逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

菊池誠版、陰謀論の罠

2008年03月18日 | 9・11事件と情報操作

9.11の問題については、kikulogという面白いブログを見つけた
このブログ主は大阪大学物理学教授菊池誠という人物で、専門外の陰謀論説退治に情熱を傾けている。ついでに、ここのブログ主は、反原発本に対して批判的・懐疑的な言辞を残しています。
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/

菊池誠氏を偽科学批判を続けている物理学者として信用されているようですが、可也エキセントリックな『宗教と似たようなものになる』人のようですよ。
まず9・11事件のアメリカ政府公式報告書に対する疑問を、すべて一纏めにして『陰謀論』と呼び、疑問を感じている人々を一括りにして『陰謀論者』と単純に解釈しています。
この時点で科学者としては失格ですね。
日本人は権威や肩書きに弱いようです。見かけの権威に騙される。

ドイツ文学者が歴史を偽造したりフランス文化の教授が格差問題の権威と勘違いする。
将棋指しが教育論を説教し日本中に日の丸君が代を強制する。
この人たちがドイツ文学やフランス文化や将棋に堪能で、我々下々に説教を垂れるのは良いでしょう。何しろ専門家ですから。
しかし、世の中専門馬鹿というものがあるんですよ。そう、専門以外は唯の馬鹿。
この菊池誠氏は安易に陰謀論と言っている時点で、氏の知性の程度が知れますね。
まあ、専門馬鹿の一人でしょう。

菊池誠阪大教授曰く、この連中の、陰謀論退治の話は、
『ビル崩壊についての物理的な問題自体は素人には理解しにくいものですが、「陰謀論」の一番の問題は、しばしば彼らのいう「敵」が神のように全知全能で、一枚岩に結束しており、われわれとはまったく違った、対話不能な宇宙人のような存在として描かれる傾向があるということだと思います。
その結果、しばしば「陰謀論」は宗教と似たようなものになることがあります。』

『陰謀論者は政府を全知全能と信じている?』

アメリカ政府公式発表に疑問を感じている人達のなかで『「敵」が神のように全知全能で、一枚岩に結束しており、われわれとはまったく違った、対話不能な宇宙人のような存在』と思っている人は多分少ない。
多分ゼロです。
ブッシュ大統領。あの人、正真正銘のアホですよ。
だいたい陰謀論なんて『論』は存在していません。
色々な数々の疑問や不思議、矛盾が世の中に存在しているだけです。
今、目の前の矛盾を矛盾と認めず、アメリカ政府公式発表を全部、完全に信じているのはアメリカ教信者だけです。
しかし、このアメリカ教信者は日本人には意外に多い。
曰く、アメリカともあろうモノが、そんな馬鹿なことをするはずが無い。!
しかし、日本は、其の馬鹿をいっぱいやった。北朝鮮は今でもやっている。何でアメリカだけが例外なんですか。?
ケネディ暗殺でも、アポロ11号でも、ベトナム戦争でも、イラク戦争でも、アメリカが、それはそれは、いっぱい世界中を相手にお馬鹿をやっている。

『菊池誠の陰謀の罠』

菊池誠阪大教授の専門は計算統計物理学の専門家で「と学会」にも所属するらしい。
で、「と学会」とは?
参加者は多彩な面々。占い師からヒーラー。新しい歴史・・・作る会会員まで参加してトンデモ本を紹介するらしいが、参加者からしてトンデモでは笑うしかない。(実は「と学会』の出した本を買って読みました)
内容の無いこと夥しい。こんなものを真面目な顔で出版するとは。かね返せ~。!!!
「と学会」に一見良く似た団体に、擬似科学やオカルト現象を批判・解明する科学者の団体「ジャパン・スケプティクス」があるのですが、これと間違えた。
参加者の中には重複している人も居ますが、似て非なるものです。
反原発本を批判的・懐疑的なトンデモと解釈する、物理学の大学教授とは何者ぞ。?
インテリ知識人とは、人より知識があるからインテリ知識人な訳で、人より知識が劣る菊池誠阪大教授などの変り種は、橋下弁護士同様引っ張りだこ。
大人の普通程度の知識経験があれば9・11事件に対して、何らかの違和感や疑問、疑惑を感じる筈だ。
何の疑問も感じず、陰謀論叩きに情熱を傾ける菊池誠氏などは、政府や電力会社にとって貴重な存在でしょう。
悪貨は良貨を駆逐する。
格差論の内田みたいに、インチキ学者ほど商売繁盛な訳です。
逆に浜岡原発訴訟でも、正しい真理(厳しい現実)を言う真面目な学者ほど冷や飯を食わされる。
老朽原発の危険性を指摘すれば、菊池誠阪大教授なら其れこそ『陰謀論者』扱いでしょう。

