ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「シンクロナイズドモンスター」、アンハサウェイとモンスターがシンクロ!

2017-11-13 19:49:15 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆ (劇場鑑賞)

珍しい映画好き、怪獣映画好き ☆☆★

アンハサウェイ好き ☆☆☆

なかなかおすすめが難しい映画。

だって、美女と怪獣がシンクロするんだから。

ニューヨークで職を失い、毎晩のように酒に酔って暴走した挙句、同棲中の彼氏に追い出されてしまったグロリア。すべてを失った彼女は生まれ育った故郷の田舎町に帰ってくる。

そこで、幼馴染のオスカーに誘われ、彼の経営するバーで働くことに。

そのころ、韓国では怪獣が出現。

グロリアが公園であるしぐさをすると、怪獣も同じしぐさを。すなわち、彼女のしぐさが怪獣とシンクロするというぶっ飛んだ映画。

おまけに、ロボットが出現して、韓国は大騒動。

まこと、怪獣映画になれば面白いかもしれないが、男女関係のいざこざが原因というから話はしょぼい。

ただ、グロリアは韓国まで出かけるから、まあ良しとするか。

アンハサウェイも、イメチェンの時期なのか?

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「静かなる叫び」、モントリオール理工科大学で実際に起きた銃乱射事件を描いた映画。

2017-10-17 18:38:46 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆

心理ドラマ好き ☆☆☆

カナダ・アカデミー賞(ジニー賞)で歴代最多9部門受賞。
『メッセージ』『ブレードランナー2049(10月27日公開)』でいま最も注目される監督ドゥニ・ヴィルヌーヴの原点とも言える渾身の一作。(2009年作品)

1989年12月6日、モントリオール理工科大学で起きた銃乱射事件。女性ばかりを狙い、14名が死亡。犯人も自殺。

この事件をモチーフに、白黒で描いたフィクション。

犯人、被害者で生き残った女性、その女性の彼氏。

3人の視点で、この事件をとらえる。

時系列や、人物が入り混じって描写されるので、戸惑う。

ただ、白黒の雪景色と、殺害現場の血の色が黒く、なにか美しい映像だ。

それぞれの人物像に深入りすることなく、表情と、時々のエピソードで進行する。

被害者の女性が妊娠していたことで、フェミニズムをめぐっての当事件の意義が深まる。

語りが少ないだけに、読み解くすべを持つ人には、感動の作品のようだ。

ただ、表面的に見れば、銃乱射殺人事件そのものだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ホワイト・ラバーズ」、北極の地で愛を確かめる!

2017-10-05 09:33:38 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆☆

極限の愛の映画好き ☆☆☆★

劇場未公開

激しいラブシーンがあります。

世界から隔絶された、北極圏の小さな町。

過去から逃げてきたローマン(D・デハーン)と、この町での忌まわしい記憶に囚われているルーシー(T・マズラニー)は、互いに心の傷を埋め合える唯一の存在だった。

ルーシーは、悩みから逃れるため、町を出ると宣言。

彼女の誘いに悩むローマン。

そして二人は、極北の地を目指して愛の遍歴。

雪ぞりに乗って二人は、愛を確かめながら北を目指す。

だが、そこには、極寒の試練が。

原題は「恋人たちと白熊」

お互い幻想を見るが、でてくる白熊は、哲学的な言葉を吐く。

雪と氷の雪原で繰り広げられる愛の極致。

そして、ラスト。雪原には!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「NUMB〔ナム〕極限の争奪戦」、雪原の金貨探しのサバイバル!

2017-08-24 17:41:22 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆

ツタヤ先行レンタルなので借りる。

劇場未公開。

職を失い借金の返済ができない夫妻、バンクーバーへの帰り道、前科者と売春婦の兄弟ヒッチハイカーを拾う。

途中、低体温症を起こした老人を乗せるが、彼は死んでしまう。

だが、この老人銀行強盗をしていて、その金貨を探しに行くところだった。

4人は、GPSを頼りに、金のありかを探しに行くが、途中崖があったり、途方もない雪原だった。

取り立てて、激しいアクションがあるわけもないが

人里離れた雪山紀行は、サバイバルの極み。

夫は足にけがをして、歩けなくなるほどの重傷。

欲の塊の顛末は?

冒頭、雪焼けした男がベッドに横たわっている。

妻の安否を気遣うが、すでに。

そこから2週間前。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「天使にショパンの歌声を」、閉鎖寸前の音楽学校!天才少女のピアノ演奏!

