AKB48『放課後は、いつもPARTY☆』

やかってしまうのは、愛情の裏返し。AKB48とその周辺を愛してやまない◎◎みすと。が、ぼやいたり、語ったり、やかったり。

AKB48関連新作


◎キャラアニ:[AKB48] ◎DMM.com:[AKB48][SKE48]Amazon[AKB48]
  store

 


小嶋陽菜写真集
『女の子の神様』

渡辺麻友写真集
『まゆゆ』

AKB48
ヒストリー
[研究生公式教本]

AKB48
裏ヒストリー
[ファン公式教本]

48現象

※ コメントされる方へ ※

・エントリの内容と無関係のコメント(別のエントリ内容について等含む)されても、反映しません。
・宣伝や、関係ないと思われるリンク、単に他サイト・掲示板からのコピペなどは、反映しない場合があります。
※記事の転載はご遠慮下さい。

する事も無く

2006年12月30日 20時44分48秒 | Weblog
コンサートチケットの予約をしてしまうと、特にすることもなく、だらだら過ごす。公式ブログでの福袋の告知や、タワレコサイトの、怒濤のDVDリリースラッシュに驚いたり。

そうこうしていると、夕方から夜にかけて、年始のイベントの当選通知メールが届いた。これはまあ、両日共に2回廻しだし、CDイベに比べれば当たるのかな?

差出人・件名共に「AKBFC」なもんだから、うっかり海外からの迷惑メールと思って削除してしまわないように、皆さんご注意下さい!
コメント

年末雑感

2006年12月30日 14時16分19秒 | Weblog
年内の劇場公演が終わった。私はA、K共に最終公演日はチケットが買えず、またCD特典のA賞K賞にも参加できなかった。去年の年末は観客も百数十人だった事を思えば、隔世の感がある。A公演だった29日には、キャンセル待ち券も配り切り「カフェ観覧整理券」なるものもお目見えしたが、実際は、規制もなく8F(インフォメーション前やカフェ)には上がることが出来た。

年内最終日はサプライズ期待の観客も多かったが、A公演K公演共に、特にイベントじみたものは無く(A公演では最後に『チームAパーセント』をメンバーが歌って)終了。これで静かな年末……、と思いきや、春のコンサートツアーの情報が公式ブログに掲載されており、翌30日の正午から予約受付開始。

CD特典A賞のクリスマス会、K賞の大掃除は、少人数でかなり楽しいイベントだったようだ。もし、次回があればまた応募してみたい。

メンバーブログも先程から復活しているし、休演中もオフショットなどをアップしてくれると、ファンには嬉しい。

それでは皆さん(とは言うものの、どれほどの人が読んでいるかは良くわからないが)、良いお年を!
コメント

越えられない壁

2006年12月29日 01時38分49秒 | Weblog
最近、A公演を見ていて、変な気まずさを覚えるようになった。留年が決まったクラスメイトと顔を合わせているような気まずさ。選抜の「ハズレ」なら、まだ次回にチャンスがあるかも知れないが、チームまで変わったら、もはや戻りようが無い「越えられない壁」で隔てられてしまったのではないか?明るい曲を聴いていても、脳内に澱のように澱む思い……。

1年以上も劇場に通って、100数十回A公演を見てきたが、こんな具合にバラケてしまうんだ……、と、変に感慨深げになってしまったり。K-3rdの「春には会えなくなるんだね」というフレーズが、頭をよぎる。(2月中旬は、暦では立春後という事で)

B-1stセット、異動の4人も、受け入れるBメンも気まずいんじゃないかと思う。BメンはBメンで、オーディションを勝ち抜き、これからチームメイトと一緒に頑張ろう!と思っていたら、大先輩のお局様が4人も入ってくる。異動組も異動組で、別に好き好んでBに来たわけじゃあるまいに。

「応援ツアー」、かなり参加者少な目だったようだ。当日の夜には、AK共に一般公演があったのだが、某Aメンは夜のMCで「(夜公演は)お客さんが多くて安心しました」というような内容を話していた。
社会人にはつらい、平日の昼間という設定も一因だろうが、まだまだ「アキバ限定」の人気なのかも知れない。スタッフも、普段劇場に来るような、ほぼ毎回来てグッズも数万単位でホイホイ買っていく濃い客が全てではない、という事を知りましょう。ショート缶のお茶が1本500円て!同席したオネエチャンのドリンク1杯1000円の店じゃないんだから(笑)。(ちなみに缶の側面にシールが巻いてある)
アキバ・エリアから全国区への「越えられない壁」。

