中国激変次々刻々~アジア・東京~日中観光文化研究所&観光文化ツーリズム㈱代表・秋澤文芳 訪日&地方創生も!      

観光文化ツーリズム㈱、アジアリソースインテグラ㈱代表 北京第二外大旅游管学部研究生、孔子学院旅講座等、東京都日中副理事長

国際観光学会江戸川大学にて10/27開催 研究会にて中国JJJ雄安新区発表も

2018年10月28日 12時10分18秒 | 観光全般に関する今後の対策等

 

 

2018年10月27日 土曜日 10時より江戸川大学にて

 

国際観光学会の全国大会が開催された。

 

 

 

大学の位置する流山地区は今から30年以上も前に、同じ

 

千葉県内の松戸・柏地区に住んでいたこともあり、大変

 

懐かしくその流山地区のことを感じた。懐かしいという

 

よりは、その地区の大変貌ぶりに驚いた。

 

 

 

年月は確かに地方の、田舎の変貌ぶりを端的に表している。

 

この流山おおたかの森もしかりであった。

 

しかも、単なる発展というよりも、お洒落で、明らかに女性

 

を意識した今後10年、20年先を見越した街づくりの駅周辺

 

であった。

 

 

 

確かに30年も年月が経ると大変化を感じさせるものだ。

 

こんな地域に江戸川大学があるということも、行政と民間

 

の見事な共同企画が齎した結果なのだろうか。

 

 

 

今回、この日 朝方の雨もあがり つくばエクスプレスにて

 

洒落た街、流山おおたかの森へ。今日は朝から「国際観光学会

 

@江戸川大学」開催日だ。全国大会ということで全国の大学等

 

に所属する先生、学生及び観光などを研究するものの集まりだ。

 

 

 

そして午後は「研究発表」へ。今、話題の「中国・雄安新区

 

(JJJ)]についてPPTで説明へ。夕刻はとんぼ返りで

 

青山へ・・あまりにも 慌ただしい一日であった。

 

 





画像に含まれている可能性があるもの:空、木、植物、家、屋外

自動代替テキストはありません。

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、靴、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人、画面、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  


 



にほんブログ村



にほんブログ村



にほんブログ村


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

もっと地方と連携へ~訪日インバウンドへの取り組みと研究~アジアや欧州への呼掛け

2018年06月13日 18時53分55秒 | 観光全般に関する今後の対策等

 

観光文化ツーリズムの取組としては、地方へインバウンドを!の

取り組みとして、 下記のとおり 「地方創生インバウンド」研究所の

グループとも連携して、 訪日客のプロモーションに取り組みます。

  秋田にて~

観光・文化【地方創生・インバウンド】研究所は地方へもっと訪日客

~例・ドイツからの訪日客も・・

 

  ~~もっと地方へ、 もっと田舎の良さを発見しよう~

  私たち、観光・文化【地方創生・インバウンド】研究所(東京)

  も地方の機関、観光協会、自治体等とともに取り組みます。

    

 

日本各地、地方眼もっと訪日客を!欧州 ドイツからも・・

より多くの訪日客、なかでもドイツから!・・の訪日客

を増やすための事例研究などを検討しています。

 

次のような事例も検討しています~北海道、東北、中部、関西圏

そして中国・四国、さらには九州へと・・夢は広がります。

 

例えば・・・日本文化の紹介とドイツ人が喜びそうな・・

1)日本の旅を愉しむ二つの道=「MICHI & DOHの旅」

  A)観光の道(MICHI)

    基点都市から地方の複数目的地への自由な旅

    「マルチセンター・トリップ」の提案。

         「Tradition & Modern」の同時経験できる旅の道。

 

  B)技と心を極める道(DOH)

    日本固有の歴史的文化・伝統に触れる、もう一つの

    「道=DOH」の体験。

    各地(特に地方)に現存する「武道」「芸道」

    「民間芸能」の体験、見学、交流。

 

   ・・・・ん、ちょっと難しそうですか・・?

 

 2)アクティビティ[上記1)に連動することも]=「観る」

   だけではなく「できる」こと

 

      <事例> ◆お遍路(四国)、寺社・城めぐり(各地)

        ◆島を訪ねる(佐渡、沖縄・奄美、瀬戸内諸島)

        ◆現代テーマとして(東北大震災復興状況、

         広島・原爆ドーム、長崎)

        ◆ユネスコ世界自然遺産・ecoツーリズム

         (知床半島、秋田・白神山地、東京・小笠原諸島、

          沖縄・屋久島)

             ◆富士登山、トレッキング、ロードサイクリング、東京マラソン

        ◆伝統産業体験(日本酒、発酵食品なども)

             ◆古民家、日本庭園、日本園芸、和風インテリア研究

        などなど です。

   3)文化・交流事業「リービッヒ学園」!!!

