季節の花と言葉の花束

写真付きで季節の花や言葉の意味をを書くならgooブログ

季節の花の紹介と言葉の花束を書いています。

季節の花「黄菖蒲(きしょうぶ)」

2012-05-31 04:45:04 | インポート

一日一言

快楽不退(かいらくふたい)

快楽が永久に続いて消え去ることがない

という意味で、満ち足りた生活が永続する

十体を指して言うのに用いる。

★平安時代の藤原道長の栄華を極めた時代

は、一族にとって快楽不退であったろう。

類語:快楽不退楽


5月から咲いていた花「黄菖蒲(きしょうぶ)」

・開花時期は、 5/ 5頃~ 5/ 末頃。
・「文目」と同じ頃に咲く。
・群生して植えてあると、黄色がとても目立つ。

文目(あやめ)科。                       
・学名  Iris pseudacorus                   
         Iris : アヤメ(アイリス、イリス)属
  Iris(アイリス)はギリシャ語で「虹」の意味
(季節の花300より)

 

 


 


この記事をはてなブックマークに追加

季節の花「杜若 (かきつばた)」

2012-05-30 04:22:39 | インポート

一日一言

煙に巻く

大げさに言って相手を戸惑わせる、または、

一方的に言い立てて相手に切り込むすきを

与えないという場合の例えに用いる。

「煙に巻く」ともいう。

★彼と話をしていると、いつも私を煙に巻くような

結果しか感じられない。


5月から咲いていた花杜若 (かきつばた)」

開花時期は、  5/  5頃~  5/  末頃。 
  梅雨のちょっと前に咲く。花は紫、青紫、白。
・昔、花の汁で布を染めたので               
  「書き付け花」となり、だんだん           
  「かきつばた」に変化していったらしい。   
  「燕子花」とも書く。また、万葉集の時代には
  「垣津幡」「加古都幡多」などと書いた。   
・1770年頃、ロシアのバイカル湖の近くで     
  パラス(Pallas)さんが初めて発見した。     


・”いずれ文目(あやめ)か 杜若(かきつばた)”
             = 区別できないたとえ         
  文目は乾いた土地、杜若は水の中から生える 
  ので、2つを並べた場合は区別できそうです。
  花菖蒲はこれらより開花が遅い             
                      (6月になってから)。
  詳しくは下記の「見分け方」参照。         

・5月13日、7月3日の誕生花(杜若)     
・花言葉は「幸運、雄弁」(杜若)           


★三河の国(愛知県)八橋(やつはし)は昔から
  杜若の名所だった。そこで詠んだ歌。       
  「から衣  着つつなれにし  つましあれば   
    はるばる来ぬる  旅をしぞ思ふ」         
            在原業平(ありわらのなりひら) 
                    (伊勢物語)           
  「か」「き」「つ」「は」「た」の5文字が、
   それぞれの句の先頭にある。              
・愛知県の県花(杜若)                     

・「かきつばた  衣(きぬ)に摺りつけ       
      大夫(ますらを)の                   
        着襲(きそ)ひ猟(かり)する       
          月は来にけり」                   
                  大伴家持  万葉集         
  「神山(こうやま)や  大田の沢の         
      かきつばた                           
        ふかきたのみは  色に見ゆらむ」     
          藤原俊成(ふじわらのしゅんぜい) 



■アヤメなどの見分け方(開花順)             

