本能寺の変 「明智憲三郎的世界 天下布文!」

『本能寺の変 431年目の真実』著者の公式ブログです。
通説・俗説・虚説に惑わされない「真実」の世界を探究します。

桐野作人氏の奇妙な論理:『稲葉家譜』の信憑性

2019年01月14日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 秀吉がねつ造し、軍記物に汚染された戦国史を今一度洗濯いたし申候  桐野作人氏が桶狭間の戦いについての記述で『信長公記』天理本に軍記物『甫庵信長記』と類似した記述があることを理由に、「信憑性を疑問視されている『甫庵信長記』の信憑性の再評価が必要」としていることは、実に奇妙な論理であることは既にこのブログに記しました。  >>> 桐野作人氏の奇妙な論理:『信長公記』天理本の信憑性  桐野氏は『稲葉 . . . 本文を読む
コメント (4)

『「本能寺の変」は変だ!』「恨んで謀反って変だ!」

2019年01月13日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』(明智憲三郎著・文芸社・2016年5月)の抜粋をこのブログで順次ご紹介しています。第1回から順に辿れるようにリンクを貼ってありますので、順にお読みください。  >>> 第1回「はじめに」と「おわりに」  第6回の今回は第4話「恨んで謀反って変だ!」です。 第4話 恨んで謀反って変だ!  これまで見てきたように「信長が怒って光秀を殴っ . . . 本文を読む
コメント

本能寺の変:「是非に及ばず」を斬る!

2019年01月07日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 >>> 「世界ふしぎ発見」が発見した「本能寺の変の真実」本  ** 『本能寺の変 431年目の真実』(明智憲三郎著、文芸社文庫) 40万部突破!! **  >>> 「織田信長」の虚像を暴く!『信長脳を歴史捜査せよ!』    >>> サンテレビ「カツヤマサヒコSHOW」対談YouTube動画はこちら  >>> 『本能寺の変 431年目の真実』エピローグ  『本能寺の変 431年目の真実』の読者の . . . 本文を読む
コメント (1)

信長の戦略(唐入り・家康討ち)

2019年01月05日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 織田信長はサイコパスではありません。それどころか、高度な戦略・戦術家であり、彼の事績をきちんと調べれば、奇行とされることにも、すべて戦略・戦術上の理由があります。そのことは『織田信長 435年目の真実』幻冬舎をお読みいただければ理解できます。  >>> シン・ノブナガ 織田信長 435年目の真実 (幻冬舎文庫)クリエーター情報なし幻冬舎 問 信長は中国(明)を攻めようとしていたのか?  当時、 . . . 本文を読む
コメント

ふたたび偶発説を斬る!

2019年01月01日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 またぞろ、歴史学者が「偶発説」をあおっているようだ。本能寺の変は信長の油断から偶発的に起きた事件という主張だ。  こういう歴史観の人は現実世界での実業経験が乏しいのだと思う。実業経験を積めば、物事が偶然に成功することなどない!とすぐにわかる。信長・信忠討ちは成功しているが、それには周到な準備がなければならない。周到に準備しても偶然失敗することはいくらでもある。でも、そうしないで偶然に成功すること . . . 本文を読む
コメント (1)

なぜ、愛宕百韻が解けなかったのか?

2018年12月29日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 連歌は和歌の上の句(五七五)と下の句(七七)を別の人が詠み継いでいくものです。愛宕百韻は本能寺の変の直前に愛宕山で明智光秀が催した連歌会で読まれたものです。戦勝祈願のために詠まれて愛宕神社に奉納されたものなので、光秀の祈願が読み込まれていることは確かです。今まで、この解明に成功した歴史学者はいません。  なぜならば、連歌は文学だからです。連歌の規則も知らず、古今の和歌の知識もなく、詠み手の心も推 . . . 本文を読む
コメント

「本能寺の変」「織田信長」の講演承ります!