       ドイツの小・中学校教諭が長期休暇を日本で消化してもらうため

   の特別企画

 

4.調査研究も徐々に検討します・・・。

 

 皆様、良いアイデア等ありましたらご一報ください!!

 

 留学生も呼んで、インタビューも行いました。

  

コメント

将に明日から再び春到来、海外へ、国内へ、日帰りも大流行

2018年03月22日 18時27分13秒 | 観光全般に関する今後の対策等

 

 

 

  

 先週はぽかぽか陽気で販促でも十分に歩けた都内でしたが

 一転今週は 小雪も逢うりそうな都内の天気でした。

 海外でも 西の方の大陸、中国でも零下近い天気となり底冷え

 のする季節となっています。

 

 とは言え、 桜も咲き誇り、今週末からは本格的な行楽のシーズンに

 なりそうです。

 

 しかし、一昨日、新宿の大学にも赴きましたが、 卒業式シーズンとは

 いえ、 はかま姿の女子学生たちも つくづく大変だと感じた卒業式会場

 への急ぎ足で移動する彼女たちの姿も少々、哀れにも見えましたが・・・

 

 それでも、会場内に入れば、おそらくぱっと華が咲くような素晴らしい

 会場に変わっているのではないかと思われました。

 

ところで、私たちも、来月からは海外へしばらく滞在しますが、ワクワク

する反面、飛行機や宿泊の選択は慎重になってきます。

 

いずれにしても予約画面(ネット予約の場合は)選びも大変だ~。

  

春到来!賢い旅行業者・旅行会社や ネット会社、

特に、アフィリエイト会社の選び方が難しい?

◇ いよいよ春!海外・国内旅行予約にオンライン利用急増!
 
     ですが・・・だが・・

   手軽で便利で即決・・ということで今やネット予約が急増していますが
   会社の対応はまさに千差万別です:

     いま、都内の旅行業者や旅行予約会社(宿泊や輸送等)が、大忙し!

   昨日、都内数件の業者やネット予約会社も訪問しました。

   が、対応はさまざまです。 そして誇大広告・電話対応・予約方法

等は各社まちまち・・です。
 
 
パンフレットを見てもどうみても分かりにくい!
取消料はどこに記載、書いてあるのか?
 
税金は? 燃油は?空港税は? 出発時間により値段は?
 
1人では? 3人では?部屋代はどう変わるのか?
 
 
一度予約すると、たとえ1か月前予約でも取消料がかかるのか?
 
同じ観光地でも 地域によって、駅前は?市内では?空港地区では?
 
サポート体制は?緊急時の連絡先は?
 
本当の旅行業者なのかそれとも旅行アフィリエイト予約会社なのか?
 
   数えればきりがないほどのチェックの必要性があります。
 
   やはり
   ポイントは消費者保護!コレが最も大切です。
 
    *JTB,KNT・・等の既存の旅行業者
     *じゃらん、楽天トラベル・・・等のネット旅行業者
       *EXPEDIA は画面上では「旅行業者」では
        ありませんので、業法は適用されません。
        (ネット予約画面では)
     それぞれ注意が 必要なことは言うまでもありません。
 
予約にあたって慣れている方も、そうでない方も十分に、しかし
楽しさが待っているために、希望をもって前へ前へと進めていただき
たいものだ!!
 
 
 そして、私の場合でもあるが・・・

中国~少しばかりが光?が!バリア乗り越えて中国旅行募集広告掲載

 
今、パンフレットも、ネットでの募集広告もほとんどの会社(旅行会社)では
「自粛」しています。
 
当然です!  お客さんの参加が見込めない中、多大な費用をかけてチラシ
やパンフレット作成はできません。
 
勿論、中国内での様々な要素が訪中さっへのバリアーとなっています。
 


 今、旅行会社の店頭では「中国旅行」のパンフレットが消えています。
 新聞広告でも消えてしまいました!
 
