ケルベロスの基地

三本脚で立つ~思考の経路

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BABYMETAL探究(我が家にもmini-Arrow到着、Death!)

2017-02-10 23:45:53 | babymetal
我が家にも、mini-Arrowが到着!

昨年末から怒濤のように押し寄せていた仕事・用事も、ようやく一段落ついて、
ほんとうにほんとうに、久々の、このブログの更新になる。

今日は、「リハビリ」を兼ねて、小ネタの身辺雑記。
また調子が出てきたら、長文の「探究」に戻りたいと思う。

いやあ、mini-Arrow、やっぱり劇的に楽しい

ま、弾いてる最中には、自分がmini-Arrowを弾いている姿は見えないし、
残念ながらBABYMETALの楽曲を弾くような腕はとてもとてもないから、
mini-Arrowを十分に活用しているなんてとても言う資格はないのだが、
そんな僕でも、今日は、仕事後帰宅した後、ひさびさにギターを2時間ほど弾いてしまったのだ。
ああ、楽しい。

ショートスケールにはまだ慣れないが、手の小さい僕には、慣れたら、ずっと使っているフェンダーのストラトよりも弾きやすいのではないか、という感触を得た(思い込み、かもしれないけれど・・・)。
それに、22フレットまであるし。(ストラトは21フレットしかなかったもんなあ。ランディ・ローズのソロとか「あ、フレット足りない」ってこともあったし)

ご存じの方も多いだろうが、VOXというメーカーのギター・ベース用のヘッドフォンアンプがあって、ギターのジャックに差し込み、そこにイヤフォン・ヘッドフォンを挿せば、音色をイコライジングしたりして(「メタル」という仕様のやつは、結構過激なメタルサウンドにもできる)気軽に自分の演奏を聴いて楽しむことができる。
(まだ、やっていないが)歩きながらでも、外でも気軽にエレキギターが楽しめるのだ。

昨日は開封してニヤニヤ眺めて、(Amazonでギタースタンドを注文してから)またケースに仕舞った。
今日は、帰宅したのが夜になっていたので、ちゃんとしたアンプではなく、このヘッドフォンアンプをジャックに挿して、イヤフォンで音を聴きながら、初めて弾いてみた。

何か、こうして、気楽に・楽しくギターを弾く、というのはずいぶん長く忘れてしまっていた楽しみのような気がする。
というか、フルサイズの本格的なギターではなく、半分オモチャ的なミニギター、しかも、BABYMETAL仕様の、この可愛くてカッコイイmini-Arrowだからこそはじめて味わう「ギターを弾く楽しさ」を味わった、そんな気がしている。

これって、まさにBABYMETALのありようそのものではないのか?
いや、そうなのだ。
少なくとも、僕にとってはそうだ。

BABYMETALによって味わった、「ヘヴィメタルって、ヘヴィメタルのライヴって、こんなに楽しくて、魂ごとさらわれてしまい、汗をぐしょぐしょにかきながら、(涙をも幾度か流し)、とてつもない多幸感に満ちて帰途につく、こんな凄い(手間・情熱・時間・お金・体力等々を賭けて味わう意味のある)ものだったんだ」という体験。

そんな体験を、今度は、このmini-Arrowで、楽器を奏でるという側面から味わうことになるのかもしれない。

「Road of Resistance」のあのイントロ、今日初めて自分で弾いてみたのだけれど、神バンドの演奏を聴いたり観たりするのとはまた全く異なる感激があった。
僕の場合は、カラオケのワンフレーズ、といったレベルでしかないが、それでも、自分で奏でる、ということの楽しさは、他では味わえないものだった。

BABYMETALに出会って、人生が変わった。
皆さんの多くもそうだろうが、僕もそうだ。

まだ2年数ヶ月の新参ファンでしかないが、それでも、それ以前とは、服装も、時間・お金の使い方も、他者(特に若者)とのコミュニケートの仕方も、全く違う自分がいるのだ。

このブログをこうやって書いている、ということ自体が、まさにそれだし、
ヒマがあったらカラオケに行って熱唱する、なんて、2年半前までには、絶対にありえないこと、だった。
でも、継続は力なり、で、それなりにいろんな歌がウマく歌えるようになってきて、人生の楽しみが広がった。
これもきっかけは「BABYMETALのライブダム映像」だった。

少し前の自分では考えられない、”ハジケたおっさん”がここにいる。
いいじゃないか、と思うのだ。
他の誰に迷惑をかけているわけでもないし。

で、このmini-Arrowは、”弾くBABYMETAL”だ、ということだ。
BABYMETALの楽曲を、ではなく(僕にはとてもとても無理。でも、弾けるフレーズ、リフだけを弾いて楽しむことはできる)、
「メタルを、ロックを、音楽を、自分の手で演奏する」その楽しさを、可愛くカッコいいシェイプによって体験させてくれる。
そんなアイテムになる、そう思う。

奮発してよかったっす。

明日、明後日は仕事で忙しいので、その後、また弾くのが楽しみだ。

買ったもののパラパラと眺めて、本棚に入れっぱなしにしていた『バンド・スコア BABYMETAL / LIVE SCORE SELECTION』。
さっきmini-Arrowを仕舞ってから「そういえば・・・確か、買ったよな・・・」と確認してみたところ、なんと、
「Amore~蒼星」が6弦のスコアで載っている
ではないか!
ギター・ソロ(ツインソロ)ならば、ひょっとしたら弾けるのでは?
なんて思っているのだが・・・???。
わくわく。

あっ、そうそう、僕のシリアルナンバー365でした。
これは、毎日毎日、一年365日、欠かさずBABYMETALを弾けよ、というお告げだ、と理解しました。
まあ毎日弾くのはムリですが、稽古に励みます。
このmini-Arrowなら、地味なオルタネイト・ピッキングの練習とかも、楽しくできそうですし。


以上、我が家のmini-Arrow、第一報でした。


コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« BABYMETAL探究(「天才は育て... | トップ | BABYMETAL探究(「Kawaii」と... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
激しく同意DEATH! (jiji-metal)
2017-02-11 13:54:23
初めまして(^^)
お気持ちよーく解ります!
青春時代以来何十年ぶりに心から熱中して愉しめて
しかも他者と感動を共有できる
ベビメタに会えて幸せ
ベビメタに会えて良かった
日々そう感じながらベビメタ情報を漁っています
これからもベビメタと共に人生を愉しんで生きましょう(^^)

コメントを投稿

babymetal」カテゴリの最新記事