ひろの映画見たまま

映画にワクワク

ドミノ

2005-10-30 10:17:19 | Weblog
揺れる映像、激しく切り替わるカット

そして、ハードボイルド

ドミノは実在の女賞金稼ぎ。

親分に扮するのがミッキー・ローク。渋い

犯罪にテレビが借り出され、うそと真実

血とガン、そしてナイフ。

闇の世界が明らかに
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつか読書する日

2005-10-27 20:06:49 | Weblog
青春時代に付き合っていた男をずっと愛し続けてきた女。

男も同じ気持ちを持ち続けていた。

男の妻は病気で死が近い。妻が二人の気持ちに気付き、

死後二人が一緒になることを望んで死ぬ。

そして二人は結ばれるのだが、

結末は、読書する日。

坂のある町で牛乳配達をする女。美しい街と労働

日本的な日々
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コープスブライド

2005-10-23 19:52:48 | Weblog
わけの分からぬ題名。

人形劇か?

それにしても青ざめた顔の花嫁

そして骸骨のダンス。

死後の世界に

しかし、妙に惹かれてしまう。不思議な魅力

一風変わった恋愛物語、だって、幽霊に取り付かれてしまうのだから。

現世は欲と欲のかたまり、あの世は楽しい。

現実の花嫁と憂いの花嫁との鉢合わせ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この胸いっぱいの愛を

2005-10-21 10:21:34 | Weblog
20年前にタイムスリップし、お姉さんに恋をする。

20年前の小学生の自分と30代の自分とが共演するSFもの。

お姉さんは病気になり、人生をはかなんでいる。

現在と過去の二人は、お姉さんを励まし、交響楽団で

ヴァイオリンを演奏させ、生きる力をよみがえらせる。

やくざのあんちゃんが、まだお母さんのおなかの中にいるその母に会いにいく。

道端で花を育てていた老人に、花瓶を砕いたのが自分だと、20年目に告白する青年。

20年前の盲導犬に会いに行くおばあさん。

これらのエピソードが交錯し、物語は進んでいく。

生きる力の大切さを語っているのかな。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

セブン・ソード

2005-10-16 18:31:57 | Weblog
骨太の作品だ。

清時代の中国。

村民を殺害し、利益を得ようとする集団を相手に7人の剣士が立ち向かう。

女性を含み、中には韓民族もいる。

7人が結束して困難に向かう。

騎馬戦と剣の争い、その映像は迫力がある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ステルス

2005-10-11 17:48:46 | Weblog
ついに、ステルスが映画になった。

超低空を見事に旋回するステルスのスピードとスリルは迫力がある。

そして、無人ステルスの造反という、見事なストーリー展開

北朝鮮やカザフスタン、ロシアと生々しい国を相手に戦うことに。

最後は、007さながらの敵地での一人奮闘。女性も強い。

途中で、タイでレジャーも楽しむ。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

埋もれ木

2005-10-08 10:51:17 | Weblog
何ともいえない不思議な映画

ストーリーがあるようで、ないようで。

まず、漫画から始まる。

三人の女の子が物語を作る。

らくだ

一方、長屋風の市場。そこには、坂田明を初めとする芸達者がいて、日本の日常を演じる。

あとは、メルヘンだ。

妖怪が出てきたり、鯨が出てきたり、はては、風船につながった作り物が空へ

フェリーにを思い出す。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

蝉しぐれ

2005-10-06 21:06:04 | Weblog
お家騒動のあおりで、父は処刑され、家を追われる文四郎。

そして、幼馴染の隣のふくは、東京の屋敷に。

試練の中、剣道に励み、やっと復権をはたす。

ところが、ふくは殿の妾になり、子を授かる。

しかしまたお家騒動の芽が。

またもや、お家騒動に巻き込まれ、ふくの子を誘拐することに。

しかし、陰謀により裏切られる。

ふくとの再会、ひとときの心の触れ合い、初恋はそのまま胸の内に

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンシティ

2005-10-02 09:49:12 | Weblog
まさにアメリカンコミックの世界だ。

シンシティ(罪な街)に起こった三つの出来事。

それらが交互に描かれる。

暴力と恋

極め付きのハードボイルドだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加