2018年12月22日 | 427年目からの挑戦
 秀吉がねつ造し、軍記物に汚染された戦国史を今一度洗濯いたし申候  本能寺の変の真実普及のため、喜んで講演をお引き受けいたします。  講演のご依頼は団体名、代表者名、依頼者名、住所などご記入の上、下記へメールでご連絡ください。     ラーニング・サポート合同会社      〒158-0083       東京都世田谷区奥沢6丁目10-13      担当 菊池 伸行(Nobuyuki Kiku . . . 本文を読む
コメント (20)

隠蔽された謀反の動機

2018年12月21日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 本能寺の変の定説となっている怨恨・野望・偶発説がいかに根拠のない、馬鹿げたものかは以下のページをお読みいただけると理解できるでしょう。  >>> 怨恨・野望・偶発説は完全フェイク  それでは、なぜ、このような説が定説となってしまっているのであろうか。それは、真の理由を知られたくない権力者が隠蔽し、改ざんして、護持してきたからだ。それを、 『本能寺の変 431年目の真実』文芸社文庫(2013年) . . . 本文を読む
コメント

怨恨・野望・偶発説は完全フェイク

2018年12月20日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 呉座勇一氏が謀略説は「フェイクだ、フェイクだ」と騒いでいるが、トランプ大統領の言動を見ると、「フェイクだ!」と騒ぐ人自身がフェイクを垂れ流すものだ。長文になるが、以下の説明をお読みいただければ、怨恨説・野望説・偶発説はいずれもフェイクであることが、ご理解いただけるであろう。フェイクを垂れ流したのは羽柴秀吉であり、それを定説としてひたすら護持しているのがフェイクだと騒いでいる学者という構図である。 . . . 本文を読む
コメント

平和を作ることが仕事にできる?

2018年12月13日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 「いまどきの若者は・・・」と嘆いている方は是非お読みください。「いまどきの若者、凄いんです」。  昨日、認定NPO法人テラ・ルネッサンスの創設者で『平和を作るを仕事にする』の著者鬼丸昌也(39)氏のお話を聴きました。 本を読んで、「よくここまでやるな」と感動したのですが、「本当かな?」と若干信じきれない気もしたので、直接お話を聴いて確認しました。結論は「間違いない本物」です。  是非、お話を聴い . . . 本文を読む
コメント

明智光秀初出史料

2018年12月12日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 明智光秀の初出史料は永禄6年(1569)1月4日の京都本圀寺での活躍を書いた『信長公記』とされてきましたが、天文13年(1544)8月22日付の光秀書状(木倉豊信氏蒐集文書)だったって知っていました?  >>> 「明智光秀全史料年表」無料web公開中 **************************  『光秀からの遺言 本能寺の変436年後の発見』明智憲三郎著・河出書房新社の執筆にあたっ . . . 本文を読む
コメント

真実の豪傑と歪められた定説

2018年12月01日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 そうなんです。「真実の豪傑は歪められた定説の100倍カッコいい!」。カッコいいだけでなく、面白いです。学ぶべきことがたくさんあります。  歴史小説に騙されて、真実を見失っているのは、とてももったいないことです。歴史家の史観に学ぶのではなく、本当の歴史に学びましょう。 **************************  『光秀からの遺言 本能寺の変436年後の発見』明智憲三郎著・河出書房新社 . . . 本文を読む
コメント

「明智光秀全史料年表」無料web公開中!

2018年11月28日 | 427年目からの挑戦
 『光秀からの遺言 本能寺の変436年後の発見』明智憲三郎著・河出書房新社の執筆にあたって、明智光秀に関連した史料の記事をすべて網羅し、年月日順に整理した年表を作成しました。現在、その年表をwebに無料公開しています。河出書房新社のホームページから光秀プロジェクト特設サイトに飛ぶとエントリーできます。以下に直接リンクを貼りましたので、ご利用ください。光秀を語るには必携のデータです。2020年NHK . . . 本文を読む
コメント

11/23 『光秀からの遺言』刊行記念トークライブ

2018年11月16日 | 427年目からの挑戦
 『光秀からの遺言』発売を記念し、著者・明智憲三郎さんによるトークライブを大阪市で開催します。 明智光秀の子孫が放つ渾身の最新刊は、前著では明かすことのできなかった最後の謎に挑む。「名門」明智家はどのような変遷を経てきたのか? そして光秀の前半生とは? あまりにも謎に満ちていた戦国史の闇に光をあて、ついに本能寺の変の全貌を明らかにします!   >>> 詳しくは、河出書房新社のページで! ビジネス . . . 本文を読む
コメント

大阪での『光秀からの遺言』発刊記念トークイベント案内

2018年10月29日 | 427年目からの挑戦
『光秀からの遺言』発刊記念 著者・明智憲三郎さんによるトークライブ             司会・聞き手:二村知子 開催日 : 平成30年11月23日 金曜日(祝日) 時間 : 14:30開場  15:00開演 会場 : 隆祥館書店8階 多目的ホ-ル 参加費:3.000円(内訳:参加費1488円+『光秀からの遺言』1512円 )     トークライブのみ . . . 本文を読む
コメント