アッパレじゃ!

大好物は舞台観劇♪ようござんすか?ようござんすね。”私見”バリバリ入りますっ!ネタばれアリアリ~。

桐竹紋寿 逝く…

2017年02月25日 | 文楽

 

人形浄瑠璃文楽で女形の重鎮として活躍した
人形遣いの桐竹紋寿(きりたけ・もんじゅ、
本名寺田嘉彦=てらだ・よしひこ)さんが
2月16日死去した。
82歳。兵庫県出身。
葬儀・告別式は近親者で営んだ。 
生地の淡路島で12歳から人形を遣い始め、
1950年、二代目桐竹紋十郎に入門。
いったん紋若を名乗ったが、同年に紋寿と改名した。

嗚呼…顔馴染みの方が
また一人旅立ってしまった…。

娘、老女形、二枚目など幅広く役をこなし、
特に女形では、人間国宝の吉田簑助さんに次ぐ
演じ手だった。
ミュージシャン宇崎竜童さんらと「ロック曽根崎心中」を
共演するなど、若い世代にも文楽を印象づけた。 

『ロック曽根崎心中』
懐かしいなぁあ。
観たよぉおお。(拙宅検索中)
あったぁあ!
12年も前のことなのね。
文楽を”ただの人形劇だ”
と思い込んでいる人には、
充分に激震だったみたいで、
スゴイね!って言われたもんね。 

2003年に芸術選奨文部科学大臣賞、
2004年に紫綬褒章を受けた。
著書に「文楽・女方ひとすじ」。
昨年1月の国立文楽劇場(大阪市)
初春文楽公演「新版歌祭文」の油屋お勝役が
最後の舞台となった。 

謹んでご冥福をお祈りいたします。 

ロック曽根崎心中 (2005.7.15記)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月からの月組スカイレポーターズは…

2017年02月24日 | 宝塚歌劇



貴千碧、咲希あかね
この2人が卒業してしまうのは
淋しい…ぅ。

新レポーターズは…
千海華蘭(92期)
白雪さち花(91期)

オヨヨ!
こう来たかぁあ。

さち花ちゃんは…どこかで…
スカイ・ナビゲーターズだね!
スカステ経験者じゃないかぁあ。
1期違いのお姉さんとして、
からんちゃんをリードしてね。

からんちゃんは男役なのに…
キャワイイ♪
月組公演で、
思わず目線が行ってしまうのよぉ。
でも…
最初はよく、アリ(暁千星)と
見間違えしてしまったりしてた…。
レロっとなっちゃうのは同じなんだぁあ♪

からんちゃんの魅力は、
それだけじゃないのね。
アーサー王伝説』の時にね、
魔術師マーリンを演ってね、
お髭姿で堂々としてて、
フェアリーキャラを封印っ。
なんという大胆な変身っぷり!
役者魂を感じたぁああ。
ハートにズキュン!

そんなからんちゃんの
新たな一面が垣間見えるかも。
これからもスカステが楽しみ♪

スカイ・ナビゲーターズに抜擢された
早乙女わかばちゃんからも、
目が離せないのよねぇえ。 

宝塚スカイステージ

月組 新トッププレお披露目 アーサー王伝説 たまきちの王様っぷりにクラリ♪ (2016.11.14記)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

劇団民藝 野の花ものがたり

2017年02月23日 | 演劇

最期の時を自由に個性的に送ってもらおうと建てられた
「野の花診療所」。
鳥取市内に実在するベッド数19床の小さな診療所と
徳永進医師をモデルに描く、ふたくちつよし民藝第三作。
「命」によりそう医師と看護師、最期の時を迎えた家族たちの
心あたたまる舞台です。

ギョッ!
ホスピスの物語か…。
あんまり観たくないな…ぁ。
去年父を亡くしたばかりで…。
”人の死”を積極的に考えるなんて…。
なのに、よりにもよって、
民藝の仲間(年会員制の劇団民藝後援会)に
再入会して観る第1作目が、
こういう作品だとは…。

2017年2月7日(火)
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
18:30開演 5列センター