『トンデモ菊池教授』

菊池教授は『陰謀論』=トンデモ=UFOやオカルトと同等であると考え、ひたすら征伐に情熱を傾けているようですが、基本的知識に欠けている。
みなさん、過去に『陰謀論』なんて『言葉』を使ったことが有りましたか。?
使ったとして、何時ごろの話ですか。?
陰謀論とは何。?
普通、日本人同士の会話の内で『陰謀論』なんて言葉が出ることはなかった。そう、イラク開戦までは。
9・11以前の陰謀論とは、ほぼ『ユダヤ陰謀論』ぐらいだった。フリーメイソンなんてのもあったが、これなんかはユダヤ陰謀論の変り種程度。
現在、世界では陰謀論の「いんぼう」とは『陰謀』全般をさす言葉ではなく、過去には『ユダヤ陰謀論』を、現在は『ホロコースト懐疑論』を指している。
欧州諸国ではホロコーストの定説に異議を唱えることは即犯罪で刑事事件として扱われている。
公共の場所でハーケンクロイツの落書きをしたりSSの制服紛いのモノを着用すれば即逮捕されます。
日本ではお笑い芸人が時々やっていますが、ヨーロッパなら即逮捕ですね。
犯罪者を相互に引き渡す条約をアメリカとしか結んでいないので問題ありませんが、欧州諸国と結ぶと(厳格適用なら)トンデモない事になりそうです。
何故、隠蔽論や懐疑論や謀略論と呼ばず,日本では馴染みの無い(ユダヤ陰謀論を指す)「陰謀論」という言葉を使って『懐疑論者』を攻撃しようとするのか。?
そこに、まさに『陰謀』の影を感じるのは、果たして私だけだろうか。?

『科学者は社会のオピニオンリーダーたり得るか』

科学者は社会のオピニオンリーダーたり得るか? そういう質問を科学者にしたところ、イエスと答えた人が最も多かったのは韓国だったという話を聞いたことがあります。
最も少なかったのは英国で、それ以外の先進国でも「科学者はオピニオンリーダーたり得ない」と多くの科学者は考えているようです。
このアンケート,日本は堂々の第2位でイエスと答えた科学者が多かった。
知識階級は社会的に責任ある立場にいます。政治家や財界人もそうでしょう。広く言えば芸能人やタレント、一流スポーツ選手もこの範疇に入ります。
しかし一番最初はやはり政治家、政党、政府、官僚などでしょう。
そして、知りうる立場に居る人たちには、其の他の一般市民より重大な使命、責任が自動的に生まれる。『科学者は社会のオピニオンリーダー』であらねばならない。
誰も普通の一般人が知らない原発の危険性を知った時、耐震性に疑問を感じたとき、黙っていることは自分が荷担していなくとも、荷担したことと結果は同じことになってしまいます。
「核の冬』のカール・セーガンやアインシュタインが核廃絶運動に取り組むのは当然必要でもあるし義務でもある。
『知っている』だけでは何にもなら無い。『知っている』だけでは駄目ですね。

『内田流格差論や菊池誠』

この菊池君。アメリカ政府公式報告書に対して疑問を持っている人々全部が、談合して反政府活動をしているように思っている。

『ブログ記事での菊池誠教授の主張』
菊池誠曰く、
>「墜落機に限っては策謀があるという説」は「WTCは制御解体であるという説」と矛盾しています。両方が正しいということはありえません。
「いずれにしろ、アメリカ政府の陰謀だから、どっちでもいい」などという話ではありませんよね。
陰謀論者同士でどれにするか決めてから提案していただけると、話が早いんですけどね。<

菊池君は陰謀論者集団というのが此の世に存在していて、その陰謀論者集団が自分を攻撃してくるように考えているようです。
明らかな精神障害(被害妄想・幻覚?)の症状で、可愛そうですが病気ですね。
今アメリカ市民でも信じているのは2割足らず、日本はこの数字に近いが欧州は半分以下。
世界中の8~9割以上の人が、何らかの疑問を感じている。菊池君にとっては辛いことでしょうね。
世界中の人が談合して、自分を迫害すると感じるのは統合失調症(昔の精神分裂症)の典型的な被害妄想症状ですよ。
他の国は謀略をやるが、アメリカだけは違う。アメリカだけは他の国家と全然違う、何て考えるのはアメリカ教信者だけ。

