<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

浅薄な賢しらを消す薬、惚れ薬あらばや

2017年06月18日 17時43分50秒 | Weblog

惚れ薬というものがあったらよかろう。人のアラ、この世の凹みしかみえないという病から抜け出したい。痘痕(あばた)も靨(えくぼ)に見ている方がどれだけ楽かしれない。今はこの世の靨が痘痕に見えている。底の浅い賢しらを消す薬という惚れ薬。薬局に売られていないか。 

今日のさぶろうは不機嫌である。ものが見えたような顔をして賢しらぶっている。それですませている。愚昧のままなのに。この世が一瞬でバラ色に輝き出す薬の効能を持つのは惚れ薬である。行く人行く人、擦れ違う人擦れ違う人がうつくしく見えてきたらどんなにかよかろう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸福色がほあんほあんしている | トップ | 🍅の分身の術に感心する »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL