季節の花と言葉の花束

写真付きで季節の花や言葉の意味をを書くならgooブログ

季節の花の紹介と言葉の花束を書いています。

季節の花

2008-06-30 08:01:34 | インポート

一日一言

足が早い

歩くことが早いという意味から転じて、

腐りやすい食物や、すぐに売る捌ける

商品などをたとえて言う場合に用いる。


5月に咲いていた花「カルミア」

開花時期は、  5/15頃~  6/  5頃。       
・北アメリカ原産。                               
・花は咲く前に”こんぺいとう”のような形になる。 
  おいしそう♪  花の形はおわん型。               
・別名  「アメリカ石楠花」(アメリカシャクナゲ)。
            そういえばシャクナゲっぽい。         
        「スプーンの木」                         
            インディアンは、この木の根から       
            スプーンを作ることから。

(季節の花300より)


この記事をはてなブックマークに追加

季節の花

2008-06-29 09:18:21 | インポート

 一日一言

足だ出る

人前などで足を出すのは礼儀や決まりに

反すると言う意味から転じて、収入や予算

を超過した金額を使うと言う場合に用いる。」

また、隠していた事が表面に現れる、露見

するというときにのたおてにも用いる。

偽装発覚、耐震計算ごまかしなど。

類語:①足が付く  ②ボロが出る。


5月に咲いていた花「赤詰草」

開花時期は、5/10頃~  9/20頃。    
・花はクローバー(白詰草)にそっくりだが、  
  色がピンク色なのと、葉っぱのすぐ上に      
  花が咲くことから区別できる。              
  また、葉っぱもややとがる。                
            (白詰草の葉っぱは丸っこい)    
・デンマークの国花。                        
・別名  「紫詰草」(むらさきつめくさ)。    

(季節の花300より)


この記事をはてなブックマークに追加

季節の花

2008-06-27 07:11:14 | インポート

一日一言

足が強い

足腰がしっかりしていることをいい、

船にスピードがあることや揺れがな

いこと、あるいは、食物のなかなか

腐りにくいこと、餅に粘りがあること

などをいい表わすのに用いる。


5月に咲いていた花「五月」

開花時期は、  5/10頃~  6/20頃。 
・旧暦の皐月(5月)に咲くことから命名。   
  「皐月躑躅(さつきつつじ)」を           
  省略したもの。つつじの一種。             
・「杜鵑花」とも書く。                     
  杜鵑花(ほととぎす)が鳴く頃に咲く花で   
  あることから。                           
・江戸時代から人気があって園芸化がすすみ、 
  現在、1500種ほどもあるらしい。       


・他の大紫躑躅などの躑躅とよく似ているが   
  開花が5月中旬以降、と遅いので区別できる。
  躑躅が咲き終わった頃から咲き始める。     
  花の形は久留米躑躅によく似ている。       
      久留米躑躅 → 4月中旬~5月上旬     
      大紫躑躅   → 4月下旬~5月上旬     
      皐月       → 5月中旬~6月中旬     
・葉っぱは小さく固い。                     
・いろいろ種類がある。ピンクのものが多い。 
・ふつうのつつじは湿気を嫌うが、           
  皐月は全く問題ないようです。             


・5月12日の誕生花(皐月)               
・花言葉は「協力を得られる」(皐月)       


・「石に植えて  さつきの花の  咲きにけり」 
              村上鬼城(むらかみきじょう) 
  「庭石を  抱いてさつきの  盛りかな」     
              三宅嘯山(みやけしょうざん)

(季節の花300より)


この記事をはてなブックマークに追加

季節の花

2008-06-26 08:45:05 | インポート

一日一言

足が付く

駆け落ち者の逃げた足取りが分かると言う

意味から転じて、逃亡者の行方が分かる、

または、犯罪事実を証明する糸口が見つか

る、悪事が露見すると言う場合のたとえに用いる。

類語:①足が出る  ②ボロが出る。


5月に咲いていた花「釣鐘草」

開花時期は、  5/10頃~  6/15頃。     
・名前のとおりの形の花。                       
  なぜか上向きか横向きに咲く。                 

・別名  「カンパニュラ」(学名から)           
        「風鈴草(ふうりんそう)」(花の形から)
・6月11日の誕生花(カンパニュラ・イソフィラ)
  6月25日の誕生花(釣鐘草)                 
・花言葉は「親交」(カンパニュラ・イソフィラ) 
          「友情」(釣鐘草)   

(季節の花300より)  

    


この記事をはてなブックマークに追加

季節の花

2008-06-25 07:42:23 | インポート

一日一言

足が地に付く

足がしっかり地を踏まえて居ると言うことから、

振る舞いや、感情、気分などがしっかりして

いることと、落ち着いている様子などを言う場

合に用いる。


5月に咲いて居た花「白丁花(はくちょうげ)」

開花時期は、  5/10頃~  6/10頃。
・生け垣によく使われる。                 
・香りのよい白花。             

(季節の花300より)

  


この記事をはてなブックマークに追加