 ブツがなければ、 あとはネットでやむなく調べながら予約をする
 しかないようだ。 
いろいろと比較も必要だ・・・。
 

  

コメント

中国全人代でも話題に~たかが各地観光受入れ されど英才教育で旅行発展を

2018年03月21日 10時05分39秒 | 観光全般に関する今後の対策等

自然の摂理を楽しむ庶民・・ますます増加する地方

への観光客。 自然を求め、そして車や列車で行楽

に出かける人々の数は、今や年間45億人を数えるという。

 

人数が増えれば増えるほど、ここで問題となるのが各地

での受け入れ先での「サービスの在り方」等だ。

日本の観光立国の推進と同様に、中国でも国家を挙げて

観光の発展に取り組んでいる。 枚か話題となる観光部門

での健全な発展を願い、国を挙げてサービス部門や英才教育

に力を入れようとしているのが現在の中国国家観光局~

日本での観光庁と言ってよい。

◆次々穀穀緑が・・~“三步走”战略・中国旅行業~。
新緑そして自然の美しさが際立つ季節となってきた。

大自然を求めてやってくる旅人等を受け入れるため

にも中国国家観光局等が終幕となった全人代分科会

等で唱える「旅游人才发展规划~観光部門の英才

計画の実施」だ。(全土に進むかこの計画)

(Pht:12:Media,345My photo北京植物園より)

画像に含まれている可能性があるもの:花、自然、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:海、空、雲、自然、屋外、水
画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、屋外
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:花、植物、自然、屋外
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして
観光~ たかが旅、されど重要な産業だ@中国
 

中国を歩こうシリーズ: 内陸部の自然・

エコを求めて・・しかし立ちはだかる壁が

 

 

中国の変化はだれもが予測がつかない。

兎に角、中国の社会も、 環境も、街の様子も、そして

政治も経済も、はっきり言って予測不能だ。

 

更に、国土も広く、まさに「誰も」が細かなところまで

、隅々まで目が届いていないのが実情だ。

 

勿論、北京や上海にいても奥地とも言われる内陸部の

新彊、雲南、貴州省等の様子は細かく伝わっていない。

 

然し全土に広がるメディアのネットワークは素晴らしい

と言われるくらい、各地隅々までTV曲や地元テレビ

や放送局、そして新聞が網羅されている。

 

庶民は毎時間、TV等で各地の状況を知ることはできるが

実際に、現地まで行って確かめるということはできない。

兎に角 国土が広い、更に、行って見たいというものの

不便さを感じる。 仕方なく、最寄りの書店で地図を買っ

たり、 代理店で切符を買い求めて必要情報を得ることに

なる。

 

しかし、なかなか思うように切符が取れない、ということ

も現実だ。 それだけ不便さ極まりない。

 

何とかならないのだろうか、この現実・・・・・・・・。

 

だから人々はそのような困難さに挑戦しようとする。

私の場合も同じだ。

 

    都会にいても、奥地の大自然の中に放り出されて

    ても・・・、チャレンジすることだけは忘れない

    ことだ。 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

人生は世界地図だ。

地図と言っても様々な地域、世界や・・・町も村もある。

色鉛筆で一つづつを塗りつぶし 次の目的地に向かう。

 

場所を探すだけではない。 シーズンも重要だ。

 

季節ばかりでなく、訪れるその土地、そこの庶民の姿や社会の

変化を見比べることにより(日本とそして1,2年前~あるいは

数年前の姿と比較することにより、)この上もなく自身の勉強と

知識の蓄えにもなります。      (旅先にて) 

 

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地国内、他アジア、 日本国内東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

      

中国および国内での街角情報と 観光・文化・交流に関して触れていきます。

併せて インバウンドのあり方! 今日の話題最新ニュース

 

コメント

中国を観る~赤色よりももっと緑を~

2017年06月03日 10時24分58秒 | 観光全般に関する今後の対策等

目にも優しい、環境にもやさしい~といえば緑色だ。

今、再びこの色が庶民の間では人気だ。

 

勿論、これからの旅行の色!だ。~

自然に帰り、自然とともに歩む道を探ろう・・

 

◆次々刻々中国Series:  

今、体验 “红”“绿” 交融文化之旅~
今、中国でも「赤や緑~」を求める旅が人気です。


地図を片手に地方の話題の場所を訪ねてみませんか・・。

政府が力を入れる紅色旅游、然し

これからは環境に優しい「緑」だ。

6月も(「卒業旅行」で切符もとりにくい~)が、

さらに細かく時期や経路を選択することにより

もっと快適な旅が選べます。

(↓Pht:2安徽省:cnta medeia、145河南他)

