本能寺の変 「明智憲三郎的世界 天下布文!」

『本能寺の変 431年目の真実』著者の公式ブログです。
通説・俗説・虚説に惑わされない「真実」の世界を探究します。

「安土山の謎-織田家と安土山」講演ご案内

2017年03月25日 | 427年目からの挑戦
 一般社団法人織田木瓜紋会主催の第2回楽学楽座講演会のお知らせです。 第2回楽学楽座-安土山の謎-  日時 4月8日(土)16時から(会場は15時30分より入場可能です)  場所 新橋・レンガ通りホール  港区新橋2-14-4 新橋レンガ通りビル4F     1階にAUショップがあるビルです。  テーマ 安土山の謎-織田家と安土山-  参加費 3000円・賛助会員2500円・一般会員2000円 . . . 本文を読む
コメント

『「本能寺の変」は変だ!』読者書評

2017年03月23日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 明智憲三郎著の第4作『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』文芸社・2016年5月14日発売!!  「秀吉がねつ造し、軍記物に汚染された戦国史を、今一度洗濯いたし申し候」。40万部突破の『本能寺の変 431年目の真実』の著者、明智憲三郎がさらなる歴史捜査を通じて、より解り易く「本能寺の変」の真実を解説した歴史ドキュメント! 「ハゲだから謀反って変だ! 」「歴史の流れ無視って変 . . . 本文を読む
コメント (1)

『「本能寺の変」は変だ!』「はじめに」と「おわりに」

2017年03月20日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』(明智憲三郎著・文芸社・2016年5月)の抜粋をこのブログで順次ご紹介します。今回は「はじめに」と「おわりに」です。著者がこの本に込めた思いをご理解いただければと思います。 はじめに  歴女ブームといわれて久しいですが、逆に「歴史は好きでない」という若い人が近頃増えているように思います。おそらく学校で教える歴史が暗記学に過ぎないからで . . . 本文を読む
コメント

「明智光秀の謎に迫る」第1回講演レポート

2017年03月18日 | このブログのガイド
 一般社団法人織田木瓜紋会主催の講座が新学期を迎えました。1年間のテーマは「明智光秀の謎に迫る」。その第1回「本能寺の変の真実」が3月11日新橋レンガ通りホールで開催されました。その講演レポートが織田木瓜紋会ブログに掲載されましたので、ご覧ください。 >>> 第1回「本能寺の変の真実」講演レポート  会場は満席で「内容豊富な講演「話に引き込まれた」など大変高評価をいただきました。  次回は4月8 . . . 本文を読む
コメント

明智憲三郎のスケジュール

2017年03月07日 | 427年目からの挑戦
 秀吉が捏造し、軍記物に汚染された戦国史を今一度洗濯いたし申候  明智憲三郎の出版、講演などの予定を掲載いたします。 【6月末まで執筆期間のため講演を控えております】 2017年   3月11日(土) 楽学楽座第1回(新橋)   5月13日(土) 楽学楽座第3回(新橋)   6月10日(土) 楽学楽座第4回(新橋)   7月 6日(木) 関西不動産三田会講演(大阪)   7月 8日(月) 楽学楽 . . . 本文を読む
コメント (6)

「桶狭間の戦い」の勝利は「偶然・幸運」か?

2017年03月05日 | 歴史捜査レポート
 織田信長研究で著名な歴史学者の方々は信長が「桶狭間の戦い」に勝てたのは「偶然・幸運」の産物と主張しています。しかし、実社会では周到に計画したことでも「偶然・不運」で失敗する例がいくらでもあるのに対して、何も考えずにやったことが「偶然・幸運」で成功する例はまずありません。ましてや、織田家存亡の戦いです。「必然・必勝」の作戦を立て、覚悟を決めて臨まない織田家棟梁がいるのでしょうか。しかも、彼は天下統 . . . 本文を読む
コメント (2)

「本能寺の変」真実求め50年、定説への挑戦

2017年02月24日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 夕刊フジの「ぴいぷる」欄に【明智憲三郎】日本史最大のクーデター「本能寺の変」真実求め50年、定説への挑戦と題して記事が掲載され、インターネット・サイトのzakzakにも3ページにわたって転載されて読むことができます。  記事の3ページ目の最後の部分のみ以下に紹介しますので、全文は原文をお読みください。  末裔(まつえい)による渾身の歴史捜査をまとめた著書『本能寺の変 431年目の真実』(13年 . . . 本文を読む
コメント

