映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

最高の人生の見つけ方  THE BUCKET LIST

2008-05-17 | 映画 さ行
突然、あなたの命はあとわずかと宣告されたらどんな反応を示すだろう?

アメリカでは医者が患者に命の宣告を告げるのは当然のことのようだ。
患者には自分の命が後どれくらいかを知る権利があると考えるらしいし、
告げなかったことで訴えられるリスクというのもあるのかもしれない。

それはたとえ子供であっても例外ではなく、
家族が秘密にして欲しいと頼んでも、聞き入れられるものではないようだ。

映画の中でモーガン・フリーマン扮する物知りのカーターが、
「96%の人は知りたくないといっているが自分は残りの4%だ」と言っていた。
映画やドラマで当然のように告知されているシーンを見ていただけに、
アメリカ人の96%が実は知りたくないといっているのはちょっと意外な気がした。

以前日本では、患者には知らせず家族の者が告知を受け
本人には内緒にしておくというのが主流だったように思う。現在ではどうなのでしょう?

「病院へ行こう」という日本映画で、胃潰瘍といわれた患者が疑心暗鬼に陥って
「きっと癌だ。みんな隠しているに違いない」と思い込み、ノイローゼのようになっていくシーンがあった。
笑いをよぶシーンではあったが、自分だったらと思うと笑えない話だ。


果たして自分がこういう状況になったら、言ってもらいたいか、言わないでもらいたいか、どっちだろう?
今、仮定の話としてなら「言ってもらいたい派」だけれど、現実問題としてどういう反応を示すかは・・・
わから~ん。


**************************

    最高の人生の見つけ方  THE BUCKET LIST

**************************

           

<ストーリー>
大学の哲学クラスで「死ぬまでにしたいこと、すべてを書き留めたリストBucket List)」 を作成したカーター(モーガン・フリーマン)。
学者になるという夢を、結婚や子供達のためにあきらめ中退、46年間も自動車修理工として働いてきた。
一方、一代で巨万の富を築いたエドワード(ジャック・ニコルソン)は金儲けと事業の拡大に忙しく、
忙しい日々を送ってきた。
そんな2人が入院先の病院で同室になり、共に余命半年から1年と宣告され残された人生に生きる意味を見出そうとする。


原題の「bucket list」は、「死ぬ」の俗語 kick the bucketから、
死ぬまでにしたいことを書き出すリストをいうそうだ。

死の宣告という重いテーマを、二人の名優がカラッと湿っぽくならず、ユーモアを交えて、
悔いが残らないように次から次へと挑戦する姿に笑い、
そして次第に芽生える二人の友情にちょっぴり涙してしまいました。

全ての人に当てはまるわけではないけれど、アメリカ人のすごいところは、
こういう状況でもユーモアのセンスを忘れないってことですね~。


エドワードとカーターは全く正反対。
一代で財を築いたが4回の離婚を経て、秘書以外見舞いに来る人もいない傲慢なエドワード。
妻と3人の子供に囲まれ、家庭を第一に自分を抑えて過ごしてきたカーター。

病院で同室にならなければ、決して知り合うことなどなかったであろう二人。
共に末期がんで余命宣告を受け、抗がん剤の副作用で苦しむ中、
カーターのバケットリストが発端となり、
人生で遣り残したことをしようというエドワードの提案にカーターも同意、
世界中をまわる中、お互いに足りないものを補い合って次第に同士のような友情が芽生える。

 ・荘厳な景色を見る
 ・見ず知らずの人に親切にする
 ・泣くまで笑う
というカーターのリストに、エドワードが付け加えたのは、

 ・スカイダイビングをする
 ・ライオン狩りに行く
 ・世界一の美女にキスをする
 ・刺青を入れる  等々
       
       