劇団民藝
野の花ものがたり
 徳永進「野の花通信」より
作=ふたくち つよし 
演出=中島裕一郎
キャスト
徳丸 進(野の花診療所医師):杉本孝次
山崎祥子(看護師):大越弥生
倉田美咲(看護師):加塩まり亜
藤田さなえ(看護師):藤巻るも
真島時枝(ボランティア):白石珠江
富田孝市(看護助手):和田啓作
室田清三(患者):松田史朗
小嶋信子(その娘):桜井明美
谷崎澄子(その元妻):野田香保里
浦沢ユイ(患者):箕浦康子
浦沢長太郎(その夫):安田正利
南波翔平(患者):横島 亘
南波涼子(その妻):新澤 泉
松永史人(患者):みやざこ夏穂
松永靖代(その妹):飯野 遠

後援:鳥取県、鳥取市、新日本海新聞社、日本海テレビ 
協力:鳥取演劇鑑賞会 

ヒョロリとした笑顔の優しい医者が
問いかける。
「死は悪いものなのだろうか」
だよね、イメージ暗いもんなぁ。
死ぬ時…死んだ後…。
未知のものだから妄想も手伝って、
嫌なもの。恐いもの。
考えたくないもの。避けたいもの。
マイナス思考でしか捉えられないよね。

この物語に登場するのは、
4組の患者と家族。
やりたいことがあって、夢があって、
長い人生を歩むと思っていたのに、
最期の時はもう直ぐそこまで来ているんだと、
思い知らされる。
残された時間はそんなにないんだよ。
と、突然宣告される。
それなら、その日が来るまで
どう生きて行くのか…。
自分らしく。
なんて言うのは容易いことだけど、
現実はなかなか…。
それをやり遂げようとしているのが、
この診療所にいる人達。
妻を気遣う夫もいれば、
旦那を罵倒する老婦人もいる。
家族を破滅に追いやった父を見舞う娘もいるし、
絶望している兄を支えようとする妹もいる。

アル中で肝臓を病んでる若者が
床磨きをしていたり、
大阪弁のオバチャンが、
花瓶に挿した野の花を替えにきたり、
看護師だけじゃなくって、
そんな風に診療所と接してる人も、
登場するんだよ。
自暴自棄な若い患者に、
春の七草を教える大阪弁のオバチャン。
一瞬あったかい空気が流れたぁ。
床磨きをしていた若者が死んだり…
オバチャンも癌だってことを知ったり、
こんなに生き生きとしてるのに!
ビックリする若者と観客。
そうして、1つまた1つと
ベットが無人になっていく…。

「死ぬまで生きる」
そうか、そうなのか!
とってもシンプルなことじゃないかぁあ。
死を待つとか、受け入れるとか、
そういうんじゃなくって、
「ただ前を向いて生きる」
嗚呼…でもやっぱり…
とっても難しいことだけど…。

夏の花火大会。
夜空を見上げるのは、
生きている人だけじゃないのね。
逝ってしまった人達もまた、
家族の隣にいるのね。

どういう形で描けばいいのか、
迷ってしまうだろう、重い主題に、
劇団民芸が息を吹き込むと、
リアリティー一直線じゃない、
ちょっとした安らぎの空間が
入り込んできて…。
これが演劇を観る良さなんだなぁ
って実感できたぁあ。

私の父は、持病はあったんだけど
入院してたわけじゃなく、
ある日突然逝ってしまったので、
こういう闘病生活の経験は
想像するしかないんだけど、
父が亡くなったからこそ、
グググッと突き刺さるものがあって…。
今、この作品に出逢えて良かった。
帰り道で泣いたよ…ぅ。

人の死は終着駅なのか? 問いかける生と死  

野の花ものがたり
2017年2月4日(土)~14日(火)
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