K-3rdの歌詞とムービーが、公式サイトに掲載された(ムービーはFC限定)。初日から10日。これは覚えておこう。次のA-4thも、同じ程度のタイミングで掲載されるか見ておかないと。共に1つ前のセットリストは、Kがフライング掲載(直URL流出)に対して、Aは掲載が遅れた経緯があるから。
コメント

イブA公演、Xmas K公演

2006年12月26日 00時45分54秒 | Weblog
最近は、K-3rdが走り始めたと言うこともありKネタが多いが、Aも見ていますよ。イブのA公演、XmasのK公演を見てきた。いつの間にか私も、劇場通いを始めてから1年が過ぎていた。

A-3rdは、4ヶ月を超えて円熟期というか、こなれてきた感じ。
メンバーも最近はMCというか小ネタに力が入って(笑)、メンバーたちなりに、マンネリにならないように色々考えているのだろう。
去年の12/24は観客が130人だったそうだ。(MCより)。去年のチケットをチェックしてみたら、12/22.23.25は有ったが24は無かった。「イブにアイドルイベなんて、行ってられっかよ」と、敢えて飛ばしたのだった。今年は必死に見に来ているというのは、ある意味残念だ。

ところで、『投げキッスで撃ち落とせ』は『恋のダイヤル6700』だと前から思っているのだが、みいちゃんの振りが一部最近変わってきた。「私の胸にキャッチ」「動けないまま倒」の部分。以前は他のメンバーと同じく演っていたが、今は一人だけ違ってカッコ悪い。また独自アレンジ癖が出たかな?せっかくかわいいのに。峯岸家の家訓を思い出して欲しいところ。

24日は日曜日で、平日よりも終演が1時間早いという事もあり、ダブルアンコールで『あなたとクリスマスイブ』を全員で歌った後、レッドカーペット廊下にメンバーが並んでの「お見送り&全員握手」。立ち止まりは禁止だったが、最近は「誰か一人限定」イベントが多かったし、1年以上見てくれば、誰に向けてもひと言ぐらいはあるもので、全員とのサプライズは純粋に嬉しかった。

XmasのK公演、『クリスマスがいっぱい』が明日以降、どうなるのか気掛かりではあるが、ダブルアンコールで『あなたとクリスマスイブ』を全員で歌うサプは同じ。リードボーカルは有華と才加。途中、休演と伝えられていた梅ちゃんが上手より登場し、泣き出すメンバー。平日で終演後の時間があまり無く、握手は無しの「通り過ぎ会」(笑)。TV電話で繋がったメンバーあたりは「あ!」みたいな顔をしてくれた(ように脳内では思えた)。
アンコールでジングルベルを歌ったり、「今日は~、イエスキリストの~、聖誕祭だあ~(確かに)」とか、応援が盛り上げ上手で面白かった。Team A里菜てぃんが見に来ていたようだ。
コメント

すぐ挙げないと旧くなる

2006年12月23日 21時18分12秒 | Weblog
次回書こうとかしていると、ネタがどんどん旧くなる。
箇条書き程度でも、推敲もへったくれもなく、挙げる!

「16×3=48、48÷3=16」
あの劇場で、あのステージで演る限り、20人程度までが限度だろう。
最終的に48人にするのであれば、単純計算で1チーム16人が妥当だろうと。
上に出す(デビュー卒業)か、下に落とす(引退/脱退)か、だよね、と友人たちと話したこともあった。

結局今回、4人がB行きという事になったけれど。何人かの日記やBlogを読んだら、この4人は全員「ばら組」なんだそうだ。今回の異動で、Team Aの籍は無くなるようだが、始まってもいないばら・ゆりの籍は……、まあ基本がAKのシャッフルって事だから、無くなるんだろうな。
そしたら、ゆりから2人、ばらに行くのかな?

