映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

猿の惑星:創世記 ジェネシス

2011-10-17 | 映画 さ行
前回の「セヴァンの地球のなおし方」を見た後に本作を鑑賞。
環境問題のドキュメンタリーを見た後でこの映画の鑑賞は、ちょっときつかったです。

子供の頃見た1968年制作チャールトン・へストン主演の「猿の惑星」。
ここはどこなんだろう?と思っていた「惑星」が実は地球だったという衝撃のエンディング。
半分砂に隠れた自由の女神に衝撃を受けたました。
あぁ〜・・・一体地球に何が起こったの〜?!
      何で猿が支配することになったのー?! 
その答えが本作「創世記 ジェネシス」というわけですね。答えを知るのに42年かかっかったよ。

    
    本作のシーザー、リアル〜。          1作目の猿・・・怖い表情

「猿の惑星」って何年前の映画だっけ?と調べて驚いたのは、
「猿の惑星」がピエール・ブールというフランス人作家の原作であったこと、
そして、デビッド・リーン監督作「戦場にかける橋 The Bridge on The River Kwai」も
この作家の作品であったということです。テーマ曲「クワイ河マーチ」は誰もが知ってますもんね。
これって周知の事実ですか? わたしゃ、知らんかったです。
片や、戦争大作、もう一つはサイエンスフィクションの金字塔〜。 すごいわ。


   *************************

         猿の惑星  創世記 
               Rise of the Planet of the Apes

   *************************

 < ストーリー >
アルツハイマーを患う父を救うため研究者のウィル・ロッドマンは新薬を開発し、実験台として
メス猿に投与する。しかし新薬動物実験のプレゼン中、突如暴れ出したため射殺されてしまう。
実は妊娠しており、死ぬ前に子猿を産み落とす。ウィルはシーザーと名付けて育てることにする。
新薬を投与された父は、目覚しい回復をみせ、シーザーも成長につれ驚異的な知性を発揮していく。
ある日、隣人とトラブルを起こしたウィルの父を守ろうとしたシーザーは隣人を襲ってしまい、
霊長類保護施設送りになる。シーザーは普通の猿たちと馴染めず、施設の管理官ドッジの虐待に、
人間対し深い失望と憎悪を抱くようになる。
密かに施設を脱走したシーザーはウィルの家から新薬を盗み出し、施設中の猿に与え、
高い知性を得た猿たちを率いて施設を脱出し森を目指す。

 
  シーザー                 立ち上がった猿たち  リアル〜!

映画の中で知能を図るために猿にやらせていたゲームは「ハノイの塔」。
なかなか難しい知育ゲームです。

賢いお猿さんと言えば、京都大学霊長類研究所のアイとその息子のアユム
アユムはもう11歳になったんですねぇ。
何年か前NHKの番組で見た時点で、数字問題では母のアイ(35歳)を越えたということでした。
この数字問題、モニターに一瞬映る幾つかの数字を小さい順に押していくゲームでした。
数の大小の認識とどの場所にあったかを記憶するもので、数字の数が増えてくると人間をも凌ぐ
能力を示していました。
「その後のアイとアユムはどれくらい学習が進んでいるのかなぁ?」なんて思っていたら
本研究のリーダー松沢哲郎先生がこの映画の監修をされているじゃぁないですか!
松沢先生はこのストーリーにどのような感想をお持ちになったのか? 知りたいな。
 
        
 ジェームズ・フランコは科学者ウィルを演じています。シーザーの育ての親です。

人が野生動物を飼うということは難しい。
小さい時はかわいいけれど、あっという間に手に負えなくなる。
それは動物が悪いわけではなく、ペットにしようとした人間のエゴ。
いくら高い知性を獲得したとはいえ、他の人から見れば牙をもつ猿。
怒りに任せて戦えば人はひとたまりもない。
一度人間に危害を加えたなら、危険動物として射殺されてしまう。
人間が安易に始めたことで悲劇が生まれるってことありますよね。
熊や猪の出没がニュースになっているけれど、開発で野生動物のテリトリーを犯しているのは人間だよなぁ。

科学の進歩は私たちに多くの恩恵をもたらしてくれました。
電化製品による快適な生活環境、飛行機・車・電車など交通機関、ネットなどの通信手段、
医療の進歩によって多くの病気を予防し薬や手術で克服できるようにもなりました。

でも・・・原子力やクローン、再生医療。 どこまで許されるんでしょう?
山中伸弥教授には是非ノーベル賞を取っていただきたいけれど、神の領域にまで踏み込んで良いものか?
偉そうなことを言っても、もし自分や家族が病気になったら「何でもいい。助けてくださ〜い!」と
なりふり構わず藁にもすがってしまうだろうけれど・・・。
でも、科学の暴走は危険だなぁと感じずにはいられません。

昔から科学をリードしてきたのは軍需産業です。
インターネットだって、今人気のお掃除ロボット「ルンバ」だって。
そもそもノーベルってダイナマイトの発明で巨万の富を築いた人。
環境を壊し、人体に影響を及ぼすって・・・結局は「仰向けのツバ」。
大きなしっぺ返しを受けることになりはしないか?
進むか?思いとどまるか? 今は考えどころではないでしょうか?

