ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「女は冷たい嘘をつく」、誘拐された子供の母とその子のベビーシッター、母子ものに涙!

2017-12-14 10:52:19 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

一部劇場で公開後、WOWOWでも放映。

2016年11月に韓国で公開され、観客動員が100万人を突破するヒットを記録。

シングルマザーが、離婚調停中で、お金を稼がねばならず、子供は、ベビーシッター任せ。

そして子供とベビーシッターが行方不明に。

離婚調停中のため、警察に相手にされず、自ら探し回るはめに。

ベビーシッターは、中国人で、売春宿で働いていた。

それから、ベビーシッターの過去が明らかになっていくが、

結婚相手の男性が冷たく、子供が新生児肝炎という奇病で入院。

入院費が払えず、病院を追い出されてしまう。

韓国社会の、いびつさを描きながら、二人の母の悲劇を描いている。

ラストは、中国行きの旅客船、二人の母がギリギリのせめぎあい。

母子映画として、涙を誘う。

「エターナル」のコン・ヒョジンがミステリアスな中国人ベビーシッター役でこれまでのイメージを覆し、「リバイバル 妻は二度殺される」のオム・ジウォンが愛娘を探すシングルマザー役を熱演。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「犯罪の女王」、息子のアパートで起きた事件を暴くおばさんパワー!

2017-12-10 11:19:08 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

邦題は、英題の翻訳だけど、ちょっと内容と合わない。

司法試験受験の息子から、金の援助の頼みが来て、その原因が水道代とのことで、急きょソウルへ。

司法試験は、厳しいらしく、何度もトライするほどだ。

母親は、水道代を追求するが息子は、金さえ出せばよいから、首を突っ込むなと。

でも、母親、好奇心が強く、いろいろアパートを嗅ぎまわる。

水道代は、2室で請求される。二等分されるのだ。

そこで、該当の部屋を疑う。

何か不審な動きが。

まあ、大きな事件でもなく、アクションもないが、コミカルな演技と、謎が深まるサスペンスで、終わりまで見せてくれる。

母親役のパクジョンが実にうまい。

日本でいえば大阪のおばちゃん風。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「特別捜査 ある死刑囚の慟哭」、仁川、大手財閥を巻き込んだ大捜査!

2017-12-03 11:08:11 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

韓国ノアール映画好き ☆☆☆★

暴力事件で警察をクビになった元警官のピルジェ(キム・ミョンミン)は、犯罪者たちに弁護士を紹介する法曹ブローカーとして名を上げていた。

その彼の元へ、死刑囚から無罪を訴える一通の手紙が。

財閥婦人殺害容疑で死刑を宣告された男だった。

事件の担当刑事が、ビルジェを首にした張本人だったことから、捜査に乗り出す。

犯罪の主体が財閥なことから、執拗な嫌がらせを受ける。

一方で、死刑囚の娘と会うようになり、復讐から、正義へと狙いは変わる。

後半、財閥側からの攻撃で、アクション映画の体。

録音テープの存在が、事件解決のキーとなり、解決する。

それにしても、韓国財閥の腐敗は、社会問題にもなっており、これが一つのテーマか?

父娘がもう一つのテーマで、泣かせてくれる。

わき役陣が頑張っている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「殺戮にいたる山岳」、鉱山事故を起こした山に金!

2017-11-23 18:00:12 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆

「反逆の韓国ノワール2017」で上映

英語の題名は。「The hunt」、狩りというところか。

15年前に起こった爆破事故で鉱山は閉鎖。鉱山で働いていた男の母親と娘、が住んでいた。

母親(老婆)が、偶然、金が露出しているのを発見、警察に知らせる。

ところが、捜査に来た警察官は金ではないと嘘を言い、漁師などを連れて、金を探しに。

それを知った老婆を射殺。

ところが、鉱山で働いていた、じじいが、反抗に出る。

普通の老人だが、山のことを詳しく知っているので、次々と攻略。

場所を変えながらの銃撃戦。

このじじいを韓国名優アン・ソンギが演じる。

娘も追いかけられるが、何とか生きのびる。

韓国映画らしい、荒っぽいところが少々あり残念。

 

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女」、フィクションながら感動の作品です。

2017-11-12 10:17:10 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

韓国ドラマ好き、特に韓国人 ☆☆☆☆

朝鮮に反感を持っている人は、見ない方がよい。見れば気分を害するだけ。

 

こんな悲劇のプリンセスがいたとは、あらためて、韓国歴史を垣間見る。

日韓併合の大波乱時の韓国の王朝。子供時代は、プリンセスとして優雅な生活を送っていたようだが、日本人学校に通い、日本人として育てられてきた。翁主とは、王(皇帝)の側室所生の王女(皇女)の称号。

若くして日本に留学、政略とはいえ、旧対馬藩主の元に嫁いでいる。

これらの事実は踏襲しながら、第二次世界大戦下、日本に暮らす王朝の人たちを上海に亡命させ、再起を図ろうとしたというフィクションを描いている。

幼馴染の将校が、翁主を守りながら、逃亡する、悲劇。

韓国人でありながら、日本側として、彼らを追い続ける悪徳将校を登場させ、物語りを面白くしている。

ほとんどが、日本での出来事のため、大量の日本人が出てくるが、メインとなるのは韓国人のため、韓国語シーンが多い。

日本語を話せる役者や、日本人も出ていて、、韓国なまりは多々あるが、そこそこの出来。

それにしても、波乱万丈、プリンセスの一生は、確かにドラマだ。

主演のソン・イエジン渾身の演技は涙を誘う。

恋愛ドラマが得意なホ。ジノ監督も、泣き所を抑えている。

韓国では、大ヒットだったらしい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あの日、兄貴が灯した光」、泣きと笑いの韓国ドラマ!

