ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「エリザのために」、ルーマニアに生きる外科医の懊悩!

2017-08-05 19:03:28 | ヨーロッパ映画

おすすめ度 ☆☆★

社会派ドラマ好き ☆☆☆★

ルーマニア・フランス・ベルギー合作

2016年・第69回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞。ルーマニアの俊英クリスティアン・ムンジウ監督による長編。

外科医というから、上級階級に属する主人公ロメオ。

カメラは執拗に、ロメオの跡をつけまとう。手持ちカメラの主人公目線。

朝、何者かの投石で窓ガラスが割られる。

高校に通う娘エリザを送るが、途中で下し、愛人の元へ。

だが、その日娘は、何者かに襲われる。

そのショックで落ち込むエリザ。

エリザは、英国留学を目指しており、学校の成績が進学を左右する。

ロメオは、コネを使って娘の成績を良くしようと努力する。

チャウシェスク独裁から、民主化されたルーマニア。

だが、まだ不安定な社会情勢。

娘をロンドンへ留学させるのも、何とかルーマニアから成長させたいからだ。

一方で、妻からも、不倫相手からも、そっぽを向かれる始末。

ラストにかけて、結局、娘が卒業する以外何等の発展もない。

だが、途中挟まれるエピソードは、ルーマニアの闇を描き、その改善の兆しを見つめる。

淡々とした描写だけに、こみ上げるものはないが考えさせられる映画だ。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「めぐりあう日」、捨てられ... | トップ | 「灼熱」、美しきクロアチア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヨーロッパ映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
エリザのために (あーうぃ だにぇっと)
エリザのために@ユーロライブ