『菊池ブログを読んでみる』

アメリカ政府さえ十分には説明出来ない疑問質問に対して、物理学の一教授がひょっとして何か真っ当な答えを用意しているかも知れないと考えた私がアホでした。
結論。
菊池君は学生のアルバイトですよ。其れも程度の低い。余程アルバイト代をケチったのでしょう。知性が低すぎる。
最初から最後まで逃げまくっているくせに相手が痺れを切らして、

>具体的な事に一切説明できないくせに文句を言うのは、一人前。
大学教授のブログとしては、最低ですね。さようなら下品な人達。

きくち September 20, 2007 @22:33:03
自分の主張を明確にしないまま、捨て台詞で撤退ですね。
うーん、陰謀論者には自分の主張がない、という実例がまたひとつ見つかっただけですね。(と、一方的に勝利宣言する自称菊池教授。)

きくち September 27, 2007 @22:17:07
>また飛行機が当たっても無いビルが倒れましたが、それはどうなんですか? 

「純粋水爆でしょ」(と、トンデモ発言を平気でする自称菊池教授)

199. Shoon — September 27, 2007 @22:21:47
>純粋水爆でしょ
純粋水爆を疑似科学とするならそれで良いでしょう。
では、科学的に第7ビルが崩壊することの説明して欲しいです。
そういう科学的な説明が今まで一切なのは私の気のせいでしょうか?

きくち September 27, 2007 @22:36:59
まったく問題ありません
僕の理解では、WTC7の崩壊については、まだ議論が収束していません(陰謀論は別として)。
その意味では科学的な説明は確定していないということでいいと思います。
 Shoonさんの意見は突き詰めれば「まだきちんと確立した説明がないから、陰謀である」ということですね。
それがまったく論理的ではないこと、つまりShoonさんが論理というものを知らないことは、普通の人ならすぐにわかります。
「科学的な説明が確定していないから、非科学的な説明でいいのだ」というわけです。
(金はケチってはいけませんね。
このアルバイトの菊池君は、程度が低すぎてネットウヨにも笑われる水準です。)

『逃げまくる菊池君』

WTC7の崩壊については菊池君は、それ以後の他者からの質問には、
『既に答えています。ブログを最初から読みなさい』で通しています。
小泉純一郎以上の逸材です。
永田町の役人でも、これ位いの鉄面皮は、そうざらにはいない。
菊池君の読者に対する答えと称するものは、
『僕の理解では、WTC7の崩壊については、まだ議論が収束していません』
判りにくい「菊池君用語」を翻訳すると、『僕、わかりません』ですね。
正直で結構ですが、しかし往生際が余りにも悪すぎる。
見苦しい限りで大人の態度とはいえないお粗末さ。
47階建ての高層近代建築が数秒で崩壊。
政府も誰も彼も、何の説明も出来ないで、全てだんまりを決め込む。
アルバイトの菊池君。こういうものを謀略とか陰謀とか呼ぶんですよ。
いい加減に目を覚ましなさい。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陰謀論の罠の罠。奥菜秀次の... | トップ | 陰謀論の罠の罠『空白部分を... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自然科学者はスーパーマンか? (kaetzchen)
2008-03-18 20:29:21
「『科学者は社会のオピニオンリーダー』であらねばならない。」という世論は,敗戦直後,湯川秀樹博士がメソン (中間子とも言う) の理論的発見でノーベル物理学賞を受賞したことから始まる.

つまり,科学者が何か政治的な発言をすれば,それは客観的な「真理」だと,大衆は幻想を覚えてしまうのだ.私の学歴についてしつこくネットであらぬ噂を立てる,学歴コンプレックスの某氏 (昨年,米国のdiploma mill にて博士号を買ってきた) も,科学者になりたい,権威になって愚かな大衆を洗脳したいという欲望がむき出しになっている程度の者だ.

そこから http://atom11.phys.ocha.ac.jp/ のような傑作な話も出てくる.彼女のこの Webページはまさに疑似科学とトンデモ発言の陳列館なので,この手の話に詳しくない方はぜひ見られることをお薦めします.


