの掲示板に張り出されており、その「党組織」の

現状というものをやっと現地に赴いてから実態がわかり始めた。

 

そのようななかでの当組織の幹部と 当時の王震副主席だという

ことがわかった。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル

その副主席は国内では金融機関をも有する財閥グループであること

も後になって気づいた。各地を歩いていてあちこちで看板を見る

巨大グループでもあった。

 

そんなことより日本各地で何をしたのか、どんな出来事があったのか

を聞きたい、見たいと思われるかも知れないが、また、次回に触れて

みたい・・・。

 

 

若かったあの頃、あの時。(Pht123王震副主席団)

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:2人、オンステージ(複数の人)、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる
コメント

日中45周年の昨年から1年が・・いよいよ日中経済他両国の関係好転か

2018年06月30日 14時32分22秒 | 日中、中日交流

 

そしてあれから1年近くが^^^^~~~~

長い氷河期からやっと抜け出してこれからは、まず経済

を中心に業界もそして、政界も動きそうだ。

しかし、日中の間だけでは今後も、政治も経済も、そして

交流も前には進まない。

~基本はやはり 日中韓の3か国だ。

 

https://https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/04/3a/0ee091fdb25f733e5783d3fcf6ba1cb2.jpgblogimg.goo.ne.jp/user_image/04/3a/0ee091fdb25f733e5783d3fcf6ba1cb2.jpg

2017年9月~日中「45周年」の記念すべき年だが・・全くの盛り上がりに

今月8日、北京にて開催された記念行事だが、もう一つ

の盛り上がりに・・・と言われた、今年の国交正常化45

周年記念行事。 マスコミをはじめ、国内での各界での

反応の評判は低すぎる。一切の情報が伝わらず、友好

団体のみの範囲での交流ということもあり、かつての

10年前の記念行事とは様相が全く異なった。

 

外務省、国交省等をはじめ、政府関係者の出席もなく、

静かな記念行事・・ということだった。

35周年記念のオープニング時には、私も参加し、会

も大変な盛り上がりとなったことが想い出される。

 

今年一年、これからの日中、中日関係の交流と今後

の関係維持と促進に向けた厳しさを改めて感じさせ

られた。

いつまでも友好第一、とばかりは言っていられない

時代だ。

私たちも、視点を変えて、様々な角度で中国には

臨んでみたい。

 

(↑各種Media)

 

 

 

 

コメント

2017年9月~日中「45周年」の記念すべき年だが・・全くの盛り上がりに

2017年09月17日 10時47分01秒 | 日中、中日交流

今月8日、北京にて開催された記念行事だが、もう一つ

の盛り上がりに・・・と言われた、今年の国交正常化45

周年記念行事。 マスコミをはじめ、国内での各界での

反応の評判は低すぎる。一切の情報が伝わらず、友好

団体のみの範囲での交流ということもあり、かつての

10年前の記念行事とは様相が全く異なった。

 

外務省、国交省等をはじめ、政府関係者の出席もなく、

静かな記念行事・・ということだった。

35周年記念のオープニング時には、私も参加し、会

も大変な盛り上がりとなったことが想い出される。

 

今年一年、これからの日中、中日関係の交流と今後

の関係維持と促進に向けた厳しさを改めて感じさせ

られた。

いつまでも友好第一、とばかりは言っていられない

時代だ。

私たちも、視点を変えて、様々な角度で中国には

臨んでみたい。

 

(↑各種Media)

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

      

コメント

12月10日(土)日中関係シンポジウム(@工学院大学孔子学院)多くの参加者で議論盛り上がる

2016年12月11日 09時18分51秒 | 日中、中日交流

民間交流を積極的に進める4団体(工学院大学孔子学院、

日中未来の会、東京都日中友好協会、人民中国雑誌社東京支局)

の主催による今回のシンポジウムに多くの方が「終結」し、各

パネリスト等による各専門分野ごとの「日中交流に向けた取り組み」

のあり方や現状などが細かく報告・発表され、大変興味深い内容で

あった。

多くの参加者たちも、各パネリストから発表のあった

日中民間交流の現状と実体、今後ますます混迷の度合い

が深まりそうな日中韓そして米国との関係や、今なお

多く残る東シナ海・南シナ海や歴史認識などに関する

課題や問題点、そして最近の日中相互の親近感に関する

アンケート調査が示唆する多くの考えさせられる日中の

未来と今後の動向等などについて、休憩をはさみ、その後

1時間半に及ぶ質問や意見等で更なる盛り上がりを見せた

会場内。日中関係の永久に友好を保とうとする各参加者の

思いと熱意などは当会場にも広く満ちわたっていた。

◇12月10日(土)「日中関係シンポジウム(第4回)」が
工学院大学(@西新宿孔子学院4階)にて開催された。

今回のテーマは「民間交流のさらなる発展を目指して」と

いう題目のもと、4名のパネリストや主催者等のあいさつ

も含めた熱の籠った発表などで会場も盛り上がりを見せた。

(パネリスト:...
石井明、森保裕、李春利、康上賢淑、主催者代表挨拶

西園寺一晃、司会近藤大博の各氏)。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~旅と文化の 観光文化ツーリズム 1971初訪中から45年の経験に基づく

