a vacant mind

虚無と音楽

非常階段

2005-10-31 | 音楽等
いまの精神状態で聞くものではないけど、少しは楽にはなる。日本のノイズバンド、とても有名だけど知る人ぞ知るバンド、ヘッドホンで聞くのがいいかもしれない。大音量で鳴らしていたら必ず苦情がでるはずだから、誰にも迷惑がかからないようにノイズを堪能する。
何がいいのかよくわからない、わからないのがまた面白いし、アルバム半分くらい聞いたら頭が痛くなる。ノイズのアルバムは1回聞いたら、当分聞かなくていい。毎日聞こうとは思わない、たまに聞くと眠くなる。ノイズは本当は自然なものなのかもしれない。そんなところがいい。
非常階段、JOJO広重さんのソロ【みんな死んでしまえばいいのに】を引っぱりだして、1曲目の「生きている価値なし」をリピートさせながら聞いていたら眠ってしまった。生きている価値なしと叫び続けている、やっぱりうるさい。生きている価値なしと呟こうが、生きている価値なしと叫ぼうが鬱陶しさに変わりはない。
生きている価値がなかろうが、それがどうしたと言うんだ。そんなもんだとは言ってはいないが、そんなもんだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自信

2005-10-31 | Diary
自信を完全に失っています、その自信なさから言い訳をしながら生きてきたということかもしれません。言い訳はいくらでもつくれるし、湧いてくる。それを見つけるためだけに必死になっていたこともあった。でもとても疲れてしまう、やがて虚しくもなる。
逃げていたのです、逃げなくてはいけなかったのです。おかしくなりたくはなかった、立ち向かう勇気を持つもっと前の段階で自分をなくしていったのです。
自分を掻き消すことによって、ここに存在することを否定したかったのです。
限りある未来を自身で設定してしまった、すでにそのタイムリミットはとうに過ぎているのです。
そしてこうして未だにここにいる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

辛うじて更新

2005-10-30 | Diary
どうにかパソコンが起動した、ハードディスク交換は当分無理だし困ったものだ。
ジョニ・ミッチェルの逃避行を聞きながら、本当に何処かへ行ってしまいたい気分になる。
愛と音楽を捜し求める人、青い空を飛ぶ黒いカラスのように
僕には程遠い世界、青い空を飛ぶ蜻蛉のように、いまにも消え入りそうになりながら呼吸をしている。愛しているとも言えず、愛しているのかさえわからない。音楽だけが響いてくる明日がみえなくなっている、それでも音楽だけは聞いている、そうしていないと暴走してしまいそうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン動作不良

2005-10-29 | Diary
またいつ壊れてもおかしくない状態、ハードディスクに不具合が生じた、バイクはパンクするわ、車に轢かれそうになるわ、ろくなことがない。
金欠だからつぎ壊れたら、ネットは強制的に見ることができなくなる。
ついていないときは次から次にトラブルが続く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

追憶

2005-10-27 | Diary
笑みがこぼれた、やさしさが内側から滲んでくる。空を見上げながら深呼吸をする、鳥が大空を羽搏いていく。太陽はとても眩しくて、海はとても穏やか、遠くで子供たちが無邪気に遊んでいる。
風がどこからともなく吹いてくる、とても爽やかな風が吹き抜けていく。木々の揺らいでいる木陰でだれかが木に寄り掛かって昼寝をしている。
空には雲が流れている、それをただじっと目で追う、いろんな形の雲がゆっくりと流れていく。
欠伸がでるよ、眠たくなってくる陽射しもなんだか温かい、砂浜から防波堤へ歩きながら足を止める。
誰もいない防波堤で仰向けになって空を見上げる、空と雲しか見えない、いやよく見ると白い月と眩しい太陽が輝いている。潮の臭いがしてくる、打ち寄せる波の音も心地よい。海面はきらきらと眩しくて遠くで船が航行している。魚が海面を飛び跳ねていく、ゆっくりと流れていく時間が心地いい。
どこまでもひろがる空、ゆるやかなときがとても好きだった。生きづいているものを感じることを忘れないように心に刻まれていく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加