稲村亭日乗

京都の渓流を中心にルアーでトラウトを釣り歩いています

豆アジいっぱい情報ながら

2017年04月19日 | 
 アジングの師匠から、若狭で豆アジがわいてますとの情報。

 川は増水でだめだろうとの思いで若狭へ。

 夕刻、若狭に着くと、おじいさんがサビキでアジ釣り。

「釣れますか?」と尋ねると
「まだ2匹や・・・アカン」。

 アジの姿はどこにも見えない。
 しばらくサビキ釣りを眺めていたが、気配はまったくなし。

 車内で食事、暗くなるのを待つ。

     

 やっと暗くなった。
 常夜灯の下でアジを探す。

 いたいた、足元にいっぱい。
 すごい大群だ。

 イワシボールならぬアジボールをつくっている。 

 10cmにもならない文字通りの豆アジ。

 ワームを投げてみたが、見向きもしない。

 常夜灯から離れたうす暗いところに目をやると、ここでもアジ。
 豆アジよりも一回り大きそうだ。

 「学年」ごとに群れをつくっているみたい。

 このうす暗いところにワームを投入。

 表層を細かく震わせながら巻いているとゴンッ、グググ。

 これはエエアジや!と思ったが

     

 メバル君。

 表層のアジには相変わらず無視されっぱなし。

 そのうち、やっと1匹。

     

 アジは手ごわい。
 いるから食ってくるとは限らない。

 何かをきっかけにいわゆる「スイッチが入る」のだろうか?

 釣果 ア ジ 1匹(13cm)
     メバル 4匹(13~17cm)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瀬川さんに再会 | トップ | 上桂 一進一退ながら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。