a vacant mind

虚無と音楽

掠れた存在

2006-10-31 | Diary
今の自分を客観的に見た時、掠れた存在ではある。
そこにいなくても別にいい存在、気付かれないことも少なくない。
存在を掻き消してきた習慣が身に着いているようだ。
生きていなくてもいいと自問自答することに意味なんかありはしない。
根底に諦念が強すぎるようだ、変わりゆく微細な振幅に身を委ねている。
やらなければならないことが浮かび上がってきている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WHITE NOISE

2006-10-31 | 音楽等
何がどうして買ったのかホワイトノイズとSILVER APPLESを買っていた。
こんなバンド知りません、手許にあることがとても不思議でなりません。
名盤ではあるのだけど音はビートルズではない、変なバンドそのものである。
そしてCDを売ろうとする時に、どうしてだか参考資料として売れないのです、買ったのはいつ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友だちは犬だけ part2

2006-10-31 | 音楽等
きのうCDが届きました、中山双葉の友だちは犬だけ
ジャケットはとてもシンプルです、音楽もシンプルです。
軽やかな「ここにいる意味はない」は重苦しくなるような詞ではあるのですが、そう聞こえないのは中山双葉の個性なのでしょう。
全体として自然体のアルバムに仕上がっています、いつも迷って迷い過ぎて何が何だかわからなくなって、心の中で吠えてみます。誰にも聞こえないから誰にもわかりません。行き場のない思いがアルバムに溢れています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生きて欲しいと言われて

2006-10-30 | Diary
生きていてもいいのか?
死んでるみたいだけど
悲しみが乾いたような感じです
何にも与えることなどできません
必要のないものなんてないと言われても
本当にそうだと言えますか?
生きることに懸命な人の横で
そうでない人間に対して
腹立たしくならないわけがない
いのちを粗末にしてはいけない
いけないが、抜け殻のようになることはある
体と心がバラバラでまるで自分の体じゃない
ふわふわとして飛んでいってしまえるのです
疲れたとそれが最期の言葉になる
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

守るべきもの

2006-10-29 | Diary
守るべきもを守れない
心うつくしきものを守れない
華美なうつくしさなど興味はない
強くならなくてはならないにしても
強すぎてはやわらかな心ではいられない
純粋無垢でとても壊れやすいもの
そういうものを支えていきたいと願う
生き抜く為にそういられないにしても
それがそれでいられる、そのときまでは
見守っていかなければならないと思う
やわらかな風が吹き抜けていく
ほんの一瞬を守れたら幸せである
コメント
この記事をはてなブックマークに追加