a vacant mind

虚無と音楽

死の考え方

2011-11-30 | Diary
ずっとそれは傍にいます
明日何が起きても不思議ではないけど
それは明日考えます
明日起きたときに考えます
10年後とか考えていたんですよ
いまがなくては未来へはつながりません
未来など考えたくなかった子どもでした
それでも死は怖いそうまだ生きることに未練があったから
なにもしていないそれは大きかったかもしれない
でなにかしたのかと言われれば大したことはしていない
死を大袈裟なこととして捉えなくなった
死は等しく訪れるもの
生きものです死なないはずがない

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

patrick watson

2011-11-30 | 音楽等
久しぶりに新しいアーティストのCDを買いました
くるりのラジオを聴いて買ってしまった



Big Bird In A Small Cage
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

集う

2011-11-29 | Diary
人が集う
いつも独りがいい
そんな子供でした
人がいるとなにをしていいかわからない
遊びましょうが遊びじゃなかったな
なにやったってよかったんだな
やりたいことやっていて楽しかったらそれでいい
でもできなかった遊びって何?
勉強って何?生きるって何?
当たり前であることを真剣に聞くと怒られた
人は当たり前であることを聞かれると戸惑うようだ
考えなくてもわかったつもりではいるから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011-11-29 | Diary
そんな本があったような
処分してしまったかも
無というものを自身に置き換える
何にも無いと思うことにしてます
あるんだけど所有することに重きを置かない
そういったものをすべて処分できる人はいますね
全部ゼロにリセットする
初心にかえれではないですが切り替えが必要なのでしょう
私もそろそろリセットしないと
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高く

2011-11-28 | Diary
意識とおく
内在する意志
ズレをとらえる
焦点がぼやける
わたしたちはひとつの意識
バラバラだけどひとつ
やさしい気持ちを思いだせるかな?
ひとつになる瞬間がわからない
僕に欠けていることだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加