アッパレじゃ!

大好物は舞台観劇♪ようござんすか?ようござんすね。”私見”バリバリ入りますっ!ネタばれアリアリ〜。

荻田浩一 ニジンスキー

2012年04月22日 | ミュージカル・ダンス・舞踏

”銀河劇場”っていう名前になって初めて来たっ。
何年行ってないね〜ん。
その昔は”アートスフィア”だったよね。
天王洲アイル駅はいつも羽田空港に行く時に
通り過ぎるから、外観は馴染みがあるんだけど。
果たして、どんな所だったかしらん…。



オオ〜!近所に運河があって船が停泊してるのかぁ。
食事が出来るんだろうね。オシャレ。→ こちら
 
2012年4月2日(月)
天王洲 銀河劇場 3階BOX下手

DANCE ACT
ニジンスキー
〜神に愛された孤高の天才バレエダンサー〜

脚本・演出:荻田浩一
音楽:斉藤恒芳
振付:平山素子/港ゆりか
出演:
東山義久:ヴァーツラフ・ニジンスキー
安寿ミラ:プロニスラヴァ・ニジンスカ(ニジンスキーの妹)
岡幸二郎:セルゲイ・ディアギレフ
遠野あすか:ロモラ・ド・ブルスカ(ニジンスキーの妻)
和田泰右:スタニスラフ・ニジンスキー(ニジンスキーの兄)
佐野大樹:フェンケル医師
長澤風海、東文昭、加賀屋真聡、舞城のどか:ダンサー

あまりにも独創的な表現、あまりにも斬新な感覚、
あまりにも豊潤な想像力、
それゆえに、
あまりにも壮絶な孤独、あまりにも非情な狂気、
あまりにも複雑な人生。
そんなニジンスキーがオギーの手に掛かったら…。

物語を引っ張るのは、
踊り手、振付家のブロニスラヴァ・ニジンスカ(安寿ミラ)。
回想録的な図式。



生ヤンさん(安寿ミラ)初体験っ。
フ〜ン!芸術家って感じでワイルドな女性。
パンツルックもビシッとキマッテル。

女性らしさ全開なのが妻ロモラの遠野あすか
キャ〜!あすかちゃん♪
ヅカを卒業してから初めてみるわぁあ♪
相変わらずの歌上手ぅぅうう♪
あの声が聞けて嬉しいぃぃい♪

ニジンスキーの兄があんな風だったとは…
知らんかったぁ。
登場人物の誰しもが持つ狂気の世界。
それが舞台中に渦巻いてる。

ヴァーツラフ・ニジンスキー(東山義久)の
ダンスはハードで繊細。
他のダンサーの幻想的な踊りも美しい。
音楽の数々がまたステキで耳福♪

でもそれら全てを、
ニジンスキーの妹の心を通して観ている様で、
誰にも心をグイっと掴まれることなく…。
それはまるで、美しい額縁に縁取られて飾られた絵画。
美術館の限られた空間と時間の中で、暫し立ち止まって眺める。
でも、他に自分との出会いを待っている作品がある気がして、
そそくさとその場を後にする。そんな絵の1枚。

あのオギーカラーの倒錯した世界をウッハウッハで楽しむ。
私にとってそれは、
宝塚歌劇という額縁あってのことだったんだなぁ。
あれは竜宮城だったんだなぁ。
蜘蛛女のキス』(2010年)の時も、
同じ様な感覚を味わったんだけど…。これは決定的だわ。
これからの舞台には、もう足を運ばないかもだ…ぁ。

例えば、『ソロモンの指輪』だったり
螺旋のオルフェ』だったり
パッサージュ -硝子の空の記憶-』だったり、
ロマンチカ宝塚'04−ドルチェ・ヴィータ!』だったり、
バビロン -浮遊する摩天楼-』だったり、
柴田とタッグを組んだ『白昼の稲妻』だったり、
私の脳みそとハートをガンガンズンズンぶち抜いた!
魅惑的なダークでエキゾチックなオギーワールド。
大好きだったよぉ。

宝塚版の、彼を愛する2人の人間。
興行師ディアギレフと妻ロモラと、
ニジンスキーの関係をストレートに描いた。
ニジンスキー』…あれを東山義久で演ってみたら…。
あの時物足りなく感じた(あくまでも私の感覚で…)
ニジンスキーの”ダンス”が一気にアップするし。

東山義久って初体験。
そう思ってたら『王様とおばさん』で…
テレビで観たからじゃろうか…思い出ゼロ…。
ア!『DANCE SYMPHONY2010ーLOVEー』ってのを観た。
でも誰が誰やらさっぱり判らんかったから、やっぱり思い出ゼロ。
今回もグッとくるもんはあんまり…。
ご縁があまり無いのかもしれんですなぁ…