劇団民藝 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魔術の女王 松旭斎天勝

2017年02月22日 | 博物館・美術館・イベント



国立劇場には大劇場と小劇場。
そうしてもう1つ
落語をやる演芸場があるんだよ。
資料展をやってもいるんだよ。

-大衆芸能を彩った女性- 魔術の女王 松旭斎天勝

今回の展示では、明治末~昭和初期にかけて
日本の大衆芸能を彩った女性の中から、
「魔術の女王」と呼ばれ、あでやかな舞台姿で
万人を魅了し、国際的にも活躍した
女性奇術師・初代松旭斎天勝をとりあげます。
奇術だけにとどまらず、演劇やダンスなども
組み合わせたそのショーは、一世を風靡し、
映画の喜劇俳優も芝居に出演しました。
明治維新後、日本では近代化とともに女性が
社会に進出しはじめました。
大正・昭和を経て、女性が活躍できる社会を
めざす取り組みが続いている今日、
激動の時代を強く生き抜いたその姿を、
国立劇場が所蔵する資料を中心にご紹介します。 

マジックの世界で女性と言えば、
プリンセス・テンコー(二代目・引田天功)
が日本女性では初だと思ってたもんで、
女性で!マジシャンで!
明治の時代にこんな人がいたなんてぇえ!!
スッゲスッゲッェエエ!!

なんでも
三島由紀夫が天勝の舞台を観たことがあって、
自伝的小説「仮面の告白」に
「天勝になりたい」と思った様子が
書かれてるんだってぇえ!

奇術を取り入れた芝居。
しかも「サロメ」なんてものまでやっていた!
ラインダンスもっっ!!
ジャズ演奏や歌もっっ!!
海外公演まで!!
WOOO!!
観てみたかったぁああ。

-大衆芸能を彩った女性- 魔術の女王 松旭斎天勝
平成28年12月1日(木)~平成29年3月25日(土)
午前10時~午後5時
国立劇場演芸場1階 資料展示室 
※入場無料
休室日あり 

文化デジタルライブラリー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近松名作集 平家女護島 

2017年02月21日 | 文楽

今月の文楽は近松物が
ズラリっと3作品
平家女護島
曾根崎心中
冥途の飛脚

近松…苦手なんだけど…ぅ。
1作品だけ観ましょうかね。 

2017年2月11日(土・祝) 
国立小劇場 11時開演 7列上手

国立劇場開場50周年記念
2月文楽公演
近松名作集

第一部
平家女護島 

『鬼界が島の段』ってのが、
歌舞伎でよく上演される場面なのよね。
で、今回は
その前後の段がセットになって…
ウピョォォオオ!!
国立劇場では22年ぶりぃいい!!
そんなに超級お久しぶりだとはっっ。
知らんかったぁああ。
来て良かったぁああ。

人形
俊寛妻あづまや 一 輔
上臈 玉 誉
上臈 簑太郎
越中次郎兵衛盛次 亀 次
能登守教経 玉 佳
童菊王 玉 翔
平相国清盛 幸 助
有王丸 玉 勢
下司次郎友方 紋 吉
俊寛僧都 和 生
平判官康頼 玉 志
丹波少将成経 勘 弥
蜑千鳥(鬼界が島) 簑 助
瀬尾太郎兼康 玉 也
丹左衛門基康 勘 寿
蜑千鳥(道行より敷名の裏) 簑紫郎
後白河法皇 文 司

六波羅の段

大夫:靖太夫 
三味線:錦 糸

鬼界が島で俊寛が、
御赦免船に乗ってきた赤っ面の、
見るからに意地が悪そうな、
瀬尾から聞くでしょ、
妻のあづまやは清盛の寵愛を拒んで
死んだって事を…。
この段で、
あづまやが命を絶つまでが判るんやね。



あづまや…。
切羽詰ってるわ…。
可哀想やな…ぁ。
√有王を力にこの地獄が逃れたい。
有王が来られかし、有王は来ぬか

教経がさりげなく自害を薦めて…
グオォオオ!
「でかした!」
首を切り落としたぁあああ。
んでもってそれを
清盛に差し出したぁああ。
「顔が好きって言ってたから、
これでいいでしょ。」
…ってぇええ!
清盛はプンプン!