自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然、水
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:草、テキスト、自然
自動代替テキストはありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 

 

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地国内、他アジア、 日本国内東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

      

中国および国内での街角情報と 観光・文化・交流に関して触れていきます。

併せて インバウンドのあり方! 今日の話題最新ニュース

 

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース」 無料登録可能です~中国事情

   現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

  ↑ クリック 無料登録購読できます。

 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

日中45周年記念だが 今年も中・オーストラリア45周年が先行!だ

2017年06月02日 09時56分58秒 | 観光全般に関する今後の対策等

少しばかり~というよりは大いに心配になる 今年の

「45周年記念行事」ですが、いったい、一帯~どうなるの

だろうか。

◆日中よりは 先ずは「中国・オーストラリア旅行年」締結へ~
 ことし、日中と同様に、中豪45周年となる両国関係ですが、

やはり?中国・豪州の観光交流年が優先。様々な行事イベント

を予定していた日中国交回復45周年ですが、どうやら今年も

5年前の40周年同様に、盛り上がりに欠ける両国。~风光、

美食、历史、文化提供更加多样的机会~と訴える中豪が羨ましい。

(日中35周年当時、事務局として担当していたが当時が懐かしい~
(Photo 1:中国国家観光局Media、2-4mypht。)

自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、橋、屋外、水、自然
画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、草、屋外、自然
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地国内、他アジア、 日本国内東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

      

中国および国内での街角情報と 観光・文化・交流に関して触れていきます。

併せて インバウンドのあり方! 今日の話題最新ニュース

コメント

中国の観光地・・戦い終わって目につくのは入場料だ・・

2017年06月01日 09時27分26秒 | 観光全般に関する今後の対策等

   小さな旅のはじまりは・・ここからか・・

 

中国での各観光地は今、営業収入を上げること

に躍起である。私たち日本では、この連休中は

何万人が押し寄せた、とニュース等で発表され

るが中国内では人数の発表よりも「収入」(特に

入場収入)が何万元あり、更に「前年同期比で

何パーセントアップした」と言いうことが重要に

なってくる。全国の旅行の統括や集計を行う機関

である国家観光局は全省の市県村単位において

この「収入」を重視している。

 

従って、小さな村単位の「旅游局(観光局)」では、

小さなエリアであるからこそ来場者も当然少ないと

いうこともあり、それでは何をするかというと、村

の施設の「入場料単価」をアップさせ、全体の営業

収入を高めることに躍起となっている。

 

結果として私たち庶民の感覚からすると「バカ高い

入場料」が問題となってくる。「こんな小さな建物

の施設で、なんで一人当たり150元もとるのか」と

言う話をあちこちで耳にすることがある。私自身も

河北省等にある田舎の博物館にいくと、僅30分程度

で見学できる施設にもかかわらず100元、1500円以

上もする。(日本であればわずか100円、200円位

であるのに・・・)。

果たして、このような「ゆがんだ」現象はいつまで続

くのであろうか・・・。

 

◆次々所所~中国series:今週、中国内の休暇

「端午節」も終了し各地の総決算が次々と発表

されている(↓観光局mediaより)


3日間程の短い休暇ではあったが、敦煌の砂漠に

も4万人がおしよせ入場収入が大幅増となった

とか・・。しかし、なんと言っても各地で活躍

したのが「文明旅游之花」とも言われる「ボラン

ティア」の活躍である:政府も今後更に応援を。

(Pht;2media, 3かつての敦煌にて:想いでは鮮明だ)

画像に含まれている可能性があるもの:5人、立ってる(複数の人)、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、空、自然
画像に含まれている可能性があるもの:1人、空、馬、屋外、自然

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

季節ばかりでなく、訪れるその土地、そこの庶民の姿や社会の

変化を見比べることにより(日本とそして1,2年前~あるいは

数年前の姿と比較することにより、)この上もなく自分自身の

勉強や、知識の蓄えになることは間違いなし・・です。

 (旅先にていつも感じる感想記)

 

 

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地国内、他アジア、 日本国内東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

      

中国および国内での街角情報と 観光・文化・交流に関して触れていきます。

併せて インバウンドのあり方! 今日の話題最新ニュース

 

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース」 無料登録可能です~中国事情

   現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

  ↑ クリック 無料登録購読できます。

コメント

次々刻々シリーズ;中国~各地で先を争い紅色観光やトイレ革命が・・

2017年05月31日 08時51分20秒 | 観光全般に関する今後の対策等

このところ、先を争っての各地の開発地区、新区等が

発表されている。今まで全くの農村・田畑であった

ところに突然、新都市が出現するような時代になった、

現在の中国だ。

 

中国内での全般的な風潮として、観光分野でも同様の

動きや取組が行われている。それも本気だ・・・!

