ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ピンクとグレー」、幕開きから62分後の衝撃!

2016-01-31 17:00:21 | 日本映画
おススメ度 ☆☆☆

若い女性でいっぱい。

それもそのはず

「NEWS」の加藤シゲアキが2012年に発表した処女小説の映画化。

主役が、「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔の初出演。

ほかに、菅田将暉、「海街diary」の夏帆、「誰も知らない」の柳楽優弥と今が旬の俳優陣。

それに、開幕62分後の衝撃とあっては、心躍らされる。

なぜか、冒頭、若き女性のバレーシーン。この場面から不穏さを感じますが、

タイトルの後は、

小学生の時、大阪から横浜の団地に家族とともに移り住んだ河田大貴(菅田将暉)は同じ団地に住む白木蓮吾(中島裕翔)と出会い、二人は仲の良い、大の親友になり、中学・高校と、ともに青春時代を過ごします。

このあたりは、行定監督の手だれた演出で、生き生きとした二人の生活ぶりが垣間見えます。

そして高校2年、スカウトによって、モデルを出発点にアイドル路線を駆けあがっていきます。

そして二人に、立場の差が出たとき、売れっ子だった白木が、遺書を残して、首つり自殺します。ここまでが、62分。

ここからが、グレーのシーンへ。

要は、現実とフィクションの世界で、逆転し、演じる役まで交換するからややこしい。

アイドルの表と裏って感じで、描かれていきます。

若手劇作家・蓬莱竜太と行定監督が、原作をアレンジ、映画的に面白くしたそうですが、映画はどうだったんでしょうか。

原作を読んでいないので、これらの展開にどうしてという感がぬぐえなくて、入り込めませんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「天の茶助」、天界の茶くみ男が娘を救う?

2016-01-30 19:24:12 | 日本映画
おススメ度 ☆☆  PG12

SABUが自らの小説を演出したファンタジー。

ピストル乱射など荒っぽいシーンも。

天界は、シナリオライターが担当の人の人生を書いている。

シナリオライターのお茶くみ男茶助が、見染めた彼女を助けようと下界へ。

そして巻き起こす、人助け騒動。

なんと茶助には人を助ける能力があった。

人を助けてはゲロを吐く、そしてあらわれる白塗りの男たち。

ファンタジーなんだけど、ちょっとグロい。

沖縄が舞台で、ご当地映画でもあるのだが。

まあ、踊りはふんだん。

fantasyだから何でもありなんだけど、ちょっとハチャメチャ。

最後はうまく収めたつもりだが?

松山ケンイチが茶助を熱演。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「白鯨との闘い」、白鯨と闘った男たちのサバイバル!

2016-01-29 18:47:24 | アメリカ映画
おススメ度 ☆☆☆

サバイバル映画好き ☆☆☆☆

ハーマン・メルビルの名著「白鯨」の映画化はすでなされ、グレゴリーペックの名演で知られるが、本映画は、そのもととなったノンフィクションの映画化で、白鯨との闘いというより、捕鯨船に乗り込んだ男たちの物語だ。

メルビルが、生き残りの青年だった男に、話を聞くところから始まる。その男は話したがらないエピソードがあった。

捕鯨船の出発までのいきさつなどこまごました準備から大洋への船出と心躍る感じだが、やがて嵐が。

そして、白鯨は出現し、そのど迫力で画面を圧倒するが、話のメインはそこではなくて、白鯨との闘いに敗れ、難破船生活をする男たちの物語だ。

映画技術の発達で、VFXと3Dによるクジラは本物らしくその雄姿は素晴らしいが、むしろ、当時捕鯨の目的は、鯨油の採取であり、その現場も活写され、興味がある。

そもそも、一等航海士オーウェン(クリス・ヘムズワース)が次期船長を期待していたが、会社の都合で家柄だけで選ばれた未経験者のポラードが船長となり、船を危険にさらすおまけがある。

そして後半は、海に投げ出され漂流する小舟でのサバイバル生活。そこでは極限の事態が発生する。

乗組員たちの、死を前にした極限状態、そこでは人間性がむき出しにされる。

ラスト近く、再び白鯨に遭遇するが、もうバトルはない。

生き残った人たちのその後は、セリフで語られる。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「ソレダケ that's it」、石井岳龍監督の、14年ぶりとなったロック映画

