畑・畑・畑

2006年5月より、安全で美味しい野菜づくりに挑戦しています。

ジャガイモの「浴光催芽」を始めました。

2017年02月11日 | ・ジャガイモの栽培


すべて昨年収穫した芋です

ジャガイモ浴光催芽を始めました。 種芋にするのは昨年6月に収穫した芋で、既にほとんどが萌芽していますが。
浴光催芽は浴光育芽ともいいますが、種芋を暖かい明るいところに置き、できるだけ濃緑で短い幼芽を育てるものです。
効果としては 出芽が早まる、植え付け前にひ弱な芽を除外できる、草丈が低めの丈夫な株にできる等があげられます。
種芋にするのは、「十勝こがね」と以前から栽培している名称不詳の2品種です。
十勝こがねは、貯蔵性に優れていますが、なかなか萌芽しなくて苦労するのですが、昨年6月に収穫してから約8ヶ月でやっと写真の様に萌芽しました。
2月末から3月始めくらいに植えつけるので、それまでに萌芽が揃ってくれればと考えています。

 
萌芽しにくい「十勝こがね」もすでに芽が出ている。

 

名前不詳の芋は全て萌芽している。

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナスの栽培準備(その3-種... | トップ | キャベツは霜枯れに、すべて... »

コメントを投稿

・ジャガイモの栽培」カテゴリの最新記事