2017-07-20 20:01:25 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆

クラシック音楽好き ☆☆☆

邦題は、映画を現していない。

第18回カナダ・ケベック映画賞(2016)で作品賞を含む最多6部門に輝いた作品。

修道院が経営する音楽学校。

経営の危機に陥り、閉校の憂き目に。

校長は、音楽をみんなに見てもらえばと奮戦。

問題児の姪がやってくる。

だが、彼女は、クラシックピアノの天才。

クラシック音楽の数々と、ケベックの美しい風景。

修道院という古いイメージを一新。

ダンスも踊る。

そんな、古風な田舎の学校に新風を吹き込んだ映画。

クラシックファンには、ふんだんな音楽描写がたまらない。

カナダ映画の望みだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ワイルドガン」、ガンアクションの西部劇らしい映画!

2017-06-02 19:43:47 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆★

劇場未公開

キーファー・サザーランドが実父ドナルド・サザーランドやデミ・ムーアらと共演したガン・アクション。

ガンを使わないと決めて、神父をする父親のもとへ帰ってきたジョン。

だが、弟や母を亡くし、昔の女も結婚していた。

そして、鉄道会社が用地買収をしていて、強引な取り立てが横行していた。

町へ出て、言いがかりをつけられ、父親は殴られるし、自らも暴行に遭う。

そして昔の恋人の家も、買収の対象になっていた。

じっと我慢の上、最後に立ち上がる、西部劇の王道を行く映画。

ラストも「シェーン」ぽくて、納得。

ただ、映画に花がないのが、玉に瑕。

西部劇ファンなら、納得の出来だ。

同名の映画があるので要注意。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「レッド・ダイヤモンド」、ブルースウイルス出演の犯罪(強奪)映画です。

2017-05-18 10:28:32 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆★

アクション映画好き ☆☆☆

ブルースウイルスも63歳、アクションやるには、つらい年齢。だが、現役で活躍したい。

結局、大ボスになる。今回も、それなりに貫録だ。

今回は、「タイム・トゥ・ラン」のマーク=ポール・ゴスラーが主演。渋い味を出しているが、まだ、スターではない。

美人女性の競演で、面目を保つ。

5億ドルの宝石の争奪戦。

カーチェイスあり、ボートチェイスあり、飛行機アクションあり、装甲車強盗あり、美少女スナイパーあり、壮絶銃撃バトルありの、ノンストップ・クライム・アクション。

まあ、題材はそろっているし、相手も結構強いし、明るいアクションなので、気軽にみられる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「神のゆらぎ」、グザヴィエ・ドランが出演を熱望したヒューマン映画!

2017-02-20 19:00:48 | カナダ映画

おすすめ度 ☆☆☆

ヒューマンドラマ好き ☆☆☆★

エホバの証人の信者である看護師と、その恋人で白血病の男(クサビエドラン)。宗教上の理由から、輸血はできず、男は治療を拒否している。

飛行機事故で、唯一生き残った男性。瀕死の重傷で、輸血が必要。看護師である女性は、輸血の決断ができるのか?

そこから、話は飛行機事故の前に戻る。

姪に、迷惑をかけたとわざわざ、麻薬を飲み込んで密輸した男。

賭け事にはまり込む夫と、酒浸りの妻。

年老いた不倫の男女。

それぞれがキューバ行きの飛行機に乗り込もうとする。

そして事故で亡くなった人たち。

看護師は、輸血を決意するが結局は

そんな、ヒューマンなストーリー展開だが、

『全能の神はいない』の言葉が、後を引く。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「アウト・オブ・コントロール」、心の傷が原因で記憶を失うという解離性遁走をおこした女性。悲劇の殺人劇!

2017-02-04 18:58:58 | カナダ映画

おすすめ度 ☆★

ラブサスペンス好き ☆☆★

劇場未公開

冒頭、手に傷を負った女性、バーのカウンターに座っている。突如取り乱し、カバンをぶちまける。そこには拳銃が、たまたま居合わせた警官が応戦。

だが、女性は誤って銃を発射、外へ出、道で転ぶ。そして気を失う。

つかみはなかなか緊張感あふれる展開。

だがその後、もう一人の女性が現れ、88という番号のアパートの一室へ、そこは彼女が彼氏と愛をはぐくんだ部屋。

そこが殺人現場と化して。

記憶喪失した女が、記憶を回復する過程が、フラッシュバックで描かれるので、話が混乱する。

最初は、二人が同一人物であることがわからず、登場人物も多く、わかりづらい。

だが、全体にアウトロー的な雰囲気で、殺しの多発。

B級映画そのものだが。

ラブストーリーと、殺人と、サスペンスというよりアクション。

まあ、スタイリッシュな展開は悪くは何のだが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加