2016-01-28 18:45:07 | 日本映画
おススメ度 ☆☆

爆裂映画、ロック映画好き ☆☆☆☆

ロックの誇大音楽は、聴く人によって雑音となれば、心地よい旋律と聞く人もいる。

ロックが嫌いならこの映画は見ちゃいけない。

石井岳龍といえば、この手の暴走映画が特異だが、

今回は、ロックバンド「bloodthirsty butchers」の楽曲がテーマだ。

もともと、bloodthirsty butchersとコラボな映画を作るつもりだったが、リーダーの吉村秀樹が亡くなり一度はぽしゃった企画だが、息を吹き返し、濃くて、危なくて、激しい、情熱とアクションが交差する青春ドラマができあがった。

主役に染谷将太、ヒロインに水野絵梨奈を配し、敵役に綾野剛を得て、すさまじい青春映画が出来上がった。

戸籍を奪われ、アンダーグランド暮らしでもがく大黒砂真男が、そこから抜け出す物語だが、疾走感と拷問とのアンダーグランドな展開とラストのガンアクション。

白黒とカラーの混ざった、日本映画としては珍しいドライ感がたまらない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「アンジェリカの微笑み」夭折の美女アンジェリカとの愛の幻想譚!

2016-01-27 19:27:50 | ヨーロッパ映画
おススメ度 ☆☆☆☆

ただ、非常に幻想的な映画なので、アクションやメロドラマ好きには、ちょっとおススメできない。

ポルトガル・スペイン・フランス・ブラジル合作

マノエル・ド・オリベイラ監督が101歳の時にメガホンをとった、渾身の作品。

舞台は、ポーランド、ドウロ河流域の小さな町。

主人公は、写真好きのユダヤ人。

ある日、町の写真家が外出中のため、転がり込んできた、葬式の写真。

その死せる美女の写真を撮ると、目覚めてニッコリ。

その美女の美しさに惹かれ、いつしか青年はとりこに。

そして起こる様々な不思議な現象。

別にオカルトではないが、宗教的であることは間違いない。

そしてあらわれた、美女と合体しての浮遊飛行。

何とも、絵画的、哲学的、幻想的な不思議な映画。

見る方も、いつしか虜に。

そんな不可思議な映画。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「アンリミテッド」、パルクール満載のアクション映画

2016-01-26 17:35:21 | アメリカ映画
おススメ度 ☆☆☆

テイラー・ロートナー主演。

「パルクール」、走る、跳ぶ、登るといった移動に重点を置いて心身を鍛えるスポーツ。

ニューヨーク市中を、存分に走る、跳ぶ、登る。高層ビルも何のその。

車の渋滞も何のその。

冒頭は、バイクで配達業務をするカム(ロートナー)。

バイクの疾走感も素敵。

美女ニキ(マリー・アブゲロプロス)と接触事故で知り合う。

彼女の参加するパルクールの仲間に。

彼らは、船を借り切って、そこで練習。

前半は、この走る、跳ぶ、登るの練習シーンで、素早い移動の快適さを醸し出す。

ところが、ニキの所属する集団は、素早い運動能力を利用した犯罪組織だった。

カムもこの仲間入りをさせられるが。

一方で、カムはニキにひとめぼれ。

だがニキは、組織のボスの彼女。

犯罪と恋と。ここでも、パルクールが生かされる。

スカッとする映画だが、犯罪集団の映画では手放しでおススメはできない。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「マーシュランド」スペインゴヤ賞17部門ノミネート、10部門受賞のクライムミステリー

2016-01-25 17:52:28 | ヨーロッパ映画
おススメ度 ☆☆☆

一部劇場限定公開

スペインの田舎町で起きた、連続少女惨殺事件。

この事件解決のため2人の刑事がやってくる。

冒頭、高い空からの俯瞰シーン。マーシュランド(湿地帯)の、景色が一望に。

そして地上のシーンは、なぜか薄暗い。

被害者の家族などを訪ねるうちに、この町の暗部がクローズアップされる。

二人の刑事は、協力しているようで、単独行動もとる。

少女たちは、惨殺され、体の一部が切り取られている。残虐な殺し方。

そして、納屋に不思議な動きが。

刑事は、夜は適度に酒を飲んでいきぬき。

汚職、小児性愛、麻薬密売など、町の暗部が明らかになる。

刑事は、張り込みをするが、突然何者かに襲われる。

刑事の行動が主体で、ひりひりとしたサスペンス感がすばらしい。

だが、結論は?