画像あり
お稽古場映像
公演HP
天王洲アイル

演出家 荻田浩一 退団 (2008.9.20記)
雪組 ニジンスキー (2011.5.23記)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青森から発射用意 翔べ!原子力... | トップ | 中村福助主演! 男の花道 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ダメなの、オギーワールド (キャマ)
2012-04-22 11:07:02
ショー以外は…。
ショーでも、『タランチュラ』はダメだった。
芝居は…逃げちゃう…

安蘭さん退団後も、3作品有りましたが…。ダメでした。
娯楽商業演劇好きには、高尚過ぎなのかも、です。
植ジー、お涙チョーダイ谷みたいな説明過多も、興ざめだけど。
絶頂期の柴田作品位が、良いんだけどな〜。

オギーは、東京の演劇シーンじゃないと、需要無いだろうな〜。大阪とか無理だろうな。
オギーワールド (かしまし娘)
2012-04-23 12:39:25
キャマ様
>高尚過ぎなのかも
爆!!

なかなかの世界観がありますもんね。
好き嫌いがしっかり分かれるワールドなのかも。

それでも、宝塚でもっと色んな作品を作って欲しかった。
「普通のヅカっぽくないヤツ」っていう条件付きですが(笑)
明るい場面をポ〜ンと入れてみたり、
ヅカっぽくしようと奮闘してたのもありましたから…。
ダークでいいんです。ラインダンスなしとか(笑)
30分もない作品とか(byソロモンの指輪)
ぎゃはは〜 (ミーシャ)
2012-04-23 21:19:53
かしましちゃま、こんばんは〜

東山義久にぐっとくるものがなかったに1票(爆)
そう、2年前まで私は義くんにだったのよ(←私のブログで知ってるよね)

今じゃ過去の人ですが、
この舞台は2度見て、1度目は義くん頑張ってるって思ったけど、
2度目見たときには「別に義くんが演じなくてもよかったかも?」と思ってしまったの

愛がなくなるとそんなもんだわね。

今の私は(大貫)勇輔くんに惚れぬいています
ダンスの舞台見るなら次回は勇輔くんの出ている舞台見てね。
ちなみに5月21日水さんの舞台に出演します。
愛あればこそ (かしまし娘)
2012-04-24 12:45:53
ミーシャ様
そうでしたか!もうミーシャちゃまにとって過去の人…。
捨てられちゃったんですね、義くん(笑)

も〜私を納得させてくれるのは、熊川哲也しかいないのか(笑)
なんて思ってたんですけど。あれはバレエだしな。

そうですか、今の意中の方は…。
ダンス方面はビギナー以下なので、全く存じ上げないのですが…。
いつかご縁があったら巡りあえるかも。

ミズの舞台には行かないのですよ。誘ってもらったんですが…。
いかんせん、6月のヅカ&澤瀉屋。7月の澤瀉屋&福ちゃん
2ヶ月連続の大フィーバーが待っているもんで!!キャ〜♪
妹のフィルター (midori)
2012-05-14 00:36:57
遡ってコメントで失礼します。
この舞台、もちろん観ました。
しかも、2回観ました。
オギィの作品は、個人的にツボなことが多いし
主演はリーダー(東山さんのことです)だし!
かなり期待もしていたんですが、こうもう一つ
もうちょっとな感じでした。
もしかしたらもう1回観たら、何かが刺さって
くるような予感もありつつ…。
で、かしましさんから「妹のフィルターで物語
が語られてしまうから、どうにも遠巻きになり
ニジンスキーに感情移入できない」と指摘され
“なるほど!”と思い当たりました。
そうだったかもしれません。
それを聞いて認識して、もう1回観てみたいと
思いました。
既に時遅しですが。
(^^;
作品の描き方とか伝わり方とかサジ加減とか、
気持ちに響くには色んな要素が必要なんだと
改めて認識しました。
作品について語れて自分の中のモヤモヤの原因

ちょっと晴れました。
ありがとうございました!
サジ加減 (かしまし娘)
2012-05-14 09:08:55
midori様
オオ!コメント!!先日話した時に終ったと思ってたのに(笑)
有難うございます。

2回ご覧になったのですよねぇ…!!
オギーワールドが好きだからこそですね。
退団後のオギーは、『蜘蛛女のキス』と…あの、シアターテレビジョンかでOAされた…。
オスカー・ワイルドのヤツ。この2本しか観てないのですが…。
ツボにこなくってええ。ヅカの時はガンガン来たのに…。
これが”サジ加減”…ってヤツでしょうか。
私にとってはもう…過去の人になってしまった様な気が…。
『螺旋のオルフェ』の方が忘れられないし♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。