 ■中国内 社会、教育、文化、交流手配、調査、情報発信は

日中観光文化研究所へ(24H対応)

 ■■====中国のツーリズムに取組む=======■■

     ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし~飛行機、ホテル,列車手配等

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し~訪日宿泊、ガイド、輸送等

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指す~東京、お江戸の旅企画

 

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

 

 

 

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地・国内、他アジア、 日本国内・東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・。

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

来月、今月 海外への旅行、出張を予定される方の

持っていくべきもので重要なものは スマホPCと海外ルーターです。!

  やはりそうか! と思われる方も多いかと思いますが、

  いまや、 どこに行っても 海外でも スマホの時代です。

  ホテル内での無料WIFI利用だけではもの足らず、

  やはり、 昼間も、外出先でも、 常にスマホやPCを

  利用したい、というのが一番の旅行客の要望です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆つくづく外出先で、 WIFIが必要だと思った~WIFIが!!■

◇今 海外への出張等で、一番必要なものは・・・・
 旅券とお金の件は勿論ですが、やはり必要なモノは


スマホやPCパソコン 通信手段です。(訪日客も同様)。
そんな時に比較的格安なWIFIルーターが必需品です。

  https://goo.gl/qf2gDn...

 

コメント

中国で ローカル電車、中距離バス途中下車の旅~山東省「徳州」にて

2016年12月09日 09時06分36秒 | 日中、中日交流

済南から徳州へバスを選択したその理由は・・・

 ひとつには、済南から徳州の駅までの電車があまりないコト、

 つまり時刻表をみてもなかなか希望どおりの列車サ^ビスが

 ないこと。

 そしてもう一つは、高鉄~新幹線利用という手もあるが、

 後ほど述べますが、高鉄の駅そのものの立地があまりに

 遠く不便だということ。

そんな条件のなかで、 街なかを歩くのもまた、楽し・・・。

 

◇中国のんびり乗りつぎ 途中下車の旅~山東省「徳州」へ(6)
済南から徳州へ~ちょうどよい時間のローカル列車がなか  
ったため、路線(中距離)バスで徳州へ。

これといった特徴はないが落ち着いた旧い町だ 。
本来なら列車で徳州入りだったが・・。

敢えて、中距離バス入りを選択・・・。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:バスケットボールコート、1人以上
画像に含まれている可能性があるもの:屋外

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

 

 

 

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地・国内、他アジア、 日本国内・東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・。

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

 

コメント

12/10(土)「日中関係 シンポジウム」@工学院大孔子学院のご案内

2016年12月08日 20時24分12秒 | 日中、中日交流

12月10日(土)午後 工学院大孔子学院にて{→日中シンポジウム)ご案内(無料:事前登録要)

 今年、最後のシンポジウム イベントです@孔子学院~

  今こそ、日中・・、日中を考える! 

次のとおり日中シンポジウムを開催します。事前登録(メールなどで

登録)となりますが、参加は無料です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日曜日 12月10日(土)14時より「日中関係シンポジウム」
開催(@工学院大学孔子学院):東京都日中友好協会と工学院大学

孔子学院、日中未来の会、『人民中国』雑誌社東京支局と共同主催の

第4回日中関係シンポジウム。(希望者は事前登録制です)


日 時:2016年12月10日(土)14:00~17:00
会 場:工学院大学新宿キャンパス中層棟4階 工学院大学孔子学院
 〒163-8677東京都新宿区西新宿1丁目24番2号...
参加費:無料(要申込)**事前登録必要です**
主催者挨拶     西園寺一晃  工学院大学孔子学院学院長 
基調発言      李春利    愛知大学教授 
パネルディスカッション
パネリスト(石井明 東京大学名誉教授,
森保裕, 共同通信社論説副委員長 李春利,愛知大学教授  康上賢淑,
日本 コーディネーター  横堀克己 日中未来の会代表)
***参加希望の方: 参加ご希望の方は、お名前と電話番号を明記の上、