トラブル相手のウィルの隣人の職業がパイロットという設定。
なるほど最後にそういう意味があったのか〜っと、ラストの世界地図が線で次々繋がっていく
映像を見て、グローバル化の弊害に心穏やかではいられませんでした。


家に帰って、まじまじと我が家のわんこを見つめて、「あんたは幸せかい?」と問うてみました。



にほんブログ村 映画ブログへ




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セヴァンの地球のなおし方 | トップ | パソコンなんて嫌いだ! う〜、... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2011-10-18 01:15:05
TBさせていただきました。
またよろしくです♪
TBだけにしとこうと (morkohsonimap)
2011-10-18 02:20:50
思ったのですが・・・

ラストの一文を読んで震えがきました
まさにやられたと言う感じです

コメントしちゃいました。
Unknown (morkohsonimapさんへ(ryoko))
2011-10-22 10:23:54
トラコメ、ありがとうございます。
ラストの一文でコメント残していただけたのですね。
私の問いに、たぶん「まあまあ幸せかな」と答えてくれると信じて、「犬の惑星」にならないよう、余計なことはせず末永く(もう12歳で残り少なくなっていましたが…)仲良く共存したいと思います
今後ともよろしくお願いしま〜す。
Unknown (けんさんへ(ryoko))
2011-10-22 10:32:01
トラコメありがとうございます。
シーザーが着々と計画を進めていくあたりから面白くなりましたね。
>猿が人間から地球を奪うシーンが見たかった
どうも続編がありそうですよね。
でも本作の最後の地図のシーンで「あぁ〜、そういうことなのねー」と背筋が寒くなりました。
私はもう続編はいらないかなぁ〜。でも公開されたら絶対に見に行くと思います。
こちらこそ、よろしくお願いします