行動力があり具体的なエドワードと、抽象的で腰の重いカーター。

そんなカーターを動かしたのは、
「このまま家族に同情されて過ごすのは、本当は嫌な筈だ」というエドワードの言葉。
今まで家族のためにしたいことを我慢してきたカーターは、これが最後のチャンスだと腹をくくる。
「何かをやった後悔よりも、やらなかった後悔の方がずっと大きい」
(この言葉は先週の「グレイズ・アナトミー」でも出てきました。
「あかんかったって、ええやんか。やらんと後悔するよりましやん」同感です。)

最後のときを一緒に過ごしたいと言ってカーターの妻は怒るけれど、
何もせずベッドで日々弱っていく姿を見るより、生き生きと過ごしてくれる方が私はがいいと思うけどなぁ。

先に亡くなったカーターがエドワード宛に書いた手紙に、
感謝の言葉と共に「人生の喜びを見つけてくれ」という忠告があった。
仕事がすべてて孤独だったエドワードがこの言葉で行動を起こし、「世界一の美女にキスをする」。
(世界一の美女って・・・映画を見てのお楽しみ)

エドワードお気に入りの高級コーヒーの製法はびっくりです。「涙が出るほど笑ってました」。
一つずつリストの項目を消していく姿が微笑ましい。

カーターの葬儀でエドワードは、
「カーターと過ごした3ヶ月は自分の人生で最高だった。彼が僕を救ってくれた。」と弔辞をのべる。

二人にとってカーターの最後の3ヶ月がいかに濃密で素晴らしい日々だったかがうかがえます。
死に向き合うことで、生きることの意味がはっきり見えてくるんですね。
    

旅の途中、ピラミッドの上でカーターが話します。
「古代エジプト人は死んだ時、天国に行く前に審判があり、二つの質問をされる」
一つ目は「あなたの人生は自分にとって幸せでしたか?」
二つ目は「あなたの人生は他人に幸せを与えましたか?」
共に過ごした3ヶ月で、二人は間違いなく天国に行けたでしょうね。

「荘厳な景色を見る」というのも、秘書のトーマスのおかげで果たせてよかった~。

 
残りの人生が後どのくらいか? な~んて考えることなどなく、
明日も明後日も、朝になれば目覚め、似たような毎日が繰り返されると信じて、
誰しも日々過ごしている。

この映画のターゲット年齢はどこにあるのかしら?な~んて思ったりしたけれど、
もちろん見る人の年齢で受け取り方は違うでしょうが・・・
すべての年齢層に対して、死の宣告を受けなくても
 ・価値ある日々を過ごしていますか?
 ・あなたは今を力いっぱい生きていますか?
 ・自分のしたいことは何ですか?
と問いかけられている気がします。

バケットリストを作るとしたら、一体何を入れましょう?
エドワードみたいに財力があれば思い切ったことができるだろうけれど・・・残念!
「少女老いやすく、学ならんかった~」今となっては、遅きに失すという気がしないでもないが、
いやいや、世界一長寿の日本人女性の平均寿命は86歳でしたっけ?
まだまだ先はあると信じて、
まぁ、少しづつ考えよっ~と!



★「死ぬまでにしたい10のこと My life without me」
余命2ヶ月!と診断された23歳の女性の話だが、
彼女も取り乱すことなく、たんたんとその日に向けて家族のために、自分のために精一杯残りの日々を生きる。


★「愛が微笑む時 HEART AND SOULS」
不慮の事故で死んだ4人が、この世に思いを残して成仏できずさまよい、ある男性の力を借りて順番に遣り残したことをやって天国へ行くというお話。



にほんブログ村 映画ブログへ




***** 今週 見た 映画 *****

 5月11日  「イタリア的、恋愛マニュアル」DVD
        「THE SKULL」 DVD

 5月12日 「ボンボン」 DVD ドゴ・アルヘンティーノ種の犬をもらって人生が変わるおじさんの話
        「最高に幸せな人生の送り方」 109MM横浜
 
 5月13日 「ファンタスティック・フォー 銀河の危機」 DVD
         「ダーウィン・アウォード」 DVD
        「ウエイトレス おいしい人生の作り方」 DVD 
        