下記メールに申し込みください。

12/8 18時までakisawatourism@yahoo.co.jp

                  (東京都日中友好協会:広報:akisawa)


*************************************

または 東京都日中友好協会事務局
E-mail: to-nicchu@jcfa-tyo.net 12/9 18:00まで
~~~~~~~~~~~~~~/~~~~~~~~~~~~

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト、1人以上

 

 

 

コメント

2016中国国家観光局の「中国ツアー」プラニングコンテスト実施中!12/31〆

2016年11月28日 11時17分47秒 | 日中、中日交流

 ==国家観光局の中国ツアープランニングコンテスト2016==
~今年も~中国国家観光局駐日本代表処が主催する、
10代から20代を対象としたオリジナルツアーコンテストです
。新しい中国向け商品、ツアーのプランを募り、優秀作品
(入賞者30名)に中国体験していただく予定です。...
奮って応募を!!
・受賞者を招待し、授賞式を開催 予定
◆募集要項◆ 締め切り
 2016年12月31日(土)事務局必着
◆応募作品
•中国の主要都市、主要観光地、世界遺産等を巡る旅行企画
•ビジネス、MICE、留学、教育旅行、芸術交流等、目的や
テーマ性のある企画
•航空機の移動や現地移動等では、実現可能なルートを使用
•現在旅行会社の店頭やホームページで販売されていないもの
•基本の旅程は3泊4日以上~最長で2週間程度 実施可能な旅程
•旅程は所定のフォーマットに従って具体的な観光プログラム
について記載ください####


◆◆応募資格
日本国内の専修学校、または大学、大学院等に在学する学生、および同世代の社会人。応募は個人でのエントリーを条件とします。

■審査基準
①新素材への対応、②企画の斬新さ、③商品バランス、④実施の実現性、⑤その他、などを総合的に判断して決定。

*結果発表:受賞者へ事務局から直接通知。

■応募方法
事務局が用意する以下URLのオンラインの応募ページから必要事項を記入のうえ、応募して下さい。応募ページから、応募者の個人情報、ツアータイトル、組み込んだ都市・観光地、企画テーマ、アピールポイント、旅程等を入力頂きます
↓参照
https://docs.google.com/…/1FAIpQLSesEPKr-47lmtp9l…/viewform…

http://chinaplanning2016.trippiece.com/

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地・国内、他アジア、 日本国内・東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・。

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

来月、今月 海外への旅行、出張を予定される方の

持っていくべきもので重要なものは スマホPCと海外ルーターです。!

  やはりそうか! と思われる方も多いかと思いますが、

  いまや、 どこに行っても 海外でも スマホの時代です。

  ホテル内での無料WIFI利用だけではもの足らず、

  やはり、 昼間も、外出先でも、 常にスマホやPCを

  利用したい、というのが一番の旅行客の要望です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆つくづく外出先で、 WIFIが必要だと思った~WIFIが!!■

◇今 海外への出張等で、一番必要なものは・・・・
 旅券とお金の件は勿論ですが、やはり必要なモノは


スマホやPCパソコン 通信手段です。(訪日客も同様)。
そんな時に比較的格安なWIFIルーターが必需品です。

  https://goo.gl/qf2gDn...


参考までに次のようなWIFI、i-Video等のWIFI が便利
です(→検索:ivideo)..。  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~ 一言、他人事、ひとこと~~~ ネット編

 今や、中国の4大病の一つ?にもなってきた「スマホとネット」

 約7億人が利用し、 一斉にNETをつなげると、さすがに

 サーバーもパンク?し、繋がらない。

   いまやおじいちゃんも、小さな子供も一斉に・・・

   どこか、日本も同じようになってきた・・かな。

 

コメント

工学院大孔子学院にて「カラオケ大会」60組の参加者が熱唱

2016年11月27日 20時14分43秒 | 日中、中日交流

 

11月27日午後、西新宿の工学院大孔子学院

カラオケ大会も日中双方の歌で大いに盛り上がり

参加者も双方で60組近い出場となった。
会場のアーバンテックホールもほぼ満員、歌、

カラオケには国境はなし、という主催者側の

西園寺学院長の挨拶にもあったように~久しぶりの

心地よい日中の音楽に酔いしれた。また来年も・・!是非

この場で、同じように催しが続いてほしいものだ・・・。

 

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
 

 

コメント

11/27(日)13:30~工学院大孔子学院「カラオケ大会」開催見学無料

2016年11月26日 22時10分35秒 | 日中、中日交流

~~いよいよ明日 /2711 13時半 開催です~
11月27日開催工学院大講師学院