「メンバーのために」
Bに異動した4人のうち誰かが辞めたら「嘘つき!」と言ってやる。
それとも「この時点で引導を渡すことが、4人のため」と思っていたというのであれば、それはそれとして、厳しい一面、と言えるのだろうか?

「半開き」
同じ半開きの口でも、みぃちゃんとえれぴょんでは、どうしてこうも印象がちがうのだろうか?

「PV」
『制服が邪魔をする』PV、私としては昔、仙道敦子が出演していた「浅田飴パッション」のCMみたいな感じの仕上がりではないか?と予想している。でも、その世界観ならむしろ『JESUS』か。
(とか書いていたら、A賞クリスマス会で上映されたとか?あぁ、やっぱり書いたらスグにアップしないとだめだな。)
コメント

脳内でリピート

2006年12月23日 18時26分40秒 | Weblog
ちょうど、K公演の日に見に行けない日があった。こういう時こそ、脳内リピートだ。
よく回ってるのは「転校生」「マリア」「クルクルパー」の曲。

今回のK-3rd、曲調の基本はスカな感じだ。当たりはずれの「スカ」じゃなくて、スカパラの「スカ」。歌詞・曲セットで、フレーズがいい感じで脳内に食い込んでくる。仕事中に、うっかり口ずさまないようにしないと。

ところで今回の「脳内パラダイス」公演、普通に略すと「脳パラ」だが、曲中にも出て来るとおり「妄想」パラダイス、でも良かったんじゃないか?略すと「妄パラ(もーぱら)」になり、食べ放題のチェーン店もあることだし(笑)。公演名の選考で、いいところまで残っていたんじゃないだろうか。字面は似ているが「妾パラダイス」だと、まずいだろう。すべり隊に入隊してしまいそうだ。
コメント

FCサイトのメンバーブログ

2006年12月23日 01時28分14秒 | Weblog
「メンバーブログのセキュリティに問題があったため、会員様以外でも見れてしまいました。申し訳ございません」てのが、筋なんじゃないかとも、思う。
とあるブラウザを特定の設定にすると、会員じゃなくても見れてしまったんだそうだ。
これって、単に、そのブラウザでチェックしてなかっただけなんじゃないか?
抜け穴のあるブログを作った側は、お咎め無しなのだろうか?

普通のFC会員にしてみたら、いきなりメンバーブログが見られなくなっていて、「閉鎖理由は公式ブログをご覧下さい」と書いてあり(そのページに説明が無いこと自体、かなり失礼だと思う)、ブログを見たら、自分たちはやっても居ないことに対しての説教文を読まされて、挙げ句、三島氏が睨み付けている。失礼だな。

UDXやタワレコのライブにしても、モッシュ・ダイブ禁止のアナウンスは無かった。一時期は、イベント会場ではきちんとアナウンスしていたのに、やらなくなったのだ。それは、警備側の気の緩みだ。「禁止されていない事は、やる」という一部の客が居ると言うことを、忘れてしまったようだ。

そう言えば、K-3rdゲネプロでの陰アナ(注意事項の説明)も無かった。うっかり携帯電話切るの、忘れるところだった。大部分の観客は、きっと切るのを忘れていただろう。これもスタッフ側の「うっかり」だ。ゲネプロからメンバーに陰アナをやらせるのはかわいそうなら、支配人なり、マネージャーなりがアナウンスすれば済むことだ。

メンバーたちはステップアップしても、周りで支えるはずのスタッフが、以前は出来ていた事が出来なくなっている。これではだめだと思う。
コメント

「脳パラ」5公演目

2006年12月22日 01時21分11秒 | Weblog
今日(12/21)で5公演だと、陰アナのこりす(と、呼んでる人は居るのだろうか?)が言っていた(公開ゲネ含まず)。
ゲネ含めて4公演観てきたが、思いついた事などを。

全体的には「いっぱいいっぱい感」が減り、メンバーも徐々に落ち着いてきたようだ。K-3rdは、振りも速いし歌詞も詰まってるし、で、初盤はかなり大変と思うが、見ている側の振りマネもサマになってきた事だし、お互い頑張りましょう(笑)。観客側も、パートやフォーメーションがわかって来て、どの位置で見ようか等、固まってきたのではないか。

個別には、見る限り20日から「ほねほね」の体操着が、普通の(TVで着ている)衣装に変更になった。やはり「大きなオトモダチ」の異常な盛り上がりにマズイと思ったのか(笑)?左右の花道で踊ってる時に、さすがに体操着中学生にピンクのスポットは、ちょっとチガウ店かもと思った(爆)。

ハートの王様の長ネギが石油ポンプに変わった。これは、今後も変わりそうなので、使って欲しい「長もの」を、香菜ちゃんにプレゼントしてみてはどうだろう?

