本能寺の変 「明智憲三郎的世界 天下布文!」

『本能寺の変 431年目の真実』著者の公式ブログです。
通説・俗説・虚説に惑わされない「真実」の世界を探究します。

『「本能寺の変」は変だ!』「恨んで謀反って変だ!」

2017年01月18日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』(明智憲三郎著・文芸社・2016年5月)の抜粋をこのブログで順次ご紹介しています。第1回から順に辿れるようにリンクを貼ってありますので、順にお読みください。  >>> 第1回「はじめに」と「おわりに」  第6回の今回は第4話「恨んで謀反って変だ!」です。 第4話 恨んで謀反って変だ!  これまで見てきたように「信長が怒って光秀を殴っ . . . 本文を読む
コメント

『「本能寺の変」は変だ!』「そのリアリティって変だ!」

2017年01月17日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』(明智憲三郎著・文芸社・2016年5月)の抜粋をこのブログで順次ご紹介しています。第1回から順に辿れるようにリンクを貼ってありますので、順にお読みください。  >>> 第1回「はじめに」と「おわりに」  第5回の今回は第3話「そのリアリティって変だ!」です。 第3話 そのリアリティって変だ!   本能寺の変の半月前に徳川家康が重臣た . . . 本文を読む
コメント

『「本能寺の変」は変だ!』「百年もたってるって変だ!」

2017年01月16日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』(明智憲三郎著・文芸社・2016年5月)の抜粋をこのブログで順次ご紹介しています。第1回のページから各回へ辿ることができます。  >>> 第1回「はじめに」と「おわりに」  第4回の今回は第2話「百年もたってるって変だ!」です。 第2話 百年もたってるって変だ!  さて、こうなると逆に「Bの内容は正しくないのだからAの内容も正しくな . . . 本文を読む
コメント

『「本能寺の変」は変だ!』「ハゲだから謀反って変だ!」

2017年01月15日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』(明智憲三郎著・文芸社・2016年5月)の抜粋をこのブログで順次ご紹介します。  >>> 第1回「はじめに」と「おわりに」  >>> 第2回「プロローグ」  第3回の今回はいよいよ本文、第1話「ハゲだから謀反って変だ!」です。 第1話 ハゲだから謀反って変だ!  子供向けの「きっず流行語大賞二〇一五」の第一位は「本能寺の変」でした。二 . . . 本文を読む
コメント

『「本能寺の変」は変だ!』「プロローグ」

2017年01月14日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』(明智憲三郎著・文芸社・2016年5月)の抜粋をこのブログで順次ご紹介します。  >>> 第1回「はじめに」と「おわりに」  第2回の今回は「プロローグ」です。どのようなことが、この本に書かれているのか大枠がご理解いただけると思います。 プロローグ 歴史捜査授業とは何?  およそ四百年前に起きた日本史最大の謎とされる「本能寺の変」。皆 . . . 本文を読む
コメント

『「本能寺の変」は変だ!』「はじめに」と「おわりに」

2017年01月13日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』(明智憲三郎著・文芸社・2016年5月)の抜粋をこのブログで順次ご紹介します。今回は「はじめに」と「おわりに」です。著者がこの本に込めた思いをご理解いただければと思います。 はじめに  歴女ブームといわれて久しいですが、逆に「歴史は好きでない」という若い人が近頃増えているように思います。おそらく学校で教える歴史が暗記学に過ぎないからで . . . 本文を読む
コメント

「クリス・ペプラーは明智光秀の子孫?」の歴史捜査

2017年01月13日 | 427年目からの挑戦
【2016年11月21日記事】(文末に後日追記あり)  2016年11月21日、TBSテレビ「7時に会いましょう」で「クリス・ペプラーさんは明智光秀の子孫か?」の謎解きが行われました。番組中での謎解きは私が行いましたが、短時間のバラエティー番組の中ではとても説明しきれませんので、ここに私の捜査結果と推理の要点を説明いたします。  >>> Wikipedia「クリス・ペプラー」  まず前提としてご . . . 本文を読む
コメント (4)

『織田信長 四三三年目の真実』読者書評

2017年01月13日 | 427年目からの挑戦
 秀吉がねつ造し、軍記物に汚染された戦国史を今一度洗濯いたし申候  40万部突破のベストセラー『本能寺の変 431年目の真実』の著者が、今度は信長に挑んだ!!  >>> 明智光秀の子孫が新解明する「間違いだらけの織田信長」(アサゲイ・プラス記事)  >>> 「織田信長」の虚像を暴く『信長脳を歴史捜査せよ!』  >>> 『織田信長 四三三年目の真実 信長脳を歴史捜査せよ!』あらすじ  『織田信長 四 . . . 本文を読む
コメント (1)