BS11「尾上松也の古地図で謎解き!」本能寺の変

2017年02月18日 | 427年目からの挑戦
 BS11「尾上松也の古地図で謎解き!」、2月22日(水)20:00「織田信長・天下への道のりと本能寺の変」に出演します。昨年11月に放送された番組の再編集版のようです。  >>> 「今でしょ!」の林修先生が熱烈支持する「本能寺の変」の真実  >>> 「本能寺の変」は変だ! 「敵は本能寺にあり」って変だ!  >>> もはや本能寺の変に謎は存在しない!利休・秀次切腹事件にも! . . . 本文を読む
コメント

楽学楽座「明智光秀の謎に迫る」シリーズ講演会のお知らせ

2017年02月17日 | このブログのガイド
【写真は愛宕神社威徳院】  一般社団法人織田木瓜紋会が主催して3月から毎月開催する楽学楽座「明智光秀の謎に迫る」シリーズの講演会の第1回目のお知らせです。  日時 3月11日(土)16時から(会場は15時30分より入場可能です)  場所 新橋・レンガ通りホール 港区新橋2-14-4 新橋レンガ通りビル4階  テーマ  第1回「本能寺の変の真実」   詳しくは主催者のブログをご覧ください。  >> . . . 本文を読む
コメント

桶狭間:義元本陣は名古屋市・義元終焉は豊明市

2017年02月10日 | 歴史捜査レポート
 桶狭間古戦場の場所をめぐって名古屋市緑区と隣の豊明市が「地元争い」を続けています。大事な観光資源ですので譲れない争いのようですが、『織田信長 四三三年目の真実』明智憲三郎著・幻冬舎を読めば今川義元本陣は名古屋市緑区、義元終焉の地は豊明市であることが一目瞭然です。名古屋市と豊明市は仲良く一勝一敗で手打ちにしたらよいと思うのですが。  なお、桶狭間の戦いでの織田信長の作戦のすべてがこの本で解明されて . . . 本文を読む
コメント

「今でしょ!」の林修先生が熱烈支持する「本能寺の変」の真実

2017年02月08日 | 427年目からの挑戦
 「今でしょ!」の「林修先生が解説する本能寺の変!知られざる真実とは!?」と題したStartdash記事が掲載されました。(2017年2月7日)  6分で読める記事ですので、是非お読みになってください。  なお、林先生が文中で取り上げている『本能寺の変 431年目の真実』文芸社文庫は歴史書としては異例の40万部の実績のある本です。「本能寺の変」についての蓋然性の最も高い真実、つまり答がすべて書かれ . . . 本文を読む
コメント

『「本能寺の変」は変だ!』「エピローグ」

2017年02月05日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
【写真は亀岡ききょうの里】  『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』(明智憲三郎著・文芸社・2016年5月)の抜粋をこのブログで順次ご紹介してきました。第1回から順に辿れるようにリンクを貼ってありますので、順にお読みください。  >>> 第1回「はじめに」と「おわりに」  第18回の今回はいよいよ最終回の「エピローグ」です。 エピローグ「歴史捜査に学ぶ」  「四百年以上も . . . 本文を読む
コメント

『「本能寺の変」は変だ!』「みんな勘違いって変だ!」

2017年02月04日 | このブログのガイド
 『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』(明智憲三郎著・文芸社・2016年5月)の抜粋をこのブログで順次ご紹介しています。第1回から順に辿れるようにリンクを貼ってありますので、順にお読みください。  >>> 第1回「はじめに」と「おわりに」  第17回の今回は第23話「みんな勘違いって変だ!」です。 第23話 みんな勘違いって変だ!  信長は何かを企てていた、そして、それ . . . 本文を読む
コメント (2)

『「本能寺の変」は変だ!』「一日八十キロって変だ!」

2017年02月03日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
【写真は天王山にある山崎の戦い絵図】  『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』(明智憲三郎著・文芸社・2016年5月)の抜粋をこのブログで順次ご紹介しています。第1回から順に辿れるようにリンクを貼ってありますので、順にお読みください。  >>> 第1回「はじめに」と「おわりに」  第16回の今回は第22話「一日八十キロって変だ!」です。 第22話 一日八十キロって変だ! . . . 本文を読む
コメント

『「本能寺の変」は変だ!』「これで光秀討ちって変だ!」

2017年02月02日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
【写真は京都妙心寺明智風呂】  『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』(明智憲三郎著・文芸社・2016年5月)の抜粋をこのブログで順次ご紹介しています。第1回から順に辿れるようにリンクを貼ってありますので、順にお読みください。  >>> 第1回「はじめに」と「おわりに」  第15回の今回は第21話「これで光秀討ちって変だ!」です。 第21話 これで光秀討ちって変だ!  天 . . . 本文を読む
コメント