ほとほと通信

独居中年の日記です。
孤立しない、させない
生き延び合う…を合言葉に、
一日ずつ生きています。


80代の快作

2017-06-19 | 映画
今日は仕事はお休みでした。



洗濯、買い物、スポーツクラブ、料理…という標準的な休日を過ごしました。

昼食と夕食を兼ねて「鶏むね肉のジンジャーケチャップ炒め」と言う料理を作りました。

文字通り、鶏のむね肉をしょうがやケチャップを主としたソースで炒めるのですが、玉ねぎとピーマンも刻んでいっしょに。

なかなか美味しく、ごはんが進みました。



午後からは久しぶりにTSUTAYAに行って映画を借りてきました。

そのうち、クリント・イーストウッド監督の『ハドソン川の奇跡』には、とても感心しました。

2009年の1月に、乗客150人以上を乗せた旅客機かニューヨークの中心地を流れるハドソン川に着水し、全員無事に救出された…と言う実際に起きた出来事をもとにした作品です。

題材からしていくらでも「感動的」なシーンを盛り込めるだろうに、全体に抑えたトーンで語られます。

その「抑え加減」が渋く知的でカッコいい。

上映時間も1時間40分くらいと、決して長くなく、でもしっかりと余韻があり、心を満たします。

これは去年の作品ですが、イーストウッドはおととしの『アメリカン・スナイパー』に続いて、80歳を過ぎて精力的に傑作を作り続けています。

高齢になっても作品を作り続けた有名監督は他にもいますが、たいていはテンポやテーマがボケてしまって(やっぱり老いたなア…)と言う印象になるものです。

80代でこれだけ芸術性と娯楽性を兼ねた作品を作る映画監督は、過去にいなかったのでは?と思うほどです。

そして、現状の実写の日本映画には、映画好きのオジサンが観れるものはほぼ皆無だ…と、TSUTAYAの棚の前で改めて感じたことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 研修効果 | トップ | 家族食事会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。