ほとほと通信

独居中年の日記です。
孤立しない、させない
生き延び合う…を合言葉に、
一日ずつ生きています。


診療報酬改定

2014-03-31 | ほとほと日記
今日で三月は終わりです。

世間的には四月から消費税が上がることが知られていますが、診療報酬も改定されます。

これにはふだん医療のお世話になっている人にはとても大きな影響があります。

たとえば、明日からは老人ホームにお医者さんが診察に来ても、三人目の診察からは往診料が大幅に減額となります。

それでは経営が成り立たないと、往診から手を引いた医療機関も少なくありません。

それから、精神科で一度に処方出来る薬も種類によっては制限されます。

欧米に比べて日本の精神科の処方薬が多い…という理由からですが、日本人と欧米人の適応性の違いを無視した議論で、今後は微妙な調整が必要な患者が切り捨てられるだろう…と警鐘を鳴らすお医者さんもいます。

いずれも、いかに社会保障費を抑制するか…という大きな流れの中にある改定だと思います。

原資は我々の納める税金や保険料なのですから、キチンと見ていかなければならないと思います。


神様。
今日一日が穏やかなものでありますように。
家族が皆、健康で暮らせますように。
友人たちが無事に仕事を終えますように。
お祈り致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議の花

2014-03-30 | ほとほと日記
今日も仕事はおやすみでした。

私はたいてい月に一回連休があるのですが、三月は昨日と今日がその唯一の連休です。

暖かいというより暑いほどだった昨日とは打って変わって、今日は朝から雨でした。

日曜がお休みの日は自転車で教会に行ってミサに与かります。

今日も自転車で往復しました。

その道すがら、あちこちの桜の花びらが昨日に比べてあきらかに開いているのに、改めて感嘆しました。

昨日は、夕方の四時前から夜六時半くらいまで公園にシートを広げてお花見をしました。

その間にも、周囲の桜の枝ぶりが少しづつ色めいていくのが、解りました。

改めて、桜って神秘的だなア…と思ったことです。

単なる樹木というより、もっと違う力が宿っているのでは…と、どうしても感じられる。

満開時、桜の木々が何本も連なり、花びらがアーケード状に重なり合っているさまは、まさに絶景です。

ところが、その命はわずか数日で、文字通り散ってしまうのです。

遥か昔から、わが国では歌に画に芝居に桜がモチーフになってきましたが、存在じたいが劇的なのですから、むべなるかなですね。

それにしても、こんなふうに桜の姿に感心できるのも、少しは私の心に余裕ができたおかげだと思います。

悩んでいたころは周囲の景色などまったく見てませんでしたから。

ありがたいことです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぽかぽかお花見

2014-03-29 | 分かち合い
今日の東京は朝からポカポカ陽気です。

私は国立駅近くで友人たちとお花見をしに行きます。

国立市には一橋大学があり、駅から南に向かって大学通りという道路が真っ直ぐ通っています。

通りには街路樹が植えられているのですが、桜の名所としても知られています。

そこでお花見をするのですが、今日は本当に天気に恵まれました。

桜の花はまさに一期一会。

精一杯楽しんで来たいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロ野球開幕

2014-03-28 | ほとほと日記
今日は全国的に良い天気になりそうです。

寒がりな私は出勤時にずっとセーターを着ていましたが、今日はシャツと薄手のプルゾンだけで出るつもりです。

朝のニュースで、今日プロ野球が開幕…と伝えていました。

それを聞いて、本当に春が来るんだなあ…と感じました。

メジャーリーグも追って開幕しますね。

ヤンキースに入団した田中投手はどれくらい活躍するでしょうか。

朝からの明るい陽射しに、そんな気分になりました。


神様。
今日一日が穏やかなものでありますように。
家族が皆、健康で暮らせますように。
友人たちが無事に仕事を終えますように。
お祈り致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこまでかの問題

2014-03-27 | ほとほと日記
私の勤めるホームでは、このところ一日置きくらいに入退院が続いています。

寒い時期は体調を崩したり亡くなったりする方が多いので、暖かくなってきてホッとしかけていたのですが、そう簡単にはいかないようです。

また、現代は亡くなるのが難しい時代です。

例えば90代の方が食欲が無くなった場合、それは自然の営みであるように思いますが、今は「老衰」という言葉が使えません。

実子の方などは「延命しなくてけっこうです」と自分の意思で決めることができますが、遠縁や後見人だとなかなかそれが難しい。

そうなると「本人は望んでいるかなあ」というような入院も起きたりします。

自分はどこまでの処置を望むか、元気なうちにはっきりと書き残しておいたほうが良いなあ…と思います。


神様。
今日一日が穏やかなものでありますように。
家族が皆、健康で暮らせますように。
友人たちが無事に仕事を終えますように。
お祈り致します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加