 ===【日中友好カラオケ大会】!===オープン

恒例になりました[カラオケ大会]!2016第5回。

...

開催いたします~見学 無料!
皆さま、お越しください 西新宿工学院大学講師学院企画です

◆開催日時 : 2016年11月27日(日)13:30~17:30

◆会場 : 工学院大学 新宿キャンパス 高層棟3F 
     アーバンテックホール です。

□ 18:00から無料懇親会を予定しております

(↓写真:以前のカラオケ大会の様子です)いよいよ明日!

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お越しください! 西新宿です~
コメント

中国series 小さな街 泰山(3) 庶民の町 あの山の上など・・・

2016年11月25日 09時12分13秒 | 日中、中日交流

中国内の小さな街は 「味」がある。

人びとの顔、庶民の姿にもなぜか落ち着きがる。

 しかし都会の人ともなると、 時間と、効率との

 勝負が日々続く。うしろすがたにも余裕がない。

 みていて寂しい。

ここ泰山では、食堂ないでも、食道?内でもモノは

ゆっくり進みそうだ。ごく最も人間らしさを感じる。

 

それゆえに、この街を選んで夜行列車でやってきた。

この先、省都、済南ともなるとそうはいかないだろう。

なにか、災難でもなければよいが・・・・。

 ひとまず、街を、街中を歩いて見た。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

◆中国series;小さな街 山東省泰山3 ~これから訪れる
隣のまち、徳州市(人口約5百万余人)と比較すると小さい。


僅か50万余だ。泰山の麓・・しかし徐々に衰退?か。この
小さな街は泰安市に属する。 列車も(高鉄)はすべて
泰安駅へと流れる。

これからローカル列車で省都済南へ。

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地・国内、他アジア、 日本国内・東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・。

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

来月、今月 海外への旅行、出張を予定される方の

持っていくべきもので重要なものは スマホPCと海外ルーターです。!

  やはりそうか! と思われる方も多いかと思いますが、

  いまや、 どこに行っても 海外でも スマホの時代です。

  ホテル内での無料WIFI利用だけではもの足らず、

  やはり、 昼間も、外出先でも、 常にスマホやPCを

  利用したい、というのが一番の旅行客の要望です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆つくづく外出先で、 WIFIが必要だと思った~WIFIが!!■

◇今 海外への出張等で、一番必要なものは・・・・
 旅券とお金の件は勿論ですが、やはり必要なモノは


スマホやPCパソコン 通信手段です。(訪日客も同様)。
そんな時に比較的格安なWIFIルーターが必需品です。

  https://goo.gl/qf2gDn...


参考までに次のようなWIFI、i-Video等のWIFI が便利
です(→検索:ivideo)..。  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~ 一言、他人事、ひとこと~~~ ネット編

 今や、中国の4大病の一つ?にもなってきた「スマホとネット」

 約7億人が利用し、 一斉にNETをつなげると、さすがに

 サーバーもパンク?し、繋がらない。

   いまやおじいちゃんも、小さな子供も一斉に・・・

   どこか、日本も同じようになってきた・・かな。

 

コメント

(8)内蒙古オルドス市「学生街」をたずねて2

2016年11月17日 10時35分12秒 | 日中、中日交流

空気だけは美味しいと感じる、この内蒙古草原の町。

市街地では通常の街並みとして、他の地方都市とほとんど

変わることはないが、市街地を抜けると草原、砂漠地帯に近い

地区だ。そんな、何の変哲もない・・というと世界の笑いもの

になってしまうが、地元不動産業者や開発者は大変だ。

 

まだまだ目標の1割程度の進捗状況では致し方ない・・・。

 

◆11月 内蒙古「鄂尔多斯市・オルドス市」訪問。
鄂尔多斯大学訪問。(実際は内蒙古理工系大学)。人影まばら。
この地区10年近く前に100万都市建設を目標に建設・開発。

現在3万人程度。建物施設過剰。~来春 ・・・また・・訪問予定。。

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地・国内、他アジア、 日本国内・東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・。

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

◆   文化と旅と交流のお手伝い~ 今、話題の 豊洲トトヨスで活動中です。

 

コメント

千葉フォーラム歴史・文化の会 第59回勉強会「中国最新事情」11/30ご案内

2016年11月15日 22時25分39秒 | 日中、中日交流

千葉フォーラム歴史・文化の会~

11月の勉強会・セミナー・後援は次のとおりです。

 

  今回は中国事情セナ―講演会開催のご案内です~

  誰でもが気になるこれからの中国と今後~等について