  ジャーマンアイリス(ドイツ文目)               
      4月~5月頃に咲く。                   
      乾いた土に生える。根茎。               
      花色は白、黄、青、紫等の原色っぽい色。 
      花の様子は、なんとなく洋風。           
      花びら中央部のひらひらは「ブラシ状」。 
      真ん中2枚の花びらは直立する。         
      葉っぱは幅広で、筋は無く、ほぼ平坦。   
  ダッチアイリス(オランダ文目)                 
      4月~5月頃に咲く。                   
      乾いた土に生える。球根。               
      花色は白、黄、紫等のやや原色っぽい色。 
      花びら中央部には、ジャーマンアイリスの 
      ような「ブラシ状」のひらひらは無い。   
      葉っぱはやや細めで、くるりと巻く。     
  一初                                         
      4月下旬~5月中旬頃に咲く。           
      乾いた土に生える。                     
      花色は主に青紫色(まれに白色あり)。     
      花の様子は、なんとなく和風。           
      花びら中央部のひらひらは「とさか状」。 
      うしろ2枚の花びらは斜め上にひろがる。 
      葉っぱは幅広で、                       
      縦に何本も筋(突起した脈)がある。     
  文目                                         
      5月上・中旬頃に咲く。                 
      乾いた土に生える。                     
      花色は青紫か白。                       
      花びら中央部に網目模様があるのが特徴。 
      葉っぱは細長く、花菖蒲ほどでもないが   
      縦に小さな筋(突起した脈)がある。     
  黄菖蒲                                       
      5月上・中旬頃に咲く。                 
      湿地に生える。                         
      花色は黄色。                           
      葉っぱは細長く、                       
      縦に筋(突起した脈)がある。           
  杜若                                         
      5月中旬頃に咲く。                     
      水の中から生える。                     
      花色は青か青紫(白いのもある)。       
      花びら中央部に白い筋模様がある。       
      花びらの中央部は、めくれ上がる。       
      葉っぱは幅広で、筋は無く、ほぼ平坦。   
  花菖蒲                                       
      6月頃に咲く。                         
      湿地に生える。                         
      花びらの中央部に黄色い筋がある。       
      葉っぱは細長く、                       
      縦に筋(突起した脈)がある。            

(季節の花300より)



この記事をはてなブックマークに追加

季節の花「針槐(はりえんじゅ)」

2012-05-29 05:33:00 | インポート

一日一言

煙りになる

煙りのように消えうせるという意味で、

ある人や物がまったく存在しなくなって

跡をとどめないという場合の例えに用

いる。

★あの有名な学者もいまや煙りになった。

類語:①灰と化す    ②灰燼(かいじん)に帰す


5月から咲いている花「針槐(はりえんじゅ)」

開花時期は、  5/  5頃~  5/25頃。
・北アメリカ原産、明治中頃に渡来。       
・夜になると葉を閉じる。                 
・槐(えんじゅ)に似た木で、とげをもつこと
  から「針槐」になった。                 

・別名  「ニセアカシア」。               
          アカシア(房(ふさ)アカシア)と
          よく間違われるところから。     
          気の毒な名前だけど、こちらの方が
          とおりがいいですね。      

(季節の花300より)


この記事をはてなブックマークに追加

季節の花「薔薇(ばら)」

2012-05-28 04:26:03 | インポート

一日一言

煙ったい

煙りのため目が煙い、息苦しいという意味

から、黄が詰まる、窮屈に感じる、相手に

近づきにくく敬遠したいというときのたおえ

に用いる。「煙たい」の変化した言葉。

★どいも叔父貴は私にとって煙ったい存在だ。


5月から咲いている花「薔薇(ばら)」

開花時期は、  5/  1頃~11/25頃。         
  春(5~6月)と秋(10,11月)に咲くものが   
  多いようだ(いろいろ種類がある)。               
  夏は暑いのでひと休み。                           
・とげのある木の総称である「うばら」または         
  「いばら」(茨)が、「ばら」に略された。         
  (「茨」は”とげのある、つる草”を総称したもの) 

・甘い香り。香水の材料にも使われる。               
・草丈が20~30cmで、花の大きさが3cmぐらいの
  小さい薔薇を一般に「ミニ薔薇」と呼ぶ。           
  たくさん花をつける。                             


・古代から、繁栄と愛の象徴とされた。               
  ギリシャ神話では、愛と美の女神「アフロディーテ」が
  海から誕生したときに、大地がそれと同じぐらい美しい
  ものとして、バラの花を作ったとされている。       
  ギリシャ時代には、ビーナスに結びついて、         
  「愛と喜びと美と純潔」を象徴する花とされ、       
  これが、花嫁が結婚式にバラの花束を持つ風習に     
  つながったとされる。                             
  ギリシャの叙情詩人アナクレオンが、               
  紀元前6世紀(2500年前)に、                 
    「バラなる花は恋の花、バラなる花は愛の花、     
      バラなる花は花の女王」と唄っている。         