 5月16日 「おいしい男の作り方 Cake」 DVD (なんというひどいタイトル)
  
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グレイズ・アナトミー | トップ | 幻影師アイゼンハイム  T... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2008-05-18 22:13:35
こんばんは♪

コメントTBありがとうございました

ほんと二人がすごく良かったですね。
脚本自体も、泣かせるだけじゃなくてユーモアあって、笑わせてもらいました~。
ニコルソンはガン末期のわりにぜんぜん痩せてなくて
元気でしたけどね☆

また宜しくお願いします~
Unknown (migさんへ(ryoko))
2008-05-19 09:53:26
コメントありがとうございます。
重いテーマをカラッと爽やかに、ユーモア満載で、見終わった後は感動っていうのじゃなく爽快感と共に涙がぽろぽろこぼれました。
確かにかなりメタボ体型ですね。
こちらこそ、宜しくお願いしま~す。
当方の拙ブログに・・・ (turtoone)
2008-05-21 22:33:51
コメント&トラバを有難うございました。
とても良くできた、教科書みたいな作品でしたね。
しかも誰にでも分かりやすい。
この作品の良さは分かりやすさにありますね。なので、掲げられたテーマに対してもそんなに重く感じませんでした。
ryokoさまが言われているように、一日一日を精一杯生きることの大切さを再発見できれば、この作品はひんなに重たく考える必要は無いと思います。

これからも宜しくお願いします。
(さりげなくて、とても良いブログのタイトルですね。当方はそもそも日記でったのが映画のブログになってしまい、妙なタイトルがついておりますが・・・)
Unknown (ホーギー)
2008-05-25 14:44:59
こんばんは、ご無沙汰してます、ホーギーです。
久しぶりに“質のいい映画”を観たという感じです。名優2人が共演ということで前から楽しみにしていましたが、笑いあり、感動ありの期待どおりのハートフルで素晴らしい映画でした。
特にピラミッドの上でも2つの質問のシーンが印象に残っています。ということでこれからもどうぞよろしくお願いします。
それからTBお願いします。
Unknown (turtoonさんへ(ryoko))
2008-05-25 17:12:57
コメントありがとうございます。
重いテーマをさらりとユーモアで味付けしているところが良いですね。
ブログのタイトル、お褒め頂きありがとうございます。
Unknown (ホーギーさんへ(ryoko))
2008-05-25 17:22:41
お久しぶりです。
トラコメありがとうございます

初共演でしょうか?息もぴったりで、長年の友人関係のようでしたね。
こちたこそ、これからも宜しくお願いします。
こんばんわ☆ (りんたろう)
2008-05-30 00:55:35
コメントありがとうございました(^-^)♪

主演の2人良かったですね。
最後まで人生を諦めず楽しんだ主人公たちの姿には、元気づけられました(^-^)
Unknown (りんたろうさんへ(ryoko))
2008-05-30 01:36:17
こちらこそ、コメントありがとうございます。
秘書のトーマスとの関係から、傲慢な奴に見えたエドワードも、実は元々良い人だったのねぇ~と思えて嬉しくなりました。
「恋愛小説家」のニコルソンを思い出しました。
この映画大好きなんです。
こんにちは! (由香)
2008-05-30 09:24:15
お邪魔します♪
これはいい映画でしたね~
ニコルソンとフリーマンがいい味なので(というか、役柄そのままの印象を受けました・笑)、温かな気持ちになりました。
スカイダイビングなどでハシャグ2人も可笑しかったですが、「世界一の美女~」や「泣くほど笑う」の項目にはジーンとしましたね~
それから、秘書さんが良かったです!
「私が貴方なら遺産は・・・」のセリフがツボでした(笑)