  文化や教育、経済、生活そして話題の訪日旅行の実態等

  についてです。 皆様、万障繰り合わせの上、ご参加を

  賜れば幸甚です。 

*千葉フォーラム歴史・文化の会主催です。

11月30日(水)午后、千葉・船橋公民館にてセミナー・講演
会にて中国最新事情~中国 最新事情~
文化・教育・観光とビジネスや訪日旅行等について120分


 第59回「千葉フォーラム歴史・文化の会」概要は次のとおりです。
◆日時:2016年11月30日(水)15:30~17:30
◆場所:船橋市中央公民館 船橋市本町2-2-5
(第2集会室予定)*JR船橋駅南口・京成船橋駅から徒歩7分
    電話:047-434-5554
■講 師:秋澤 文芳:現在、日中観光文化研究所・観光文化ツーリズム代表・董事長              

    北京第二外大観光学部研究生・工学院大孔子学院旅講師 東京都日中常務理事等  
◆参加費:一人千円(当日、会場でお支払ください)

 

 

 

秋澤 文芳さんの写真

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
 
 
 
 
 
 
コメント

11月30日午後、千葉県船橋公民館にて最新中国事情120分講演案内です

2016年11月15日 20時24分13秒 | 日中、中日交流

今回は中国事情セナ―講演会開催のご案内です~

  誰でもが気になるこれからの中国と今後~等について

  の120分発表する予定です。(有料)

  *千葉フォーラム歴史・文化の会主催です。

11月30日(水)午后、千葉・船橋公民館にてセミナー・講演
会にて中国最新事情~中国 最新事情~発表します。
文化・教育・観光とビジネス等セミナー120分
地元、「千葉フォーラム歴史・文化の会」主催となります。
◆日時:2016年11月30日(水)15:30~17:30
◆場所:船橋市中央公民館 船橋市本町2-2-5
(第2集会室予定)*JR船橋駅南口・京成船橋駅から徒歩7分
    電話:047-434-5554
■講 師:秋澤 文芳:日中観光文化研究所・観光文化ツーリズム代表・  北京第二外大観光学部研究生・工学院大孔子学院旅講師 東京都日中常務理事等  
◆参加費:一人千円(当日、会場でお支払ください)

***また、翌日12月1日(木)江東区有楽町線 豊洲駅前シビックセンターにて 11/30同様に
 午后より「中国事情」講演・発表おこなう予定50分(無料)

 

 

 

秋澤 文芳さんの写真

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地・国内、他アジア、 日本国内・東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・。

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

◆   文化と旅と交流のお手伝い~ 今、話題の 豊洲トトヨスで活動中です。

  ■■====中国のツーリズムに取組む=======■■

     ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指しながら

 

    観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

      日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

 
 
コメント

かつての「北京放送」~いま、そしてこれから・・・「国際放送局」

2016年11月02日 23時38分15秒 | 日中、中日交流

 確かに、私たちの時代は 「日中友好」の精神の基、長年にわたり

友好交流を図ってきた。

 

然し200年半ば過ぎから、日本の風向きも大きく変わった。

日中間で、予想されていたとはいえ、幾多の問題、難題が急に出現となった。

 

私たちとしては、歴史問題や尖閣の問題では話し合いの基、或はひとまず

棚上げしながら双方向の友好を保持しようとは思っているが、 ときの政府、

そして庶民の間でも、「中国は信用できない・・」等の声が出始めた。

   確かにそのとおりである。

   しかし、単純に一言で片づけられるような問題でもない。

以来、 日中双方で 「相手が嫌い」ということになった。

この課題、 何とか早く解決していたいと思う・

「中国国際放送局」を訪ねての、 我々の率直な感想でもあった。

 

 

今から、40数年前に「北京放送」のスクーリングに参加した

ことを想い出した。 まだ学生のころで、都内にて開催された

勉強会であった。

その、北京放送も今は趣を変えて「中国国際放送局」となったわけだ。

北以下鉄1号線で、どちらかというと西の果ての方に位置する(八宝山駅)

国家の放送局だ。

 

今回、縁あって、外に出ると空気もめっぽう寒く感じる北京の天気であるが、

地下鉄を乗り継ぎ、1時間かけてこの放送局が位置する所へ辿り着いた。

 

流石に国営ということもあり、入館にあたっては管理も厳しい。受付を

済ませてから、中へ入った。

館内は想像していた以上に広く大きい。 それもそのはずだ、日本語放送

を担当する部署だけでも40余名のスタッフが存在する。

そのすぐ隣には、朝鮮放送やモンゴル放送を担当する部署がある。

 

この「北京放送」も我々の世代には、このように呼んだ方がピンとくる。

今後、この放送局に、関心を持って臨みたいと思った。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

コメント