ほとほと通信

独居中年の日記です。
孤立しない、させない
生き延び合う…を合言葉に、
一日ずつ生きています。


M 8・5

2015-05-31 | ほとほと日記
今日から三日間は仕事です。

昨夜、居酒屋で友人たちと食事会をやっていました。

すると、ユラユラと席が揺れだしました。

ランタン様の照明器具も揺れています。

最近は地震が多くて怖いねえ…などと話し合って見ました。

ふとスマホで地震情報を確認すると、「マグニチュード8.5」とありました。

8.5と言えば、大地震ではないですか。

余震が続くのではないかと、急に怖くなりました。

家に帰って調べると、震源がとても深いので、そこまで火急の心配はない…とのこと。

一安心しましたが、やはりいつ何が起こってもおかしくないなあ…と再認識したことです。

神様。
今日一日が穏やかなものでありますように。
家族が皆、健康で暮らせますように。
友人たちが無事に一日を終えますように。
お祈り致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

更新申請用紙

2015-05-30 | 家族
今日は仕事はお休みです。


今夜、友人たちとの食事会があります。
月に一度の定例食事会ですが、今日はいつものメンバー以外にも何名かが参加してくれます。
リラックスした楽しい会食になれば良いな…と思います。


母から封書が届きました。
父の要介護認定の更新申請用紙でした。

私は仕事でいつもやっていることなので、ほとんど考えることなく用紙に記入しました。
でもふと考えると、「これだけ送られてきたら、年寄りには何のことかもサッパリわからないだろうなア」と思いました。
父は一年ぶりの更新ですが、近頃は有効期間二年という例が多い傾向があります。
仮に二年ぶりに役所から更新用紙が届いても「これ何だっけ?」と思うだけでしょう。
介護保険サービスを受けていれば担当のケアマネさんに相談もできますが、父のように要介護1でもサービスを受けていない場合は、相談する相手もいません。
改めて「介護保険って利用しにくいなあ」と思ったことです。

更新に必要な訪問員の調査には必ず立ち会うつもりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強い気持ち

2015-05-29 | ほとほと日記
今日も仕事です。

4月から始まった新しい業務がいよいよ忙しくなって来ました。

もちろん今までの業務もありますので、仕事の密度がずっと濃くなりました。

しかも人員は削減される方向にあります。

同じような話を色んな職場で聞きますが、実際に自分がそうなってみるとキツい。

ただ、仕事は待ってくれませんので、当面は強い気持ちを持って職場に向かおうと思います。


神様。
今日一日が穏やかなものでありますように。
家族が皆、健康で暮らせますように。
友人たちが無事に一日を終えますように。
お祈り致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日の朝に

2015-05-28 | ほとほと日記
今日と明日は仕事です。

今朝は早朝覚醒に悩みました。

3時過ぎには目が覚め、それから朝まで色々と考えて眠れなくなりました。

このところ心配事を先取りする悪い癖が出ています。

今日は今日でしかないのに、ずっと先の事まで案じて苦しくなっている。

心の整理をしなければ。

職場は皆、カリカリしているけれど、個別の人間関係は悪くない。

先週の血液検査の結果はむしろ改善されており、右足の腫れもなくなった。

両親とも健康である。

そう考えると、悪い状態ではないのです。

少なくとも、三年前、四年前を思えば、今はずっと恵まれています。

あとは、考え方の問題。

今日出来ることをやること。

深呼吸。

今朝、56歳になりました。


神様。
今日一日が穏やかなものでありますように。
家族が皆、健康で暮らせますように。
友人たちが無事に一日を終えますように。
お祈り致します。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プレ誕生日

2015-05-27 | ほとほと日記
今日は仕事はお休みでした。


母と姉と、月に一度のランチをする日でした。
明日が私の誕生日ということもあり、祝ってもらいました。
56歳になります。
もちろん、嬉しいという気持ちはなく、「まあ、仕方がないか」という諦めの気持ちが強い。
明日は仕事ですが、職場で「誕生日です」と言うつもりはありません。
やはり、何とも恥ずかしい気持ちがあるからです。


夜、NHKの『クローズアップ現代』で、川崎市の簡易宿泊所火災が取り上げられていました。
10人が亡くなりましたが、ほとんどが生活保護を受けている独り暮らしの高齢者でした。
もともと日雇い労働者を臨時宿泊所だった簡易宿泊所は、今や身寄りのない高齢者の施設化している…と伝えていました。
独り暮らしで身寄りなく、家を持たない低収入の高齢者たち。
正に「明日は我が身」という人々で、つらいのに金縛りにあったように最後まで観てしまいました。


このところ抑うつ感が強くなっているのは、4月からの介護保険法改定の影響が出始めているからです。
介護報酬の引き下げを受け、コスト削減のため全社的にスタッフを減らし始めています。
人員配置が少なくなれば、当然サービスは低下します。
今までにないようなクレームが出てきて、私は謝ってばかりいます。
でも、私は「うそ」を言っているのです。
この先、改善できるあてはありません。
なぜなら、今後「人減らし」がいっそう進んでいくのは明確だからです。


家で一人でお留守番をしている父は、寂しくなるのか何回も電話をくれました。
姉と母と食事をしている最中に。
二人が帰って、私が歯医者で治療を受けているときに。
そして、夕方近くになっても。
「…あのな、母さん帰ってきたぞ」
父は、兄にもしばしば電話を掛けるそうです。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加