ひと月ぐらいして慣れてきたら、ソロ曲を含めてユニット替えをガンガンやってみて欲しいところ。才加ゴスロリ、佳代体操着、有華ソロとか見てみたい。

また気付いたことなどあればその都度、挙げていきます。
コメント

B-1stを予測してみた

2006年12月22日 00時49分55秒 | Weblog
K-1stを見ても、いきなりオリジナルセットリストは無いだろう。

ここで複線として、ハイパーヨーヨの動向を。
ご存じ、ハイパーヨーヨはハイパーが付く前に『青春ガールズ』『Warning!』の元歌を歌っていた。現場売りのCDもあった。それが、K-2nd公開後、A-3rd直前のライブでは、他の曲は演ったのに、前述の2曲だけ演らなかった。そしてA-3rdゲネ2曲目で「こっちにもヨーヨの曲かよ。」と気付く一部の客。
後日、ハイパーのライブ会場でエザキさん曰く「AKBで使ってる間は、演らない」と言ったとか。オリジナル、聞きたいのになあ。

徐々に話をAKBに戻してゆく。先日行われたハイパーのライブでも、この2曲が演られる事は無かった。『Nu-Music』(Warning!元曲)は、まだA-3rdで使ってるからともかく、『Time Drive Cool Girls』(青春ガールズ元曲)を演らなかったというのは、どういう事か。
Kの2ndセットリストは12/14で千秋楽を迎えたので、セットタイトルになっている曲を、次の「脳内パラダイス」公演では使わない。もちろん、Team Aが使うなんて有り得ない。
にもかかわらず「AKBで使ってる間は、演らない」という事は……。Aでもない、Kでもない、と言うことは、消去法で『Bが使う』のだ。

結論。「Team Bの1stセットは『青春ガールズ』公演である」、以上。「UDXで『桜』の衣装着てたじゃん!」とか、違ってもやからないでね(笑)。
コメント (3)

出向?リストラ?

2006年12月20日 01時24分39秒 | Weblog
ただでさえ慌ただしい年末に激震が走る。Team AからMIHO、なっちゃん、かや、志穂の4人がTeam Bに異動との事。当初20人居たB候補生、今は14人しか残ってないんだって。公演打てるかどうか心配だから、サポートとして、なんだそうだ。
つまりは「自らのアイドル活動よりは、次世代メンバーの育成コーチをやれ」って事かな?

TPDは10人居なかったけど公演していたよ。少人数向けセットに組み直すか、もしくは16~20人になるまで補欠繰り上げとか、どうとでも出来るじゃん?最悪は、規定数に達するまで公演しません、とかね。

異動の面子も全員が「Team おるすばん」。しかも1年以上のキャリアを白紙に戻されて、Kも通り越してBと一緒にさせられちゃった。B候補生より、異動させられたメンバーが辞めちゃうんじゃないかって、そっちの方が心配だよ!A-4thは2月半ばスタートとも書いてある、と言うことはA-3rdセットで半年近く引っ張るのか?ホント「入道雲が泣きそう」……。

なんだかK(3rdセット開始が遅れたのでA-4th進行も遅れ)やB(人数不足)のしわ寄せを、全部Aが引き受けているような気がするよ。
コメント

K-3rd「脳内パラダイス」ゲネプロ&初日

2006年12月18日 21時37分58秒 | Weblog
新セットリストの立ち上がりは、やはり立て続けに見ておきたいもの。
初日から「どの曲も完璧」な満点公演、なんて有り得ない訳だから。
最初は荒削りだった公演が、徐々にブラッシュアップされていくさまを
劇場で見ているのは、本当に楽しい。