PS,グレイズ・アナトミーは大好きです!
WOWOWでシーズン3まで観ました~
意外な展開になりますよ~続けてご覧になってみて下さいね♪
Unknown (由香さんへ(ryoko))
2008-05-30 21:27:37
コメントありがとうございます。
主演の二人は勿論ですが、秘書のトーマスです。トーマスとの関係から、エドワードもきっと根は良い奴なんだ~と思いました。

「グレイズ・アナトミー」良いですよね
WOWOWいいなぁ~、DVDが出たらダッシュします。
意外な展開…楽しみです。
こんばんは。 (rose_chocolat)
2008-06-02 21:52:50
カーターの奥様の言いたいこともよくわかるんです。自分のせいでずっと働き通しで、身体も悪いのに世界一周。看護士さんだからっていうのもあるけど、夫と最後の時を落ち着いて迎えたいっていうのが本音としてあったのかもしれません。
老い方についていろいろと考えさせられますね。
今晩は☆彡 (mezzotint)
2008-06-06 00:58:29
ryokoさん
TB&コメントありがとうございます。
邦題が気になっていたら、ジャック・ニコルソンも
?だったそうで・・・・お!ジャックと一緒、何か共感できそうな気になりましたね。冒頭のシーンはてっきりカーターかな?と思いきや・・・秘書のトーマスさんだったですね。
Unknown (rose chocolatさんへ(ryoko))
2008-06-10 00:10:37
コメントありがとうございます。
そうですね、看護士さんだから夫と最後の時を自分の手で見守りたいということですね。
世界一の長寿国日本、老いについて考えなくては…問題が多いですね。
Unknown (mezzotintさんへ(ryoko))
2008-06-10 00:19:14
コメントありがとうございます。
邦題の意味を聞いて?のニコルソンの話、映画会社の方は真っ青ですね~。
冒頭とラストのつながりがなかなか良かったですね。
おじゃまします (ピロEK)
2008-12-06 20:25:07
おじゃまします。
私はこの映画を観て、自分に置き換えて考える…ってのまでは至らなかったんですよね。
それはこの映画の描き方が変に泣かせようという風に作っていないからかなぁ?。
この映画の良い部分でもあり、物足りない部分でもありますね。
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
Unknown (ピロEKさんへ(ryoko))
2008-12-08 00:12:26
いつもお越しいただきありがとうございます。
重いテーマをサラリ・カラッと描かれており、お金持ちだからできる事だよな~ってところでさめてしまうのかもしれませんね。
エジプトやヒマラヤというわけにはいかなくても、奈良や富士山くらいには行きたいです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
最高の人生の見つけ方 (eclipse的な独り言)
 昔、英語の授業中に「one」という単語を「おね」と発音した友人の顔を見て恥ずか
映画「最高の人生の見つけ方」(2007年、米) (富久亭日乗)
   ★★★★☆  末期ガンで余命を半年と宣告された2人の男の生きざまを 「スタンド・バイ・ミー」(1986年)のRob Reinerが監督した。 原題の「The Bucket List」は「棺桶リスト」=死ぬまでにやるべきこと=の意味。  Edward Cole (Jack Nicholson)は1代で巨...
最高の人生の見つけ方 を観ました。 (My Favorite Things)
死ぬまでしたい10のことは私の好きな作品のひとつですが、ちょっぴり哀しいし、辛いんですよ…。
大富豪も労働者も気持ちは同じ。『最高の人生の見つけ方』 (水曜日のシネマ日記)
余命半年と宣告された二人の初老男性の物語です。
最高の人生の見つけ方 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『余命6ヶ月、 一生分笑う。』  コチラの「最高の人生の見つけ方」は、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという名優2人が共演した5/10公開のヒューマン・コメディなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  監督は、「スタンド・バイ・ミー」、「ア・...
最高の人生の見つけ方/The Bucket List (我想一個人映画美的女人blog)
自分の死の時期を宣告によって前もって知りたいか、否か? 知った時、果たしてどう生きるか。 この映画の中の統計によれば、95%の人は自分の死期は"知りたくない"んだそうだ。わたしもそうだな。 (でも病気になってしまってからなら知りたいかなぁ?) あと何ヶ月の命...
『最高の人生の見つけ方』 (ラムの大通り)
(原題:The Bluckest List") ----あれっ。ジャック・ニコルソンと モーガン・フリーマンの間に挟まれているこの人は? 「ありゃりゃ、知らないかな。 俳優としてもよく出ているんだけどね。 彼は、この映画の監督ロブ・ライナー。 『スタンド・バイ・ミー』の監督と言っ...