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (心のままに映画の風景)
アメリカ、サンフランシスコ。 科学者のウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー病の新薬を実験投与したメスのチンパンジーに、驚異的な知能発達があることを確認した。 しかし、...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (LOVE Cinemas 調布)
1968年に公開されたチャールトン・ヘストン主演の『猿の惑星』。その前日譚となるのが本作だ。出演は『127時間』のジェームズ・フランコ、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、そして事実上の主人公猿のシーザーを「LOTR」のゴラムなどパフォーマンス...
猿の惑星 〜創世記ジェネシス〜 (本と映画、ときどき日常)
監督 ルパート・ワイアット 出演 ジェームス・フランコ     アンディ・サーキス     フリーダ・ピントー あの衝撃から40数年。 俺が観たのは30年ほど前だけど、あのラストにはホント衝撃受けました。 何故、地球は猿の惑星と化したのか! あの感動を....
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (538ねん。)
今見てきたばかりで、かなり興奮してます 106分たるむことなく、一気に見ることができました こんな面白い作品とは思ってもいなかった ヒットしてますよねぇ80%の客の入り 客層も様々って時間的にお子様はいませんでしたが 広い観客層を集めているようです 40年....
猿の惑星 創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今月いちばん楽しみにしてた作品。期待以上に面白かった〜 人間が猿に支配されるという斬新な発想と前代未聞の世界観、当時はそりゃあびっくりオチのラスト・シーンが有名な1968年の名作『猿の惑星』。 本....
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (佐藤秀の徒然幻視録)
始めに“No”ありき 公式サイト。原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES。ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピントー、アンディ・サーキス、ジョン・リスゴー、ト ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Akira's VOICE)
猿にエール!!!  
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (風に吹かれて)
エモーション・キャプチャーの猿 公式サイト http://movies2.foxjapan.com/saruwakuサンフランシスコの製薬会社の研究所に務める、若き神経科学者のウィル(ジェームズ・フラ
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」全てはココから! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[猿の惑星] ブログ村キーワード  伝説の名作SF映画「猿の惑星」の前日譚とも言うべき、物語。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(20世紀フォックス映画)。『如何にして人類は、猿に支配されるようになったのか?』という謎の起源を描きます。ま、「エピソード・0」...
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」観に行ってきました。往年のSF映画「猿の惑星」の全く新しいシリーズとして位置付けられる、「猿の惑星」誕生のエピソードを扱った作品。...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (だらだら無気力ブログ!)
お隣さんは何も悪くないのに・・・。お隣さんがかわいそう過ぎる。
映画:猿の惑星:創世記 Rise of the Planet of the Apes 人類の滅亡 ≒ 化学×Greed×グローバル社会 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
SF史上に残る、あの名作の「あとづけ」続編映画なのだけれど、そうは感じさせない構成力。 「老い」とは 「親子の絆」とは 「人格」とは 「愛情」とは 「人権」とは 「尊厳」とは なあんていうようなフレーズが、観賞後に するすると出てくるドラマに仕上がった。 な...
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』・・・新解釈の前日譚 (SOARのパストラーレ♪)
公開を待ち望んでいた本作。期待以上の面白さにぐいぐい引き込まれた。何が面白いって旧シリーズとの新解釈なりの絶妙なリンクだ。
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情 (はらやんの映画徒然草)
オリジナルの「猿の惑星」はあまりにも有名なので解説する必要はないでしょうね。 あ
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 ('11初鑑賞134・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 10月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:55の回を鑑賞。
2011年9月24日 『猿の惑星 〜創世記〜』 ディフア有明 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、プロレスを開催する場所のディファ有明で『猿の惑星 〜創世記〜』 を試写会で鑑賞です。 パイプ椅子だったせいで、尻や足が疲れて痛い 【ストーリー】  現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、自分の仲間である猿を率い、自...
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」□監督 ルパート・ワイアット□脚本 リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー □キャスト ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、       トム・...
人間は万物の霊長か?〜『猿の惑星:創世記/ジェネシス』 (真紅のthinkingdays)
 RISE OF THE PLANET OF THE APES  アメリカ・サンフランシスコ。製薬会社の研究員ウィル(ジェームズ・フランコ) は、アルツハイマーの特効薬を開発していた。その薬を投与されたチンパンジ...
[映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これ、オリジナルのように語られているけど、「猿の惑星・征服」のリメイクですな^^  主人公の名前も同じだし。  で、話も今となっては定番だが、最新の技術で見せられると、  序盤の、物語的に起伏のない、知能が芽生えた類人猿・シーザーの、ロッドマン博士宅...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) なんかまじでリアル・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映画の、ビギニング編、予告編を初めて見たときから、ビビリながらも...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (食はすべての源なり。)
猿の惑星:創世記(ジェネシス) ★★★★☆(★4つ) 人間が高度な知能を持つ猿に支配される前代未聞の世界観と、衝撃的なラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚(たん)をひもとく話題作。 前評判通り面白かったですよ〜。 チンパンジーの表情が豊かで...
ここから始まる・・・ (笑う学生の生活)
20日のこと、映画「猿の惑星 創世記」を鑑賞しました。 オリジナルの1作目 「猿の惑星」の前日談ともいえる内容で なぜ 猿に支配されてしまったのかという・・・ とはいえ シリーズ関係なく 1つの作品として 良く出来ていて 面白かったですね エンタテインメント性....
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)'11:米◆原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES◆監督:ルパート・ワイアット◆出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・ ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス)2011-081 (単館系)
Twitterで多くの方がツイートしているなかでサイトにある 予告は見ないで観に行ったほうがいいという話だったので サイトは開かず録画してある猿の惑星を軽くチェック後劇場へ。 なんでもパート1のあの世...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 (セレンディピティ ダイアリー)
映画、「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(原題:Rise of the Plan
映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 を観て (kintyre's Diary 新館)
11-65.猿の惑星:創世記(ジェネシス)■原題:Rise Of The Planet Of The Apes■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円□監督:ルパート・ワイアット...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (銀幕大帝α)
RISE OF THE PLANET OF THE APES/11年/米/106分/SFアクション・サスペンス/劇場公開 監督:ルパート・ワイアット 出演: ◆ジェームズ・フランコ…ウィル・ロッドマン 過去出演作:『127時間』 ◆フリーダ・ピント…キャロライン 過去出演作:『スラムドッグ...
猿の惑星:創世記 (Rise of the Planet of the Apes) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるのは楽しいもんで、私もボーっと鉛筆眺めながら「コレ、木だったんだ...
【映画】猿の惑星:創世記…猿の気持ちで観たらいいのか、人の気持ちで観たらいいのか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日、2012年9月16日(日曜日)早朝なのに二度目の投稿。 数日前「ダークナイト ライジング」の記事をアップした際の前文で… 『ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしい』 『どうもホラー映画のようです。』 という事を書きましたが、一...