シロート目に見ても、ゲネと初日では違う。客の視線とか、自分推しの声援とか
レッスンとは違った状況の中で、彼女たちは試行錯誤している。
しかし残念ながら、まだ全体を見渡せる位置では見れてないのですよ。

幕が開くと、夕焼けっぽい照明に浮かぶガールズバンド。ミドルテンポのしっとりとした曲。
たんばりんが好きです☆でも、ぶるぅすはぁぷは、も~っと好きです♪
紙吹雪バーンで1曲目から盛り上がりのK-2ndとは、ちょっと趣を変えてきた印象。
2曲目はテンポを上げて、公演タイトルになっている『脳内パラダイス』。
3曲目は「ニッポン!チャチャチャ」テンポの手拍子が印象的な曲で、されにテンポが上がる?

自己紹介MCを挟んで、4曲目。今までAでもKでも無かったソロ曲。大島優子。自分推し以外の客を、退屈させないように聞かせるっていうのは、かなり大変なんじゃないかと思う。
5曲目は、縦ノリロックゴスロリ風味。アニメかゲームとタイアップ希望だ!とも~みちゃんがシャープな動きが出来るんだという発見!
6曲目はあちこちで「ヅカっぽい」と言われてる衣装の曲。という程、私は宝塚を知らないので。野呂ちゃんかっこいい。
7曲目。もう何も言うまい。ほねほねワルツ体操着風味。至近距離で見る人は、ティッシュ持っていった方がいいよ(鼻血用ね)。
8曲目は「クルクルパー」な曲。衣装がサーカスというか、今回もTeam Kの衣装、金掛かってるな。少なくともTeam Aでは全員違う衣装、って無いよね(アクセとか除外)。あ、あってもBirdぐらいか。Kは2ndの『雨の動物園』もそうだし今回の「クルクルパー」も、個性豊か。

「クルクルパーMC」の次、9曲目にはクリスマスソング。まさか初日から1週間で封印なんて事はないよね?ピンク組と水色組のひらひら衣装が可愛く、衣装のひらひらを活かした振りもキレイ。
そのままの衣装で10曲目は「パイレーツ」をモチーフにしたっぽい曲。9曲目とは違った、テキパキとした振り。
11曲目は、卒業がテーマの曲で、衣装は冬服のセーラー服。似合う人も、つらい人も(笑)。
ここで、本編が終了。

アンコール1曲目は、これは一世風靡と言うしか思い浮かばない。体育会系を強調?
2曲目はメドレー。Virgin Love~シンデレラは騙されない~転がる石になれ。客席の高まり具合は、劇場でどうぞ。
締めのMCの後、最後の曲『草原の奇跡』。「空も飛べるはず」みたいなイメージかな。

ああ、また見たくなってきた!!
コメント

新セットリストに向けて、思うこと

2006年12月15日 01時25分00秒 | Weblog
詳細は、大御所のブロガー諸先輩方が書いて下さると思うんで、思ったこと2つを端的に。

1、あまり長くしないで欲しい。
K-2ndは90分超え、A-3rdに至っては100分超えている。始まった当初は、長くやってくれて嬉しかったが、終演後すぐにカフェが閉まって、落ち着いてアンケートも書けないし、「劇場名物」のサプライズをやろうとしても、21時まで10分じゃ、ほとんど何も出来ないよ。
今にして思えば(と言うかK-Re:1st見て改めて)パーティー公演は短かったから、サプライズなども色々と試行錯誤できたんじゃないかと思う。

メンバーにとっても、10分違うとだいぶラクになるんじゃないかな?公演が短くなった分、メンバーの帰りも早くなれば、出待ちもラクになるし(違)?

2、ラップは、もういいや。
現行セット(A-3rd & K-2nd)に各1曲ずつ入っているエザキさんの曲の影響かどうかは知らないけれども。ラップ聞きたきゃ、ほか行きますから。

泣いても笑っても、明日、土曜日は『脳内パラダイス』ゲネプロです。
コメント (1)

見たい、見たい、見たい!!!