「 最高の人生の見つけ方/ THE BUCKET LIST (2008)」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【最高の人生の見つけ方 】2008年5月10日(土)公開 監督 : ロブ・ライ...
「最高の人生の見つけ方」 あなたは二つの質問にイエスと答えられますか? (はらやんの映画徒然草)
とってもとっても久しぶりに試写会に当たりました。 1年半振りくらい・・・? こち
映画 『最高の人生の見つけ方』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン主演で描く、死を意識した初老男性2人の希望に満ちた余生を描く人間讃歌。感動ストーリーをさわやかなユーモアで描き切ったのは、『スタンド・バイ・ミー』の名匠ロブ・ライナー。仕事に人生をささげた大富...
★「最高の人生の見つけ方」 (ひらりん的映画ブログ)
3日連続でナイトショウ観て来たのに・・・ 続けて試写会に行ってきました。。。レビューが溜まってるよーーー。 今回は虎ノ門のニッショー・ホール。 劇場での予告編は何度も観てたので、あらすじはバッチリ。 主演は、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの...
『最高の人生の見つけ方』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
家族想いで勤勉実直な自動車整備工カーターと、独身で大金持ちの傲慢な実業家エドワード。性格も人生も全く正反対の二人は偶然同じ病室になり、お互い余命6ヶ月と宣告される。そんな2人を結びつけたのは1枚の紙切れ…人生でやり残したことを書き出した夢のリスト“バケッ...
『最高の人生の見つけ方』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「最高の人生の見つけ方」□監督 ロブ・ライナー□脚本 ジャスティン・ザッカム □キャスト ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ、ロブ・モロー■鑑賞日 5月10日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★...
最高の人生の見つけ方 (利用価値のない日々の雑学)
やたらと評判が良く評価が高いので、マンデラの初日を蹴って急遽鑑賞に行った。いやいや本当に隙の無いくらい良く出来てる作品だ。ハリウッドならではの作品であり、なんと言うか「優等生」なのである。しかし、どうだろうか、原題は別として邦題の「最高の人生の見つ...
最高の人生の見つけ方 (<映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅)
本作品のキーワード : 『 close your eyes and open your mind 』 -live life to the fullest !  【公   開】 2008年 【時   間】 97分 【製 ...
「最高の人生の見つけ方」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「最高の人生の見つけ方」 監督:ロブ・ライナー 出演:ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ、ビヴァリー・トッド、ロブ・モロー、アルフォンソ・フリーマン、ロイナ・キング 勤勉実直で家族のために自分の夢を犠牲にして働いてきた自動車...
最高の人生の見つけ方 (POCKET BASE)
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという、二大オスカー俳優同士の共演で話題の映画『最高の人生の見つけ方』を観てきた。監督は、『スタンド・バイ・ミー』のロブ・ラ...
映画レビュー「最高の人生の見つけ方」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆名優二人の絶妙な掛け合いが最高。人生にはやりたい事とやらねばならない事がある。 【75点】  家族想いの自動車整備工カーターと独身の大金持ちで傲慢なエドワードは、病院で偶然相部屋になる。何から何まで正反対の二人だったが、共に余命6ヶ月と...
最高の人生の見つけ方 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン。どちらも大好きな俳優さんなので楽しみにしていました~【story】仕事に人生を捧げた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために地道に働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)は入院先の病室で知りあ...