◆次々刻々中国: 最近の国家観光局で多く用いられる

Keyワードとして[革命]という言葉が多くなっている。
「红色革命」「“厕所革命”toilet」の会議が頻繁に開催

されている。今月も、私たちの北京第二外大旅游管理の

キャンパスでは「全国の大学生の”革命聖地”等を尋ねる

観光・旅行プラニング」大会が開催された。

(↓各地の「紅色革命観光地」等) 

画像に含まれている可能性があるもの:バス、空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外

各地の紅色旅游観光地 ↑

 

自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・そして今、トイレ革命~が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中国を縦断。

とは言っても、そんな大げさに考えることなく、国内の2,3日旅行

の気分で縦断の旅。

 

季節ばかりでなく、訪れるその土地、そこの庶民の姿や社会の

変化を見比べることにより(日本とそして1,2年前~あるいは

数年前の姿と比較することにより、)この上もなく自身の勉強と

知識の蓄えにもなります。

  

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地国内、他アジア、 日本国内東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

      

中国および国内での街角情報と 観光・文化・交流に関して触れていきます。

併せて インバウンドのあり方! 今日の話題最新ニュース

 

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース」 無料登録可能です~中国事情

   現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

  ↑ クリック 無料登録購読できます。

コメント

中国の変化~端午節5/30前後の1週間 再び大旅游時代到来

2017年05月29日 08時28分24秒 | 観光全般に関する今後の対策等

再び訪日旅行に加速化~か。休暇を挟んで3日間、1週間

と連続休暇をとり、当然のことながら日本への旅行が増える

ことが予想される。

初夏を迎えた日本。 季節もよく、空気も綺麗な都会や

地方を十分に満喫してほしいものだ。

日本の印象~良さを伝えるガイドさんの役目も益々

重要になってきた。 

 

◆端午節~ 中华民族古老的传统节日~。
祝日となる5/30日を含め昨日から30日まで連続休暇と

なり再び多くの方が国内旅行などへ飛び出す。人によって

は今週末迄休暇をとり海外へ~今週も訪日客でどっと賑わい

そうだ。(足りるかガイド・通訳・・?:国内では法改正に

より免許不要になるが‥心配される訪日旅行全般の質の低下・・)。

自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、大勢の人、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:5人、立ってる(複数の人)、子供
画像に含まれている可能性があるもの:4人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地国内、他アジア、 日本国内東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

      

中国および国内での街角情報と 観光・文化・交流に関して触れていきます。

併せて インバウンドのあり方! 今日の話題最新ニュース

 

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース」 無料登録可能です~中国事情

   現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

 

  ↑ クリック 無料登録購読できます。

コメント

国際観光学会総会開催さる:5月27日(土)午後・東洋大学にて:熱心にメモをとる会員等

2017年05月27日 19時51分33秒 | 観光全般に関する今後の対策等

◆国際観光学会の「総会」が開催された。首都圏のみならず

全国の大学での「観光学部」等で教鞭をとる先生方や、各

観光業界等で研究を続けている関係者が集まって、年1度の

学会での会議が始まった。

 

日頃、学術発表や研究テーマ等で学生達に「観光・旅行そし

てホスピタリティ」等々に関し教鞭をとる先生方や学生会員

等が一堂に会した総会だ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日27日(土)午後・・。
@東洋大学白山キャンパス6号館にて。様々な分野で

観光のあり方等を追い求める会員達。首都大学の先生

による講演にも耳を傾け目も鋭くそして聞き入る。 

帰路、近くの赤門・東大内の緑に包まれた本郷キャンパス

にも立ち寄ってみた。慌ただしい土曜、の午後だった。

 
 
<form id="u_0_38" class="commentable_item" action="/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{"tn":"]"}">
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、画面、事務局、テーブル、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
+2
のリアクションを見る
コメントする
</form>
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース」 無料登録可能です~

   現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

  ↑ クリック 無料登録購読できます。

 

 

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地国内、他アジア、 日本国内東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

      

中国および国内での街角情報と 観光・文化・交流に関して触れていきます。

併せて インバウンドのあり方! 今日の話題最新ニュース

  

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
コメント   トラックバック (1)