2006年12月15日 01時08分53秒 | Weblog
と必死になったら、キャンセル待ちのキャンセル待ち、で見れた。K-2nd千秋楽。
「2nd」と書いたように、14日は『青春ガールズ』公演。メンバーも、1stと2ndの、どっちで千秋楽をやりたいか、と尋ねられたら、Aのお下がりセットよりも、オリジナルセットリストでやりたかったんじゃなかろうか?

やはりメンバーの個性が判って作っているセットだけあって、1stよりも見応えがあるな。

でもどうせなら、季節外れだろうが何だろうが『僕の打ち上げ花火』を見たかった、聞きたかった。オリジナルなセットリストで、締め括って欲しかったよ。

かおりん聖誕祭も重なり、入場時に受け取ったサイリウムは、青は『BLUE ROSE』、赤白は『禁じられた二人』でも使用。赤は高輝度タイプだったためか、アンコールの『シンデレラ』までは持たず。
コメント

メジャーのシングル

2006年12月14日 00時33分03秒 | Weblog
『制服が邪魔をする』(C/W:誕生日の夜)

メジャーのセカンドシングルは『制服が邪魔をする』になったようだ。PVも出来上がったそうだし。かなりの衝撃作になりそうらしいですが、えれぴょんにあまり凄い事させないで下さいね!

メジャーデビュー作『会いたかった』は、仲間うちで「まさか『夏へ続く近道』とか歌ってる曲は晩秋に出さないよなぁ」と言っていたのに出てしまったので(笑)スルーな方向で。曲は好きです。あゆ姉の掛け声が無いのは、寂しいですけれど。

おまけとしては、TVで『会いたかった』を見てファンになった人に「AとK、どっちの公演に行けば『会いたかった』見れるんですか?」と聞かれた場合、「どっちに来ても見れないよ」と答えるしかない、とか。(元々はA-2ndセットの曲で、A-2ndはすでに終了。A-3rdアンコール内メドレーに、ちょっと入ってるだけ)

現時点では、日本青年館コンサートのDVDも、同じ日に発売らしい。シングルの売れ行きに響くんじゃないかと、ちょっと心配。

ところで、カップリングあたり、そろそろTeam Kの楽曲入れてもいいんじゃないかと思う。選抜チームも「元々Aの曲を歌うサポートのKメン」というイメージを払拭するためにも「元々Kの曲を歌うAメン」だって良いわけだし。『日付変更線』とか、オメガトライブ(林哲司)っぽくて好きなんですが、今回の「制服選抜隊」の面子と衣装で聞きたい曲としたら……。
『青春ガールズ』はハイパーもにょもにょだし、夏っぽい曲はパスしたいし、『B・R』『禁2』『動物園』も違う……やっぱノリで『V・L』か?でもこんな「両面ピンクのスポットライト」なCD、PTAにやかられるな(笑)。

もひとつおまけ。Team Aの制服ユニット、「たかが女子高生」と歌ってる中にリアル女子高生は、こじはるしかいないんですね。
コメント (1)

K-3rdの次に来るものは、A-4th

2006年12月13日 22時54分34秒 | Weblog
今週末はTeam Kの3rdセットが公開される。元々は、もっと早い時期に公開?封切り?されるはずが、延びて12/17になった。

公式サイトの楽曲情報を見ると、各セットの期間が書いてある。だいたい、4ヶ月弱だ。K-1stは、11/8からのリバイバル公演があるので「3ヶ月」+「1ヶ月と1週間」ぐらい。もっとも、最近は休館日も多く、公演数と公演期間とは一致しないので、あくまでも目安として。

さて、A-3rdセットは12/20で4ヶ月。4thセットも、レコーディングという話が公式ブログで一瞬出たが、A-3rd千秋楽の日程などは未定である。クリスマス・イブまでは『あなたとクリスマスイブ』やるのかと思ったら、そうでもなくて『蜃気楼』に戻ってしまったし、少なくとも2007年の年明けはA-3rdのまま迎えそうな雲行きだ。

5ヶ月も引っ張っちゃったら、A-2nd終盤のA叩きや、アンコール事件みたいなのが頭をよぎって、また不安になっちゃうんですけど?
あまりに夏っぽい曲を差し替えるとか、A-2ndでは一人しか変わらなかった「ユニットシャッフル」やるとかして、変化を付けてみませんか?
コメント