ほとほと通信

独居中年の日記です。
孤立しない、させない
生き延び合う…を合言葉に、
一日ずつ生きています。


変えられない

2017-04-20 | 独居中高年
今日は仕事はお休みでした。



洗濯、買い物、スポーツクラブ、料理…と言ういつもの休日コースの後、散髪に行きました。
料理は「鶏のむね肉と夏野菜の甘酢炒め」というメニューを作りました。
鶏むね肉とナス、玉ねぎ、ピーマンを炒めるのですが、ソースに酒、醤油、酢、砂糖、ケチャップ、中華料理の素と片栗粉を使います。
むね肉も酒に浸した後、片栗粉で揉んでおきます。
ごはんが進むしお酒に合うし、なかなか満足しました。


昼ごはんを食べた後、テレビを見ていると、トーク番組に俳優の石丸幹二さんが出演していました。
元劇団四季の看板俳優で、最近では『半沢直樹』他のテレビドラマや司会でも知られる方です。
彼は今、51歳ですが、独身だとか。
そして、今後、結婚される気持ちは?というぶしつけな質問に「ないですね」と即答されていました。
理由は「長く独りで生きて自分の生活スタイルが確立されているので、今さら誰かと一緒に住んでそれを変える自信がない」と答えられていました。
彼のようなイケメンの成功者がそう答えると(そうなんだろうなア)と素直に受け取る人が多いのではないでしょうか。

私が同じ答えをしても「負け惜しみ」と思われそうなので、そういうことは言いません。
でも実際、長く独りで生きていると、「変えようがない」と感じる生活様式が出来てしまいます。
例えば、夜眠るとき、私は部屋の電気を真っ暗にし、耳栓をします。
電気を消す10分くらい前に、睡眠導入剤を半錠齧ります。
それ以外のスタイルでは眠れる自信がありません。
まあ、現実には電気を点けたまま眠りに落ちることもしばしばですが、「眠ってしまう」ことと「意識して眠る」ことは全く別の問題です。

こんなことを言うと「偏屈な独身中年」と思われるのもいやなので、黙っていますが。
でも、石丸幹二さんの答えに、ほのかに嬉しくなった午後でした。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共感の力 | トップ | この先 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。