やっと結びついてきました。 (ニケ)
2008-05-12 21:24:58
私は「水伝批判」にはある部分やりすぎなところに批判的で、興味を持って調べてきました。
その結果、「水伝を信じるものたちは陰謀論も信じる」という彼らの言い方に科学的な思考のかけらも感じず、反発する気持ちが強くなってきました。
まるで観念的な思考にうんざりしてきて、これからは「水伝批判“教”」と扱い、考え方をを構築していくつもりです。

このエントリーからは多くのことを教えられました。私も紹介された記事を読みにいき、あまりの低レベルな論説にびっくりしたところです。あれで指導的な人と皆さんから思われているとしたら、その取り巻きさえもいってることが信じられなくなりました。

次の話は別の場所でのことですが、「論が正しければ、その発言者の人間性は問わない」と言っているのを聞いて驚きました。そのような考え方だから「水伝批判を行うものを全て無条件で支持する」となったのでしょうね。

私は「水伝批判は、科学的に見たらという条件の、その限りにおいては正しい。」としか思っていません。それを「水伝を信じるものは陰謀論も信じる」というのは観念的な思考そのものであり科学的な思考をするものたちと思えないので決別するつもりでいます。

これからもお邪魔しますのでどうぞよろしくお願いいたします。では~~~^^
「水伝批判」は科学論争か? (ブログ主)
2008-05-13 13:57:44
「水伝批判」が科学論争なら、ブログ管理者もコメント投稿者も、『水の科学』に対する見解にそれ程の違いは無いので、最初のらんきーブログでの、最初のコメントの遣り取りで終結しているはずです。
たんぽぽ集団の連日行っていたネガティブキャンぺーンは、単なる非難のための非難、論争の為の論争で、彼等の目的は最初から科学論争ではなく、非難で有り論争であったのでしょう。

「水伝批判」は、『科学論争の水準には無い』と言うよりも、まったく別の代物で、たんぽぽ集団の「水伝批判」は、どのように解釈しても到底科学論争などと呼べません。
連中がやったネガティブキャンペーンは、科学論争とは正反対の、如何と言うこともない安っぽい俗流道徳論の、有無を言わさぬ強引な暴力的強制ですね。

「水伝批判は、科学的に良くないと理由付けて、人間としてよくない(非道徳的)な行為を臆面も無く繰りかえしていた。
反社会的な集団の、反社会的な、不道徳な、ネガティブキャンペーンの標本として取って置きたい様な、純粋な見本的事件ですね。
あれは科学論争ではなく、科学論争に偽装した道徳論論争です。
>「水伝を信じるものたちは陰謀論も信じる」という彼らの言い方に科学的な思考のかけらも感じず、反発する気持ちが強くなってきました。

科学する心で、一番大切なものは『懐疑心』です。
本当に今までの定説どうりか。?間違っているのではないか?と疑うところから科学が進歩する。
『定理、定説を疑う心』『懐疑心』の無いところに化学は存在しません。

彼等の仕掛けたのは、安直な道徳論争で、科学と懐疑晋は相性が良いが、反対に「道徳心」と「懐疑心」とは相性が悪い。
陰謀論なんてのも非道徳的な考え方で、当然非難の対象となる。
>「水伝を信じるものは陰謀論も信じる」というのは観念的な思考そのもの

科学論争ではなく、道徳論争なので、当然観念的な思考方法となります。


たんぽぽ集団の主張していた、論争相手に対する「謝罪要求」なるものが如何に科学論争と縁遠いか、私が説明するまでも無いでしょ。
科学論争では、幾等間違った主張をしたからと言って、論争相手から謝罪要求が突きつけられる事態は起こりません。
科学論争では、謝罪は必要なく、「間違い」は訂正するだけで十分なんですね。それ以上を要求されることは無い。
何故道徳論争では「間違い」に謝罪が必要で、何故科学論争での「間違い」は、訂正だけで十分なのか。?

それは、「間違い」そのものが、科学の進歩にとって重要だからですね。「間違い」がないと科学そのものの存在が怪しくなる。
間違はない科学者はこの世の中に唯の一人も居りません。
科学論争に偽装した道徳論論争というと (kaetzchen)
2008-05-13 16:28:27
小1・小2の理科と社会科を潰してでっちあげられた「せいかつか」がその典型例ですね.一度,生活科の教科書をどこかで拝見されると,水論争の本質が見えると思いますよ(笑)

# んで,仕掛け人の元文部省の寺脇某は文化庁へ天下りして知らんふりをしているという.(^^;)
科学者はオピニオンリーダーたり得ない (Unknown)
2008-11-06 02:32:17
「道徳の根拠を自然科学に求めようとすることが誤りである」って言うのは、自戒の言葉なんでしょうか?