2017-11-07 17:29:52 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

英題は、My Annoying Brother,

やっかいものの兄貴、邦題と真逆。韓国での原題は兄。

韓国映画独特の笑いと涙。やりすぎとみるか、うまいとみるか。

「EXO」のメインボーカルD.O.が弟のドゥヨン、ジョンソクが兄のドゥシクを演じる。

弟は、柔道選手で、オリンピック出場を目前に怪我。目が見えなくなる。

落ち込んでいるところへ、詐欺前科10犯の兄が転がり込んでくる。

最初は、反発していたが、弟が栄養失調で入院してから、兄が仮釈放が取り消されると困るので、そこからやさしくなります。

もともと兄弟ですから当然ですが、兄がぐれだした原因も明らかになり、仲良くなります。

そしてパラリンピックへ出場といい方向に動きます。

柔道のコーチが女性で、花を添えます。

さらに、兄に末期がんが見つかり、そこからは涙涙。

最後は、パラリンピックで盛り上がります。

 

 

 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「善悪の刃」、冤罪事件の再審まで!

2017-10-30 19:17:13 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

2000年に韓国で起こった薬村五叉路タクシー運転手殺人事件。

警察の強引な誘導で、15歳の少年ヒョヌが犯人として検挙、裁判で確定。

それから10年、刑期を終え出所した青年は、多額の賠償金で苦しめられていた。

一方、度重なる敗訴で職にあぶれていた弁護士。

この二人が出会ったことで、再審の道が開ける。

警察のでっち上げの手法と、強引な捜査が浮き彫りにされ、

さらには、上からの指令でもみ消そうとするなど、腐った韓国社会があぶりだされる。

調べていくうちに、目撃者が現れるが、圧力がかかる。

初めは、自己都合で動いていた二人が、やがて協力して再審に向かうことに。

映画は、最後まで見せないが、事実は再審で結審した。(それだけ身近な作品)

ヒョヌを演じるカンハヌルは、この映画の後入隊、27歳で入隊とは。

弁護士役はチョンウ。

ふたりの演技で、最後まで目が離せない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「新感染 ファイナル・エクスプレス」、やってくれました新ゾンビ映画!

2017-09-15 18:29:45 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆☆ (劇場鑑賞)

韓国映画ゆえか、吹き替え上映が圧倒。字幕版は稀少派。

韓国の新幹線は、ソウルから釜山まで、2時間だ。

新幹線を新感染ともじっているのは日本版。原題は「釜山行き」。

謎のウイルスの感染拡大と言っているが、いわゆるゾンビ化だ。

ソウルで、感染が起き、列車にも一人の女性が乗り込む。

彼女を助けようとした女車掌がまず、噛まれて感染。それからパニックに。

主人公のソグ(コン・ユ)ファンドマネージャーで、家庭を顧みず、娘に母親のもとに行くといわれしぶしぶ釜山へ同行。

ほかに、妊婦とその夫、野球部の高校生、中でも恋人同士がいる、二人組のおばあちゃん。身勝手な中年管理職。

一度、大邱駅で、停車するが、外はゾンビであふれている。

結局、ほとんどKTX101号の車中での出来事となる。

娘と妊婦たちを置いたまま、外に出たため、二組に分かれ、その救出作戦がハラハラドキドキ。

最後の方は、列車が転覆炎上、別の列車に乗り換えと大アクション映画となる。

ソグと娘の家族愛の問題、身勝手な管理職の言動は、社会問題を、そして、妊婦の夫の自己犠牲、などシリアスなテーマも盛り込んで、最後まで緊張の持続と、涙なしでは見れない愛の問題。

文句なしの娯楽巨編だ。

 

 

コメント   トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「トンネル 闇に鎖(とざ)された男」、トンネル崩壊事故で生き埋めになったセールスマンが救出されるまで!

2017-09-08 19:17:02 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

車で帰宅途中、トンネル崩壊事故で閉じ込められた男。

その限られた空間では、なかなか、閉塞感が伝わりにくい。

そのため、この映画は、むしろ、外部の事故を利用しようとする面々や、経済優先で、一人の命を無視しようとする勢力を描くことによって、韓国の闇を暴こうとするようだ。

たしかに、旅客船セウォル号事件が、まだ新しいが、思い出される。

ただ、一方で、女優の演技力で迫力を見せる。「あなたが死ねば私も死ぬ」。

それと、救助隊、隊長の孤軍奮闘。

そして、何かにつけて詰め寄るマスコミの在り方。

人命救助という、尊い作業だけに、かなり大掛かりな映画となっている。

まあ、韓国での入場者数が多いのが何よりだ。

監督 キムソンフン

主演 ハジョンウ 妻 ペドウナ 救助隊長 オルダス

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「グランドファーザー 哀しき復讐」、息子の死、孫の売春、哀しきじいさんが立ち上がる!

2017-08-20 17:25:22 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆

劇場未公開

第20回 富川国際ファンタスティック映画祭コリアン・ファンタスティック部門 最優秀男優賞受賞! 

『オールド・ボーイ』『アジョシ』といった、韓国リベンジムービーの傑作群に連なる、異色バイオレンス! 

突然息子の悲報が、建築現場で酒に酔った後、落ちて死んだ。

孫娘を助ける男たちに不自然さが。

警察が、動いてくれないので、単身事件を追う。

そして、ラストの復讐劇。

確かに、後半じいさんが立ち上がり復讐劇となるが、

それまでの展開がいかにもぬるい。

おまけに、孫娘を助けてくれた相手が売春組織のボスだったという展開はいかにもな感じ。

ベトナム戦争帰りという、テーマもあまり生かせてない。

あの韓国バイオレンスのエネルギーが見当たらないのだ。

確かに、パク・クニョンは好演しているのだが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加