・ローマ人は、一輪のバラを天井につるし、その下で   
  した話は一切秘密にする約束を守ったので、         
  「バラの下で」という言葉が「秘密に」という意味に 
  なって今に残っている。                           
・イギリス王室の紋章である”チュードル・ローズ”は、
  王位継承をめぐってランカスター家とヨーク家の間に 
  起こった「バラ戦争」(14世紀)のあとで両家が   
  結ばれて赤バラと白バラを組み合わせた紋章となった 
  もので、このバラがイギリスの国花となった。       
  英語の「ローズ」の語源はケルト語の「赤い」と     
  いう意味に由来する。                             
・イギリス、ルーマニア、ブルガリア、ポルトガル、   
  ルクセンブルグ、モロッコ、サウジアラビア、       
  イラン、イラク、などの国花。                     


・茨城県の県花(薔薇)                             
・1月19日、2月10日、3月26日、4月11日、 
  5月14日、6月17日、7月4日、8月3日、     
  9月26日、11月15日、12月25日の誕生花   
                                          (薔薇) 
  (色は、1月は白、2月赤、3月ピンク、4月オレンジ
    5月白、6月ピンク、7月黄、8月朱赤、         
    9月淡紫、11月薄オレンジ、12月赤)         
  10月11日の誕生花(蔓薔薇)                   
  10月22日の誕生花(ミニ薔薇)                 

・花言葉は「私はあなたにふさわしい、               
            内気な恥ずかしさ、輝かしい、愛嬌、     
            新鮮、斬新、私はあなたを愛する、美、   
            あなたのすべてはかわいらしい、愛情、   
            気まぐれな美しさ、無邪気、爽やか」     
                                      (薔薇)     
          「無邪気、爽やか」(蔓薔薇)             
          「特別の功績」(ミニ薔薇)               


・「大きなる  紅ばらの花  ゆくりなく               
      ぱっと真紅に  ひらきけるかも」      北原白秋 

  「ほいいままと  いう人言は  さもあらば           
      あれくれなゐ深き  ばらを愛でつも」  斎藤茂吉 

  「くれなゐの 二尺伸びたる 薔薇の芽の           
    針やはらかに 春雨のふる」          正岡子規 

  「薔薇深く  ぱあの聞(きこ)ゆる                 
                              薄月夜」    正岡子規 


・東京周辺の見どころ                               
  <神代(じんだい)植物公園>                     
        大規模植物園。でかい。大温室もある。       
        あらゆる花がひしめきあっており、           
        なかでもバラ園はみもの。                   
        花見頃5月中旬~6月上旬、                 
            10月中旬~11月上旬。               
        調布市深大寺元町。                         
        最寄駅 → 京王線調布駅、つつじヶ丘駅、     
                  JR中央線三鷹駅、吉祥寺駅、から 
                                      いずれもバス 
  <旧古河(ふるかわ)庭園>                       
        古河財閥の館。バラで有名。                 
        花見頃5月中旬~5月下旬、                 
            10月中旬~11月上旬。               
        北区西ケ原。                               
        最寄駅 → JR京浜東北線上中里駅           
  <与野公園>                                     
        花見頃5月中旬~5月下旬、                 
            10月上旬~10月下旬。               
        埼玉県さいたま市(旧与野市)本町西。       
        最寄駅 → JR埼京線与野本町駅             
  <谷津(やつ)バラ園>                           
        以前の「谷津遊園」の中のバラ園が           
        形を変えて残っている。                     
        花見頃5月中旬~5月下旬、                 
            10月中旬~10月下旬。               
        千葉県習志野市谷津。                       
        最寄駅 → 京成線谷津駅                     

(季節の花300より)


この記事をはてなブックマークに追加

季節の花「庭石菖(にわせきしょう)」

2012-05-27 04:46:45 | インポート

 

 

 

 

一日一言

毛の足りない者

人より毛の足りない者は猿であるという

ところから、普通の人間より知恵の劣っ

ている者、愚かな人間を指して言う時の

たとえに用いる。

★私は生来の慌て者でせっかちなので、

周りからは毛の足りない者として見られて

いる。


5月から咲いている花「庭石菖(にわせきしょう)」

開花時期は、  5/  1頃~  6/  末頃。
・北アメリカ原産。1890年頃に渡来。   
・きれいな小さい花。色は、白または紅紫色。
・葉が石菖(せきしょう)というサトイモ科の
  植物に似ていて、                       
  また、庭によく生えるところから、       
  庭石菖の名になった。                   
・別名  「南京文目」(なんきんあやめ)。 

(季節の花300より)


この記事をはてなブックマークに追加