ねえ、菊池誠先生www

http://science6.2ch.net/test/read.cgi/sci/1214985084/97-111
コメント有難う御座います (ブログ主)
2008-11-06 14:26:04
菊池誠氏等不思議な人達が居るんですね。
いや~あ面白い。科学の世界は広いですね。
大昔、錬金術から化学が、占星術から天文学が生まれたように、科学は宗教の中から生まれてくるんですが今でも大昔と同じように『化学』を宗教として信じている人がいるんですよ。
『懐疑心』を憎悪する科学者とは『科学を宗教として信じている科学教』の信者の典型です。
ニセ科学退治に狂奔する菊池誠せんせいの様な科学教信者たちにとっては『科学とはエラーの自己修正過程である』などの考え方は、死んでも思いつかないでしょう。
科学を全く反対に考えている。可哀想なことです。
何と言っていいか... (丸井英一)
2011-09-17 15:35:50
>>ブッシュ大統領。あの人、正真正銘のアホですよ。だいたい陰謀論なんて『論』は存在していません。

このようなことをおっしゃるブログ主さんこそ、正真正銘のアホに思いました。菊池さんのことを誹謗中傷してますが、件の「陰謀論」は、アメリカの複数のメディアで取り上げられましたよね..。

「科学とはエラーの自己修正過程である」って、ブログ主さんの持論の域をでないでしょ。それで菊池さんを批判なさっているのが、笑えました。

また。「菊池君は陰謀論者集団というのが此の世に存在していて、その陰謀論者集団が自分を攻撃してくるように考えているようです。」とありましたが、それもブログ主さんの思い込みです。
丸井英一さん、はじめまして (宗純)
2011-09-17 17:49:21
この記事は、3年半も前に私が書いた記事ですが、
政治とは結果責任の世界であり、ブッシュ大統領がアメリカの権威を傷つけ国力を失わせた事実は、今では誰でもが知っている事実ですよ。
ですから、『ブッシュ大統領。あの人、正真正銘のアホ』である事実は今では丸井英一さん以外の誰でもが知っている。
今ではこの記事の正しさは、証明されているのですよ。
最低限新聞くらいは読んでからコメントして下さい。
事実とは違いすぎています。
丸井英一さんの『このようなことをおっしゃるブログ主さんこそ、正真正銘のアホに思いました』との言葉とは愉快ですね。
それは、小学生低学年では常識である『アホと言う者がアホ』との発想で、真実の一部は確かにあると思いますが、残念ですが大人の会話のレベルには達していません。
この記事はシリーズになっており、『「陰謀論」は、アメリカの複数のメディアで取り上げられ』るのは当然なのです。
この『陰謀論』とは正にアメリカのブッシュ政権の9・11事件ように2001年以降に作られているのですよ。
菊池誠を批判しているメインの主張は、この人物が『ニセ科学と間違った科学は違う』との不思議な教義の破壊的カルト宗教のニセ科学教なる新興宗教を立ち上げたことが最大の原因なのですよ。
菊池誠は、自分たちには『ニセ科学』と『間違った科学』の違いが簡単に判断出来るのだと言うのですが、私やその他のニセ科学教の信者以外の普通の人々には、困ったことに誰にもこの違いが判らない。
丸井英一さんには、ひょっとして『違いが判る』のでしょうか。
是非とも説明して欲しいものですね。
それにしても記事をまともには読んでいないで文句を言っているだけで水準で、陰謀論者同士で話を纏めてくれといっているのは、私ではなくて菊池誠君のほうなのですよ。
ですから文句があるなら菊池君の方に意味不明のお馬鹿コメントは送って下さい。
記事に不満であるとの個人感情は理解出来ますが、誰であれ客観的事実は我慢して頂く以外に方法は無いでしょう。
菊池誠については、ニセ科学とニセ・ニセ科学批判のカテゴリーの方が充実しています。
菊池誠ですが、アメリカ教信者であるばかりか、原発安全神話を、福島第一原発が爆発して主張するほどの大ばか者であり、今ではエアーな御用学者の筆頭に挙げられているのですから大笑いですね。
菊池誠を迂闊に擁護すると、世間からはお馬鹿な同類項であると思われますよ。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。