明智憲三郎のスケジュール

2017年01月03日 | 427年目からの挑戦
 秀吉が捏造し、軍記物に汚染された戦国史を今一度洗濯いたし申候  明智憲三郎の出版、講演などの予定を掲載いたします。 【4月末まで執筆期間のため講演を控えております】 2017年   1月 8日(日) 湘南史談会講演   1月14日(土) 楽学@楽膳楽酒講座11   1月18日(水) 三菱東京メルック会講演   2月 4日(土) 楽学@楽膳楽酒講座12   7月 6日(木) 関西不動産三田会講演 . . . 本文を読む
コメント (6)

明智憲三郎的世界2017年年賀状

2017年01月01日 | 427年目からの挑戦
 あけましておめでとうございます。昨年は様々な方向へ「発展」の年だったと思います。でも、定説・通説に固執する「本能寺の変ムラ」の巨大な壁が相変らず高く・分厚くそびえ立っています。それにめげることなく、「蟻の一穴」をいつまでもコツコツと穿ち続ける覚悟でおります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。                             明智憲三郎  >>> 明智憲三郎的世界201 . . . 本文を読む
コメント

明智憲三郎的世界2016年十大ニュース

2016年12月30日 | 427年目からの挑戦
 今年も「秀吉がねつ造し、軍記物に汚染された戦国史を今一度洗濯いたし申候」と活動を展開してきました。皆様のご支援・ご声援に大変感謝しております。  今年を振り返ると私にとってはとても大事なことが様々ありました。その中から絞って十大ニュースを選びましたのでご紹介いたします。  1.『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』文芸社出版(5月)  『本能寺の変 431年目の真実』文芸 . . . 本文を読む
コメント

明智姓復姓の明治14年新聞記事発見!

2016年12月30日 | 427年目からの挑戦
【写真】 光秀居城の丹波亀山城の石垣  私の先祖は明智光秀の子の於隺丸(おづるまる)が山城国の神社に匿われ、名字を明田(あけた)と変えて代々隠れ忍んできたと伝わります。系図は存在せず、口伝だけなのですが、昨年の捜査で私から6代前の明田利右衛門という人物までの250年の系図を復元できました。この人物が京都三条白川筋にある明智光秀公首塚に関係した明智光秀の子孫であることが江戸時代の史料で確認できていま . . . 本文を読む
コメント

経営者として信長に触れる3冊

2016年12月22日 | 427年目からの挑戦
 晋遊舎から100%ムックシリーズ・完全ガイドシリーズ157『日本史読本完全ガイド』が発売されました。キャッチフレーズは  「今こそスッキリ!最強の一冊 日本史 学び直し時代別名著」  「生まれた国の”真実”を知らないまま死ねますか?」  「歴史が苦手な人にこそ読んでほしい本を集めました」  「ジャンル別歴史のプロが選び抜いた!日本史学び直し名著ベストバイ210冊」の内の「経営者として信長に触れ . . . 本文を読む
コメント

論理的に考える出口汪先生お勧めの五冊

2016年12月21日 | 427年目からの挑戦
 「現代文は論理的な科目であり、全ての教科の基本である」と説く現代文講師の出口汪氏。多くの受験参考書がベストセラーになるなど人気を集めています。著書に『出口汪の「最強!」の論理的に考える技術』などがあります。  >>> 出口汪オフィシャルウェブサイト  >>> Wikipedia「出口汪」  その出口氏が次のような仮想の本屋の店長としてお勧めの本を選びました。  足を一歩踏み入れると、思わず目眩め . . . 本文を読む
コメント

武田信玄重臣は信長の家康討ちを予測していた!

2016年12月19日 | 歴史捜査レポート
 拙著『本能寺の変 431年目の真実』は数多くの証拠と論理的な推理によって、織田信長が本能寺で明智光秀に討たれたのは、信長が徳川家康とその重臣一行を本能寺へおびき出して光秀に討ち取らせる企てがあったからだと明らかにしました。  >>> 「信長による家康討ちはあり得ない」という方へ  その証拠と推理の結果からは、この答しかあり得ないのですが、本能寺の変研究者は「信長が同盟者の家康を討つなどはあり得な . . . 本文を読む
コメント (12)