ちょっと、話を複雑にし過ぎているので、話を追うのはかなり疲れる。

背景にフランコ政権時代の影があるのか、ちょっと複雑。

簡単にのめりこめる映画ではない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「コンフェッション 友の告白」、友情が疑惑に変わるサスペンス

2016-01-24 17:11:05 | 韓国映画
おススメ度 ☆☆☆

34歳の若さで、本編で長編映画デビューしたイ・ドユン監督。大鐘賞映画祭でノミネートされるなど評判です。

ただ、若さゆえか、ちょっと舌足らずで残念でです。

少年時代から仲良しのインチョル、ヒョンテ、ミンスの3人。雪山での事故が尾を引きます。

成人した3人。保険のセールスで高給を稼ぐインチョル、家庭を持ち(子供もいる)消防手のヒョンテ、いつも控えめで配達で生活しているミンス。

インチョルが、ヒョンテの母親を助けようと、保険金詐欺(放火して保険金を稼ぐ)をたくらみ、ミンスと二人で実行するが、偶然から失敗。ヒョンテの母親を殺してしまう。

おまけに、ヒョンテの母親は、ヤクザに借金をしていた。

思惑外れたインチョルは苦境に立たされる。

ヒョンテも、昔のことがあり、インチョルを疑い出す。

なかなか緊張感あふれるサスペンスで、

今上り坂のチュ・ジフン、チソン、、イ・グァンスの3人の演技合戦です。

韓国映画らしい、しつこさが随所にあふれ、最後まで息が抜けません。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「あやつり人形~嬲られる女~」、韓国裏社会を描いたミステリーです

2016-01-24 09:54:21 | 韓国映画
おススメ度 ☆☆

劇場未公開 R15

日本題からすると一見韓国エロスに見まごうが、犯罪サスペンスです。

原題は、「うちの姉」。

姉からの電話で、ソウルへいくと、まさに、姉がビルから落ちて死んでいる場面。

警察は、自殺として処理。うつを病んでいたとかいう。

だが、納得いかない妹は、家政婦の元を訪れ、姉の生活実態を知る。

姉は、会社社長に囲われており、そこでは淫らな行為が。

そして徐々に、犯罪の謎が明かされていく。

オ・グァンノクが刑事役で出演。

女性たちは、あまり知られていない女優さん。

イ・ジェラクの監督長編処女作。

一応しっかりした作りになってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「クーデター」、クーデターに巻き込まれ逃げ惑うファミリー。その恐怖!

2016-01-23 16:56:45 | アメリカ映画
おススメ度 ☆☆☆

PG12。普通の家族の物語だが、襲い来る敵のため、やむを得ず人を殺すことに。

東南アジアのある都市に赴任した技術者ジャック(オーウェン・ウィルソン)一家(夫婦と幼い子供二人)。

空港につくなり、迎は来ておらず、不穏な空気。

飛行機で一緒だったハモンド(ピアース・ブロスナン)に送ってもらうが、

翌朝、町ではクーデターを起こした暴徒が、「外国人を殺せ」と息巻いている。

やがて、ホテルに暴徒が侵入、ジャック家族は、必死で逃げ惑う。

屋上に逃げるも、ヘリに攻撃され、隣のビルへ決死のダイブ。

そして、大使館を目指すがそこもすでに暴徒が。

再び、ハモンドに出会い、逃げる先を教わるが、暴徒はすぐそこに。

という、具合にファミリーが逃げ惑い、こちらはそれに付き合わされ、恐怖の連続だ。

見知らぬ国での突然の紛争に巻き込まれる恐怖。

まず言葉がわからないのが一番つらい。

このクーデターの動機も語られるが、ありえない話ではない。

ただ、話を面白くするため、強引な設定が見られ、それが映画を薄っぺらくしている。


映画は、タイで撮影されているが、カンボジアでの出来事みたい。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加