a vacant mind

虚無と音楽

3年目

2009-02-28 | Diary
カツカツの生活が早3年目に突入しようとしている
社会人として生きることよりも
ただ生きようとして生きることを覚悟した
それは当たり前のことであって何故自覚がいるのか
そう思う人もいるだろうけれどそれがとても大事だった
言葉だけで理解したつもりではいても何もわかっていない
生かされていることについて考えることよりも
生きるか死ぬかの選択を異様なまでに要求される
そんなの無理だから生きられるところの微妙なところで存在する
マニュアルなんてあるわけがないとてもいい加減なことをしている
そうするしかないと思い込んでもいるから何があっても後悔はできない
安定を求める基準が生活の安定にあるとしても
精神的な安定なくしてはバラバラになってしまうと感じた
これもある意味選択ではあるのでしょうが正しいとか間違っているとかではない
自分を殺してしまいそうだった
何もかもが無意味に感じることが堪え切れなくなっていた
カウンセラーを受けるべき先生も見当たらない
答えは外にはなさそうだ内に求めるとしても心もとない
ここにしかないものがなんであるのか見えてくれたらいいのだが
見てみたいとは思っている
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

carpenters~guru guru

2009-02-28 | 音楽等
カペンターズを聴いてグルグル聴いた
グルグルのUFOは半分くらい聴いて眠気がきた
ふと聴いたこともないAnne Briggsのジャケットが目に入った
聴いたことはないがジャケットは何だかシンプルだなと・・・
Anne Briggsは試聴していないのでどういったのかはわからないが
トラディショナル・フォークということで何となく想像はつく
ただ声は聴かなければわからない
全然つながらないのだけど僕の中ではつながっているのでしょう
ノイズもまだ一通りも聴いていないし
自身の中で混沌としているものを少しだけ消化できたのかもしれません

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

kill

2009-02-28 | Diary
お前なんか死んでしまえ
死にたければ死ねばいいんだ
日本が嫌なら外国にでも行けばいい
勝手にすればいいお前のことなんかどうでもいいんだから
現状否定に悪意をもって助言する奴
どんなに地位や名誉がある人かしれませんが
人としてはたかだかしれています
言葉が死んでいるのですよ言葉が生きていない
理論武装は底の浅さは晒すだけのこと
頭がいい人ですねだからと言って尊敬はしません
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宗教観と現実

2009-02-27 | Diary
どう社会を見るのか
日本という国で宗教は奇妙な結びつきを持っている
得するとか損するとかその辺がかかわってくる
人は迷うものだし神仏にすがりつきたくなることもある
運を天に任せるしかないときだってある
ただあまり都合のいい解釈をもって伝道していると嘘っぽく感じる
人がいなければどんな宗教も終わりを迎えてしまう
保身にばかりの宗教は本来何を伝えるべきかということよりも
人を導くものではなくなってしまったようだ
迷いがあるからこそ強くもなるだろうに
強いということと過剰な力を求めることは違うことなのだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

占い?

2009-02-26 | Diary
知り合いの人に占い&バーをしている人がいる
出会ったのがガン告知をされる前だから
もう5年以上も前のことかな
もともと占いは自分の都合のいいことしか信じません
そうでなくてもマイナス思考なのに・・・
さまざまな武勇伝を聞かせてもらいました
でもあまりに違う価値観にある意味戸惑うばかり
胡散臭さを感じさせる風貌でも悪い人ではないかといって良い人でもない
別に占い当たらなくてもいい次へ進めるきっかけになればいいのです
ただやたらに無理をしているようで痛々しさは感じた
その人が一番病気やさまざまなことに悩んでいたころだったから
ときに逆の立場になるというかただ言葉を聞いていた
テレビの取材なんかも来ているようですが
もう3年近くは会っていませんね
連絡もとっていないので疎遠になってしまいました
お金の計算には機転が利くのか利かないのか
何かうんざりしてしまったのです
まあそれも勉強にはなりましたが次に進めるほどのことはありませんでした
お金の計算はとても大事ですが贅沢をしたいためのお金については別に聞きたくもありません

大阪のFuture Daysなら行ってみたいな

コメント
この記事をはてなブックマークに追加