やっとこさ現われたのが
噂の有王丸。
√大力(だいりき)の若者あり
ってあづまが言ってたから、
どんなマッチョマンかと…
ウキャァァ♪
頭が源太ぁぁああ♪
男前やでぇええ♪
俊寛に仕える若者なんだね。

自分が遅れて来たから、
あづまを救えなかったことに
ショックを受けてる…。
カーッッ!となって
菊王と乱闘に
なりかけたところへ教経が
「犬死するより鬼界ヶ島の主人を想え」
有王丸はグッと涙を堪えて
去って行く…ぅ。 

鬼界が島の段

大夫:英太夫
三味線:清 介

√もとより鬼界ヶ島と聞くなれば
キター!!
ここ、文楽で観たことがあると
思うんだけど…
記憶ゼロ…アカンやんっ。

ウピョォォオオ!
サクサクサクと話が進むじゃないか!!
物語重視といいましょうか。
これが文楽なんやぁああ。



千鳥の登場だって、
花道を走って、また戻って
なんてまどろっこしい事は、
せえへんよぉお。

簑助の千鳥ったら
キャワイイ♪
ほのかな色気のあるぜよ♪

御赦免船もススス~っと
やってきたぁ。
大赦だってぇええ。
成経と康頼しか許してあげない。
最初はそう言われるんだけど、
重盛が備前の国までなら
俊寛もOKだよって!
でも、3人しか乗せられないから
千鳥は置いてけぇえ。



結局俊寛が残ることに…
独り…岩をよじ登って…。

ヒャァァア!!
呆気ないほどサッサと終わって
しもうたぁあ。
だからこそ、次の段が気になるゥゥ。

船路の道行より敷名の浦の段

清盛  咲甫太夫 藤 蔵
丹左衛門 三輪太夫 喜一朗
有王丸 津国太夫 清 馗
千鳥 南都太夫 燕二郎
法王 始太夫 清 允
ツレ 咲寿太夫
   亘太夫

備後まで戻ってきた御赦免船。
そこで待っていたのは有王丸!!
ウキャァ♪
再びの登場!嬉しいわぁあ。
やっぱり美丈夫ぅう♪

そっかそっか、
俊寛を出迎えに来たんやね。
ところが…
ご主人様はいないのよ…ぉお。
「なんで!なんでやねん!」
もう俺に未来はない…
自害…しようとしたのを
止めたのは千鳥だぁ。
このツーショットにジ~ン…。

エ!なんですって!
清盛が後白河法皇と一緒に
参詣に来るんだってぇえ!
こんな所で対面するとはっっ。

清盛は、丹左衛門から報告を受けて、
俊寛の首を討たなかったことに激怒!
法皇にはこの場で入水しろ!
って叫ぶしぃい。
まさか清盛のワンマンショーが
ここで開催されるとはっ。



ウワ!
法皇が投げ込まれたぁああ。
芦陰に隠れていた千鳥がおどりでたぁあ。
さすがは海女っ。

有王丸も大暴れぇええ!
家来達をブチのめすっっ。
法皇を千鳥から受け取って
逃げてったぁああ。

これで終わるかと思ったら…。
千鳥が清盛の手にかかり…。
それがまぁ惨たらしいったら…。
俊寛の犠牲が…
無になってしまった…。

「死んだからって黙ってないわ!」
ウオォオ!千鳥の怨念がぁああ。
清盛は都へ退散やぁああ。
幕 

いやぁああ。スゴイ!!
なんちゅうこっちゃぁあ!
筋書きを読んでビックリやぁあ。
え…あ…実を言うと…
こんなにオモロイ場面やのに、
ウツラウツラ…
結局ボンヤリとしか覚えてない…ぅ。
アホです…ぅ。


やっぱり文楽ってオモロイ!!
同じ作品でも歌舞伎で観るのと
じぇんじぇん違ぁぁう。

2月文楽公演 
近松名作集
2017年2月4日(土)~20日(月)

2月は文楽へ! (2017.1.9記)
国立劇場の梅 (2017.2.18記)

秀山祭 俊寛 (2010.10.2記)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加