ほとほと通信

独居中年の日記です。
孤立しない、させない
生き延び合う…を合言葉に、
一日ずつ生きています。


若く優秀な人

2014-01-31 | ほとほと日記
昨日の夜、再生細胞の分野で画期的な発見があったニュースを見ました。

その研究チームの中心になった30歳の女性は、とても魅力的でした。

高い知力と強い意志はもちろんですが、可愛らしい容姿とユーモアのセンスも備えています。育ちの良さも感じられます。

大学時代にラクロス部で一緒に活動していた女性が、「研究で一週間徹夜しても、そんなそぶりを微塵も見せなかった」と言う場面もありました。

授業が厳しい理系学部とは言え、学生が授業で一週間徹夜ということに、大学四年間ひたすら怠けていた私は改めて驚きました。

でも、人間の出来が根本から違うのですから比べても仕方ありません。

彼女のような優秀でチャーミングな若い日本人を見ると、頼もしく誇りに感じます。

ともすれば我が身が卑小に感じて消え入りたくもなりますが、そういうときはお祈りをします。

全ての人の価値は平等…と説いた方を慕う、幾十億の凡人が唱えてきたお祈りを。

すると、今日も自分が生きてよいのだ…という気持ちになれます。



神様。
今日一日が穏やかなものでありますように。
家族が皆、健康で暮らせますように。
友人たちが無事に仕事を終えますように。
お祈り致します。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徹子の部屋

2014-01-30 | ほとほと日記
今朝スマホでニュースを見ていたら、この4月から長寿テレビ番組の『徹子の部屋』が正午スタートになる…と書いてありました。

『徹子の部屋』は私が高校生の頃にはすでにあったような気がします。

まだ番組が開始して間もない頃に、長谷川一夫さんや、つかこうへいさんが出ている回を見た記憶がありますが、今となっては貴重なものだったなあと思います。

最近はめったに見ることはありませんが、司会の黒柳徹子さんがゲストとじっくり話をするスタイルは、何事も演出過剰になっている現在では貴重で、まだまだ続けて行って欲しいと思います。

『笑っていいとも』が三月で終わることと合わせると、時代の変化と自分の加齢を感じます。

こうしたニュースにも「生きることとは別れである」という格言が心に響くというのは、やはり年齢のせいでしょうか。


神様。
今日一日が穏やかなものでありますように。
家族が皆、健康で暮らせますように。
友人たちが無事に仕事を終えますように。
お祈り致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これからのこと

2014-01-29 | 独居中高年
今日から三日間仕事です。

昨日は母や姉と楽しい休日を過ごしました。

一夜明けてふと思うのは、私が歳をとったらどうなるのかなあ…ということでした。

妻子がなく、貯金が少なく資産もほとんどない私にとって、それはまともに考えるのがもっとも恐ろしい、言わばタブーです。

でも、老いは確実にやってきます。

今までの人生、色んなことから正対してきませんでした。

そして今があります。

三日間の仕事が始まる朝に考えるにはあまりに重い課題ですが、これはもう逃げられないことですから、少しでも考えて出来ることをやって行かなくては…と思いました。


神様。
今日一日が穏やかなものでありますように。
家族が皆、健康で暮らせますように。
友人たちが無事に仕事を終えますように。
お祈り致します。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

佳き一日

2014-01-28 | ほとほと日記



今日はとても佳い一日でした。

まず今日は、月に一度母と姉が私の家に来る日でした。
この来訪は二年前の春に私が事故を起こしたことから始まっています。
私の部屋があまりに整理されていないのに驚いた母と姉は、月に一度私の部屋を訪れて一緒に掃除をしてくれるようになりました。
そして、掃除の後は三人で外でお昼を食べる。
掃除や親しい人との会食がいかに心身を回復させる力をもつかを、私はこの二年で身をもって知りました。
掃除も会食も二年前までの私には縁遠いものでした。


夕方に四ッ谷に行く用事が出来たので、今日は昼食を新宿まで行って摂ることになりました。
四川料理を食べたのですが、母には少し味付けが辛すぎたようです。
それでもやはり、家族で食事を共にするのは幸せな時間でした。


食事の後二人と別れ、私は新宿東口を歩きました。
私の一家は昭和40年に父の転勤で上京したのですが、私が一人で交通機関を使って都内を出歩くようになったのは、高校に上がった昭和50年頃だと思います。
映画好きだったこともあり、名画座が多かった新宿はその頃からもっとも良く来る繁華街でした。

あれから約40年。
今日、改めて新宿をゆっくり歩いてみて、東口の目抜通りに建ち並ぶ店もずいぶんと変わったなあと思いました。
その中でずっと変わらずにあったのが、伊勢丹本店。
そして紀伊國屋書店本店です。
何だかホッとする姿でした。



夕方まではまだ余裕があったので、映画館に入って話題の『永遠の0』を観ました。
懐古的な価値観の作品かな…という懸念は少しありましたが、全くそんなことはありませんでした。
敢えて言えば太平洋戦争の特攻作戦がいかに有為な若者たちの命を散らした愚策か…ということが描かれていますが、私は戦争映画というより家族の繋がりを描いた作品と受けとりました。
やはり何ごとも自分で見聞しないで判断してはいけないと思いました。
主人公が徹底的に真面目で優しい人物なので、そういう人柄を慕う私にはよけい好ましく感じられたのかも知れません。


用件を済ませて家に帰ると、嬉しい報せが届いていました。
昨年受けた資格試験の合格通知でした。
主催法人のホームページに合格者の番号が載っているのを見ていましたので、結果は昨日から知っていたのですが、やはり通知が来ると嬉しい。
そんなに難しくはないし、あまり広く知られている資格でもありません。
でも、私の仕事には直結する資格です。
今後私が働いて行く上できっと力になるに違いないし、また、生き残るためにはそういう心意気が必要です。
改めて「ガンバろう」という気持ちになりました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引き締める

2014-01-27 | ほとほと日記
世間を震撼させていた冷凍食品農薬混入事件の容疑者が捕まった。

工場の検査ラインで働いていた49歳の契約社員だという。

容疑者には妻子もいたらしい。

もちろん、仮にどんな事情があったにせよ、彼の行った行為は全く許される余地はない。

多くの人々に深刻な被害を与える、明白な犯罪行為で、罪に見あった刑に服してもらうしかない。

ただ、社会的地位としても恐らく収入面からも恵まれない中年男性の犯罪という一点に、心に影を落とすものがあった。

人間関係や経済的余裕に恵まれない中年男性は、追い込まれやすい。

とにかく、常に心を正常に保っていないと…と。

それには、やはり孤立しないことだ。

繋がること。


今日は昨日に比べて7度以上気温が下がるという。

体調に気をつけよう。


神様。
今日一日が穏やかなものでありますように。
家族が皆、健康で暮らせますように。
友人たちが無事に仕事を終えますように。
お祈り致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加