[遅ればせながら、映画『最高の人生の見つけ方』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆まあ、数々のネット映評家さんたちが、既に多くの賛辞を送っているようなので、私は多くを語らないぞ^^; いい作品だった。 ガン末期の二人の「自由な旅」の物語だ。    ◇   ◇ その「自由な旅」がクローズアップされているが、何よりも、私は、偶然にも相...
『最高の人生の見つけ方』 (2008) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEBUCKETLIST監督:ロブ・ライナー出演:ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ、ロブ・モロー、ビバリー・トッド鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>自動車整備工のカーター(モーガン・フリーマン)と実業家....
最高の人生の見つけ方:THE BUCKET LIST (銅版画制作の日々)
ロブ・ライナー監督作品 二大オスカー俳優共演   5月27日、MOVX京都にて鑑賞。主演は大物俳優、ジャック・ニコルソン&モーガン・フリーマンという凄い顔ぶれ。そんな二人の共演作、ちょっと気になり観に行きました。 日本語タイトルは「最高の人生の見つけ方...
『最高の人生の見つけ方』 2008-No28 (映画館で観ましょ♪)
確かに、お客さんの年齢層が高かった! 全てが正反対のふたりが、 偶然同じ病室になり、 お互い余命6か月と宣告される。 人生でや...
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの「最高の人生の見つけ方」を観た! (とんとん・にっき)
主演はジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン。アメリカ映画の二大スター、まさに百戦錬磨、芸達者なこの二人のために作られた映画です。一人は、家族のために自分の夢を犠牲にして働いてきた実直な自動車修理工カーター(モーガン・フリーマン)、もう一人は、お
最高の人生の見つけ方 (玄米遊女夢映画)
★★★★★鑑賞後、本気で「棺おけリスト」を作りたくなりました。 いざ死ぬ前に何をしたいか考えると、なかなか考えがまとまりません。 それにこの映画と違って、同時に死を迎える相棒はいないだろうし、死ぬ前にひとりでできること、そして予算も限られていることなどを...
「最高の人生の見つけ方」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
家族を愛するまじめで心優しい自動車整備士のカーター(モーガン・フリーマン)と、一代で莫大な 富を築いた傲慢で孤独な実業家のエドワード(ジャック・ニコルソン)。対照的な初老の男2人は、 ひょんなことから同じ病室に入院、揃って余命6ヵ月の宣告を受けてしまう。...
mini review 08330「最高の人生の見つけ方」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン主演で描く、死を意識した初老男性2人の希望に満ちた余生を描く人間讃歌。病室で知り合った2人が意気投合し、“やりたいことリスト”に基づき、残りの人生を生き生きと駆け抜ける。感動ストーリーをさわやかなユーモアで描き切...
【映画】最高の人生の見つけ方…身につまされたら感動アップ? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_fine/}は偏頭痛のため(もしかしたら二日酔いかも?)殆ど寝てた私。お昼過ぎまで寝た後、途中少しだけ起きて、模型屋さん{/car2_tank/}とパソコンショップ{/pc2/}と食料品の買い出し{/silver/}に行っただけで、夜も割と早めに就寝しました。…先週が割と忙し...
『最高の人生の見つけ方』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ仕事に人生をささげた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために地道に働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)は入院先の病室で知りあった。共に余命は6か月。やりたいことをすべてやり尽くそうと決意し無謀にも病院を脱出・・・。感想『死...
最高の人生の見つけ方 (なりゆき散策日記)
【送料無料】最高の人生の見つけ方/ジャック・ニコルソン[Blu-ray]【返品種別A】【smtb-k】【w2】 レンタルで借りて観賞。 病院経営の富豪だが仕事に熱中して家族運のないエドワード...
THE BUCKET LIST 棺桶ノート (労組書記長社労士のブログ)
最高の人生の見つけ方 [DVD]ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る  映画館で観たかったのに、上映中には見逃してしまった、「最高の人生の見つけ方」を、こないだテレビで観た。 モーガン・フリーマン扮する、貧しいけれど、家族に愛されている、真面目な自...